大紀元時報

新型肺炎のワクチン開発へ、米など3研究チームが作業開始

2020年01月24日 10時50分
感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)は23日、3つの異なる研究チームが新型コロナウイルスのワクチン開発に向けた作業を開始したと発表した。写真は新型コロナウイルスの検査をする病院職員。ベルリンで21日撮影(2020年 ロイター/AXEL SCHMIDT)
感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)は23日、3つの異なる研究チームが新型コロナウイルスのワクチン開発に向けた作業を開始したと発表した。写真は新型コロナウイルスの検査をする病院職員。ベルリンで21日撮影(2020年 ロイター/AXEL SCHMIDT)

[ロンドン 23日 ロイター] - 感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)は23日、3つの異なる研究チームが新型コロナウイルスのワクチン開発に向けた作業を開始したと発表した。

このうち少なくとも1種類のワクチンの臨床試験を6月までに開始する計画とした。

研究チームは、米医薬品・ワクチン開発のモデルナ<MRNA.O>と米国立アレルギー感染症研究所の連携のほか、製薬イノビオ・ファーマ<INO.O>、豪クィーンズランド大学のチームという。

中国当局によると、22日時点で新型コロナウイルスによる肺炎の発症者は571人に達し、死者は17人になった。

^