大紀元時報

【紀元曙光】2020年11月21日

2020年11月21日 17時41分

「ブルータス、お前もか」は、シェイクスピア劇の台詞。
▼「産経さん、おたくもですか」と言いたくはないが、最初の2行を読んで落胆した。11月20日、産経ニュース掲載の【エンタメよもやま話】中国が仕掛けるメディア戦争、アフリカで進む放送局支配。筆者は88年入社の岡田敏一氏。最初の2行とは、「米大統領選でジョー・バイデン前副大統領(民主党)が当選を確実にしました」である。
▼「まだ決まっていないでしょ」と大紀元は散々言っているのだが、産経の方々には、聞いてくれるお耳がないらしい。その2行の後には、中国の国営中央テレビ(CCTV)がアフリカの発展途上国へ浸透していく様子、例えば、ルワンダやガーナの農村にテレビが無料視聴できるサービスを提供するなど、中共のプロパガンダ戦略の詳細がレポートされていてなかなか興味深い。いい内容の記事だと思うが、冒頭の2行で一発アウトなのだ。
▼もちろんベテラン記者である岡田氏は「CCTVといえば、中国における主要なプロパガンダ機関の代表格です」と、そこは百も承知で書いている。ならば、バイデン氏を当選確実の「次期大統領」と錯覚させるその深層にも、中共の巧妙かつ狡猾な手口が奏功していることに、なぜ朝日を批判する産経が気づかないかと不思議でならないのだ。
▼小欄の願いは、他紙への批判ではなく、日本国民が目にする各紙各局の報道から、国家を危うくする致命的な誤報をなくすことである。
▼「米国の次期大統領は、まだ決まっていない」。ひとまず、ここへ戻すだけでいい。今すぐに改められよ。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^