大紀元時報

中国はチェコへ「渡航警告」で報復 効果は限定的

2020年09月15日 23時42分
台湾の蔡英文総統(右から2番目)と賴清德副総統(右から1番目)は、台湾総統府で故クベラ前任議長へ授与する勲章を、チェコのビストルチル上院議長(左から2番目)に渡した。
台湾の蔡英文総統(右から2番目)と賴清德副総統(右から1番目)は、台湾総統府で故クベラ前任議長へ授与する勲章を、チェコのビストルチル上院議長(左から2番目)に渡した。

中国はチェコのビストルチル上院議長率いるビジネスリーダーを含む約100人の代表団が訪台したことについて、経済報復を行なっている。同代表団に参加したチェコ企業の中国市場への参入が禁止され、またチェコの老舗ピアノメーカー「ペトロフ」の受注も取り消された。中国側は再び「渡航警告」措置で観光抑制を試みるが、中国国内では海外旅行が実質「中止」されているため、チェコ経済に対する効果はかなり限定的とみられる。

中国文化観光部のウェブサイトは11日に、中国国民にしばらく「疫病が再拡大した」チェコへの旅行を慎むよう求めた「旅行安全通知」を発表した。

中国当局は、チェコ代表団の訪台への報復措置として、チェコに対しても「渡航警告」を出した。しかし現在のこのウィルスのパンデミック時期においては、中国国内で人の移動が抑制されており、現実的な効果はないとみられる。

中国商務部が最近発表した報告書によると、今回の疫病大流行は中国のサービス貿易にも大きな打撃を与えており、各国は国際線の運休や人員出入りの制限など、様々な人員管理措置を行っている。中国人による海外旅行はほぼ「中止」状態になっているという。

今年の初めに武漢で中共ウイルスが発生して以来、チェコを含む27のEU加盟国が入国制限措置を採用している。ロイター通信によると、EU​​は6月30日、日本を含むEU以外の14カ国からの観光客の入国を承認したが、中国はEUと相互開放協定を締結していないため、このリストに含まれていない。

チェコ議長訪台、中国の報復は「無力」

ビストルチル上院議長らチェコ代表団が8月30日に台湾に到着し、当時ドイツを訪問中の中国の王毅外相は、同議長の訪台に反発して「重い代価を支払わせる」と報復を示唆した。この発言はすぐに欧米各国からの非難と強い反発を呼び起こした。EU議長国を務めるドイツのマース外相は、「脅しは不適切だ」と中国を批判し、チェコを支持する立場を表明した。

中国の党機関紙チャイナ・デイリーは、台湾を訪問したビストルチル上院議長らチェコ代表団のすべてのメンバーおよびチェコ企業は、今後中国市場への参入を許可しないと報じた。

チェコ台湾商会の会長を務めるパベル・ディビシュ(Pavel Diviš)氏は、中国当局の報復は予想していたが、それがあまりにも「幼稚」で「明快」だということには驚いたと嘆いた。

その後、北京は約2500万円相当のチェコの老舗ピアノメーカー「ペトロフ」社への発注を取り消した。しかし、同発注はすぐにチェコの億万長者カレル・コマレック(Karel Komárek)氏によって引き継がれ、同氏は「チェコは自由な国だ、私はこれを重視している」と強調した。

チェコ籍の欧州連合執行委員会の副議長ヴェラ・ヨウロバー (Věra JOUROVÁ)氏は、チェコの国営テレビ局チェコ・テレビのインタビューで、「ビストルチル上院議長の台湾訪問は故クベラ前任議長の願いを叶えるためであり、私は彼が脅迫に屈しないことを知っていた。彼はチェコ人を勇敢に立ち上がらせた」と述べた。

スロバキア籍の欧州議会議員レクマン氏は8月31日、世界中の70人近くの政治家が最近、「台湾との関係発展はすべての国の主権的権利であり、中国の同意は必要はない」とする共同声明に署名したことを明らかにした。同氏はまた「中国の脅しは容認できない。そしてそれは逆効果だ」と強調した。

(大紀元日本語ウェブ)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^