大紀元時報

直ちに緊急事態宣言出す状況でない、専門家と一致=西村再生相

2020年07月13日 19時37分
7月13日、西村康稔経済再生担当相は、直ちに緊急事態宣言を出すような状況ではないという認識で、専門家と一致したと述べた。写真は10日、都内で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)
7月13日、西村康稔経済再生担当相は、直ちに緊急事態宣言を出すような状況ではないという認識で、専門家と一致したと述べた。写真は10日、都内で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 13日 ロイター] - 西村康稔経済再生担当相は13日夕方の記者会見で、直ちに緊急事態宣言を出すような状況ではないという認識で、専門家と一致したと述べた。

一方、東京都を中心に新型コロナウイルスの感染者が増加傾向にあることを受け、「一喜一憂することなく、感染者が一定数いるので危機感持って対応する」と強調。

新規感染者の増加は、バー・クラブなど接待を伴う飲食店での検査を重点的に強化したことが影響しているとし、「現時点では、緊急事態宣言を発出したときのように、幅広い業種に休業要請を行うことは考えていない」との見方を示した。

 

西村再生相は「近々、分科会を開いて感染状況を専門家に分析いただく予定だ」と述べた。

 

(浜田寛子)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^