大紀元時報

ジュリアーニ氏、ジョージア州で大規模訴訟へ 「再集計は無意味」

2020年11月20日 17時16分
2020年11月19日、ワシントンの共和党全国委員会本部での記者会見で、トランプ陣営の弁護士シドニー・パウエル氏が見守る中、記者に話すルディ・ジュリアーニ氏 (Charlotte Cuthbertson/The Epoch Times)
2020年11月19日、ワシントンの共和党全国委員会本部での記者会見で、トランプ陣営の弁護士シドニー・パウエル氏が見守る中、記者に話すルディ・ジュリアーニ氏 (Charlotte Cuthbertson/The Epoch Times)

トランプ氏の弁護士、ルディ・ジュリアーニ氏によると、トランプ陣営は11月20日にもジョージア州で訴訟を起こす。

元ニューヨーク市長の​ジュリアーニ氏は11月19日の記者会見で、「ジョージア州で大規模な訴訟を起こすところだ」と述べた。

​訴訟には、選挙詐欺や他の申し立てが含まれている。

​「アトランタ市では、共和党の監視員は不在者郵便投票の開票プロセスを見ることを許されなかった」とジュリアーニ氏は話した。「監視は完全に拒否された。2回投票した人や州外の投票者が多数いる。そして、私たちは脅迫と票の変更に関する詳細な証拠を持っている。これら全ては明日の訴訟の中に含まれている」

​ジュリアーニ氏は、他の激戦州の訴訟で提出された宣誓供述書にも触れ、中央統括された選挙詐欺がトランプ氏から主要州を奪ったと主張した。

​ジュリアーニ氏によると、トランプ陣営はアリゾナ州でも訴訟を起こすことを検討しており、バージニア州とニューメキシコ州にも目を向けているという。

​ジョージア州のブラッド・ラフェンスパーガー州務長官(共和党)の決定で、ジョージア州の選挙スタッフたちは何日もかけて再集計を行った。最初の集計で数え漏れた票が4つ​の郡で報告され、民主党の大統領候補、ジョー・バイデン氏のリードが1400票ほど縮まった。

2020年11月11日、ジョージア州アトランタの記者会見で話す、ジョージア州のブラッド・ラフェンスパーガー州務長官 (Brynn Anderson/AP Photo)

しかし、トランプ陣営からの要請にもかかわらず、ジョージア州の再集計では投票用紙の署名の確認が行われていない。​​トランプ氏は14日のツイートで、「ジョージア州の手作業での再集計は時間の無駄だ。署名の照合が行われていない。署名の照合を行うまで、再集計を行うな。急進左翼の民主党に選挙を盗ませるな!」と投稿した。

ジュリアーニ氏は、集計スタッフが投票用紙を正しく確かめていないため、再集計はあまり意味がないと述べた。「今日のジョージア州の再集計結果が何であれ、完全にばかげている。彼らは同じ不正な票をもう一度数えている」と同氏は話した。

​トランプ陣営の弁護士、シドニー・パウエル氏は記者に対して、リン・ウッド弁護士がジョージア州で起こした訴訟には、告発者からの「驚くほど詳細な宣誓供述書」が含まれていると話した。この告発者は、ベネズエラの官僚が同国で選挙を操作するために、集計ソフトを担当するスマートマティック(Smartmatic)社と共謀するのを目撃したという。​告発者によると、ドミニオン社の投票機に使われているソフトウェアには、スマートマティック社のシステムが多く組み込まれている。

トランプ氏の弁護団はジョージア州知事・州務長官(いずれも共和党員)がドミニオン社から賄賂を受け取ったとして、提訴した。同州は同社システムを導入するため、同社と1億600万ドル(約110億円)の契約を結んだ。

​ドミニオン社は不正行為を否定した。

​ウッド弁護士はジョージア州の選挙結果の認証を遅らせようとしている

(大紀元日本ウェブ編集部)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^