大紀元時報

米、トルコで米国人標的の攻撃情報察知 査証業務一時停止

2020年10月24日 12時12分
在トルコ米大使館は23日、イスタンブールなどで米国人らを標的としたテロリスト攻撃と誘拐事件が発生する恐れがあるとの信頼の置ける情報が得られたため、トルコ国内における全てのビザ(査証)業務を一時的に停止したと発表した。写真はトルコの国旗。2018年8月撮影(2020年 ロイター/Brian Snyder)
在トルコ米大使館は23日、イスタンブールなどで米国人らを標的としたテロリスト攻撃と誘拐事件が発生する恐れがあるとの信頼の置ける情報が得られたため、トルコ国内における全てのビザ(査証)業務を一時的に停止したと発表した。写真はトルコの国旗。2018年8月撮影(2020年 ロイター/Brian Snyder)

[アンカラ 23日 ロイター] - 在トルコ米大使館は23日、イスタンブールなどで米国人らを標的としたテロリスト攻撃と誘拐事件が発生する恐れがあるとの信頼の置ける情報が得られたため、トルコ国内における全てのビザ(査証)業務を一時的に停止したと発表した。

大使館は、米国領事館も攻撃の標的になる恐れがあるとしている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^