大紀元時報

コロナ禍、在日台湾女性実業家の声「中国共産党の危害を認識」、法輪功学習者を支持

2020年09月09日 18時17分
台湾出身の天厨菜館グループ代表・川村玉枝さん(本人が提供)
台湾出身の天厨菜館グループ代表・川村玉枝さん(本人が提供)

台湾の元女優秦之敏さんは19歳のとき、来日し、日本人男性と結婚した。その後、実業家に転身し、不動産業やハンドバッグブランド「TAMMY」などを手掛ける。

今年のコロナ禍で生活が一変した秦之敏さんはこのほど、大紀元の取材を受け、その心境を語った。以下はその主な内容である。

ーーーーーー

新型コロナウイルスの感染が拡大してから、主人が経営している十数店舗の飲食店は毎月数千万円の損失を被っています。私も、中国本土にある不動産事業をやめました。事業経営よりも、命と健康がさらに大事なのです。ビジネスはもちろん重要ですが、生きていれば、経済はいつか必ず復興できます。これはあまり心配しなくても良いことです。元来事業経営というのは、山あり谷ありですから。肝心なのは、私たちは教訓から何かを学び、成長しなければならないことです。

今回の禍で、私は目覚めました。中国共産党の邪悪さをより認識できました。そして、法輪功学習者に対して申し訳ないと言いたいです。今、中国共産党の迫害を受けているのは、法輪功学習者だけではないです。全世界の人々がその被害者となっています。

中国共産党が感染の実態を隠ぺいしたことで、ウイルスが全世界に拡散されて、80万以上の人の命を奪いました。世界は恐ろしい戦争を経験したように見えます。心が痛みますが、でもこれほどの痛い代償を支払わなければ、中国共産党の邪悪さを暴くことはできなかったと思います。私たちは今やっと、世界各国のメディアの7割が中国共産党に買収されているという事実を知りました。多くの政府の要人も中国共産党の賄賂を受け取ったことも分かったのです。私たち市民や経営者全員が騙されています。真実を知ることができなかったです。

世界の主流メディアはみな、金銭利益のために嘘の報道を行っています。政府高官も、中国共産党にノーと突きつける勇気を持っていません。中国共産党にこれほど依存していることは、本当に恐ろしく感じています。人類には道徳観がなければ、信仰を持っていなければ、人類は滅亡するしかない!

真実の報道を行っている大紀元時報に感謝しています。今の時世では、中国共産党の金銭的な利益の誘惑に折れないメディアはほとんどないです。大紀元は本当に貴重なメディアです。私たちに真実を伝えて、目覚めさせてくれました。このため、自分のビジネスで速く決断ができました。私たちは、法輪功学習者に申し訳ないと言うべきだと思います。

私たちは、中国経済の表面的な繁栄しか見ていなかったです。私も以前から、中国本土に投資して、不動産ビジネスを展開していました。
台北のシンボル「台北101」の近くで、チラシを配る法輪功学習者の姿を目にしました。彼たちは、本土にいる学習者が中国共産党に残酷に迫害されていると話してくれました。

私は台湾で生まれ育ち、その後、日本に嫁ぎました。自由で民主主義の国でずっと生きてきた私は、これまで中国共産党の残酷さと邪悪さを考えたことも、知ることもなかったです。法輪功学習者の迫害実態を最初に聞いたとき、受け入れられなかったです。これは、私たちの生活と遠くかけ離れて、正常な人の理解力を越えたことだと思いました。当時、私は、今の時代にこのような恐ろしいことが起きているなんて信じられませんでした。私のような人はたぶん多くいるのではないでしょうか。

去年、香港の人々が自由と民主を守るために、中国共産党と抗争して、鎮圧されました。一部の市民が亡くなりました。これを見て、はじめて中国共産党の残酷さに気付き始めました。世界中に注目されながらも、中国共産党は何も憚らずに香港の市民を鎮圧しました。これをきっかけに、私ははじめて法輪功学習者の迫害を信じるようになりました。

法輪功学習者が受けている迫害に対して、私たちは中国共産党を非難しませんでした。新型コロナウイルスが未だに収束していない今、私たちは同じ迫害を受けていると言えます。だから、私は、以前、人道的な支持を行わなかったことで法輪功学習者に謝りたいです。

台湾の人々も香港市民の抗争を見て目覚めて、中国共産党を拒みました。台湾政府が感染拡大防止に成功したことをうれしく思っています。

今、一番心配しているのは、中国共産党の宣伝や中国共産党に買収された主流メディアの報道を信じ込んでいる親族や友人たちです。中国共産党に騙されないように、SNS上で友人たちに大紀元時報の報道をシェアしています。しかし、友人や親族の中には、主流メディアの報道を信じて、私の注意に耳を貸さない人もいます。これを通じて、迫害実態を伝え続ける法輪功学習者の大変さをさらに理解できるようになりました。平和に迫害事実を伝えている法輪功学習者の勇気と強い意志に敬服しています。

全世界のメディアと政府に対して、新型コロナウイルスの大流行という教訓から学び、アメリカのトランプ大統領のように、勇気を持って、良知で邪悪な中国共産党に抵抗するように望んでいます。

将来、中国本土を含む私たちのこの人類社会が、再び中国共産党の脅威を受けることがなく、自由で平和に暮らせますように希望します。

(記者・顧暁華/劉如、翻訳編集・張哲)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^