大紀元時報

インスタフォロワー数6万人! 口ひげにタキシード、超紳士な子猫が話題をさらう

2020年09月12日 22時46分
(Courtesy of O’gringo Official)
(Courtesy of O’gringo Official)

日々のストレスから解放されるために、可愛い動物の写真や動画に癒しを求める。そんな人も少なくないのではないでしょうか。フランス在住のロマンさんとサブリンさんの飼い猫、グリンゴも、その愛らしい「口ひげ」姿でたくさんの人に癒しを与えています。

ブリティッシュショートヘアのグリンゴは、顔と背中はキャラメル色の毛、ひげ袋と胴体前面は真っ白な毛で覆われています。その毛色から白い口ひげを生やしてタキシードを着た老紳士のように見えますが、実はまだ2歳の子猫です。

(Courtesy of O’gringo Official)

ロマンさんとサブリンさんがグリンゴと出会ったのは2018年9月、グリンゴがまだ生後1カ月の時でした。「少しシャイだったけどとてもフレンドリーだったわ」とサブリンさんは当時を振り返ります。2人は家族の一員となったグリンゴのインスタアカウントを開設、日々のいたずら写真を紹介することにしました。するとグリンゴの口ひげ姿はたくさんの人の心をわしづかみにし、今では世界中に6万人のフォロワーを誇るまでになりました。

実はロマンさんとサブリンさん、ミルコという白猫も飼っています。ミルコはなかなか引き取り手が見つからず施設にいたところ、サブリンさんが一目惚れし、2016年に家族として迎え入れたオス猫です。ミルコも自分のインスタアカウントを持っています。ミルコとグリンゴはすぐに仲良し兄弟になりました。
 

(Courtesy of O’gringo Official)

見た目は紳士なグリンゴですが、まだまだヤンチャ盛り。「昼も夜も遊び続けてるの。起きるとカーテンによじ登ったりソファーを引っかいたり鉢植えに飛び込んだり、いたずらばっかり」とサブリンさんは話しています。

そんなグリンゴには「後ろ足で立つ」という面白い習性があリ、それもファンを惹きつける理由の1つになっています。「ミーアキャットみたいなの。数分間そのままの姿勢でいられるんだから。笑っちゃうわよ」とサブリンさん。グリンゴはこの格好で餌をねだってくるそうです。
 

(Courtesy of O’gringo Official)

グリンゴには食いしん坊のところもあって、2人が食事をしているとお皿の匂いを嗅ぎにきたり、台所のスポンジを盗んで噛んだりするそうです。なのでスポンジは使う度に隠さないといけません。こんなエピソードからも、グリンゴが元気でハッピーで愛されるキャラクターの持ち主であることがわかります。

(Courtesy of O’gringo Official)

そんなグリンゴのインスタアカウントがハッキング被害にあってしまい、2019年3月に新たなアカウントを開設せざるを得ませんでした。フォロワー数ゼロからの再出発でしたが、1年と経たないうちに6万人を達成、グリンゴの人気はとどまるところを知りません。

風格あるたたずまいといたずら好きな性格のギャップが愛くるしいグリンゴ。癒されたい方はぜひ、グリンゴのインスタを覗いてみてください。

(大紀元日本ウェブ編集部)
 

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^