大紀元時報
トップ 文化・歴史

文化・歴史

漢字の紐解き 古代中国の物語 歴史人物 古人の知恵
2021.04.20
高智晟著『神とともに戦う』(40)弁護士の使命(7)

法律や法治を一種の目標として、意思や方法・信念の面で追求していっても危険がないのなら、それは喜ばしいことである。目標に通ずるその道のりに一歩踏み出せたら、気持ちが...

(Epoch Times)
2021.04.20
恨みに報いるに徳を以ってす

唐の時代、太宗が皇帝だったころのお話です。宦官の魚朝恩(ぎょ ・ちょうおん)は、輝かしい戦績を持つ武将・郭子儀(かく・ しぎ)に嫉妬していました。魚氏は郭氏の悪口...

(Photo by MOHD ARHAAN ARCHER/AFP via Getty Images)
2021.04.20
チベットの光 (46) 真相

師父がそのように言い始めたので、皆は息を凝らして耳をそばだてた。 「そもそも私が雷を落としたのには原因があるのだ。私のこの怪力の弟子は、苦痛に本当に耐えることがで...

2021.04.20
【党文化の解体】第3章(17)

3.邪党の文化人を利用して悪党を賛美する 1)文学作品で中共の理論と政策を解釈 中国現代史を通読すれば容易に発見できることだが、中共によって発動された政治運動は、...

2021.04.20
漢字の紐解きシリーズ
漢字の紐解き「義」

儒教の諭す徳として「義」をご紹介しましょう。

2021.04.20
弟子規(7)

父母が病気に罹ったら、その子女は薬を熱すぎないか嘗めて確認し、日夜看病して病床を離れてはいけない。

2021.04.19
高智晟著『神とともに戦う』(39)弁護士の使命(6)

3、弁護士使命の実践のために 弁護士はいかにして、自分の使命を実践するのか。ここで実際にまず向かい合わねばならない使命、それは「我々が直面する必要のある問題をきち...

孔子(パブリック・ドメイン)
2021.04.19
孝は百行のもと
【物語】親孝行の子路(しろ)

孔子の弟子の中に、子路(しろ)という弟子がいました。子路の家族は、とても貧乏で、肉と魚が食べられるのは、特別な日だけでした。その他の日は野草を食べ、お腹を満たして...

(Photo credit should read ANDREAS GEBERT/DPA/AFP via Getty Images)
2021.04.19
チベットの光 (45) 最高の弟子

ラマの傍に立っているウェンシーを見ると、誰もが涙を禁じ得なかった。その中には、過去にウェンシーを慰める人も、ラマのところに行って法を伝えてもらえる可能性があるかど...

「正しい世界観、人生観、価値観を樹立して、社会主義に貢献しよう」(大紀元)
2021.04.19
【党文化の解体】第3章(16)

3.邪党の文化人を利用して悪党を賛美する 『九評』の一で指摘しているように、「あらゆる共産党でない政権の社会では、それがいかに専制かつ封建的であっても、それぞれの...

2021.04.19
漢字の紐解き「仁」

儒教の中核となる五常の徳の一つ、「仁」。

2021.04.19
弟子規(6)

父母が過ちを犯したら、それを改めるよう勧めなければならず、顔色はにこやかに声色は柔和なものでなくてはならない。

2021.04.18
高智晟著『神とともに戦う』(38)弁護士の使命(5)

よく知られているように、弁護士が社会正義を実現する主なルートは、刑事事件における弁護である。しかしながら、中国では弁護士が右肩上がりで増える一方なのに対し、弁護士...

(Fotolia)
2021.04.18
度量の広いリーダー
臣下の安危を顧みないとどうなるのか

中国の春秋時代、晋の君主である文公(ぶんこう)の乗った馬車が険しい山道を通ることになりました。崖下に落ちないよう、臣下たちは文公の馬車を支えながら歩きましたが、晋...

archer10 (Dennis)/Flickr
2021.04.18
チベットの光 (44) 絶望と自殺への思い

アバ・ラマは、師父が傍らにあった棍棒を手に取り、憤怒の表情を浮かべているのを見て、恐ろしくて地面に跪き、全身を震わせながら、戦々恐々として言った。「先生、私は決し...

文革時代に『毛語録』を根拠に革命運動を行なう青年たち(大紀元)
2021.04.18
【党文化の解体】第3章(15)

2.強制的に国民にマルクス・エンゲルス・レーニン・スターリン・毛沢東の著作を読ませる(下) 第3に、マルクス、エンゲルス、レーニンの著作数は膨大で、文化水準が高く...

2021.04.18
漢字の紐解きシリーズ
漢字の紐解き「縁」

中国のことわざに、「縁があれば千里離れても会うが、縁がなければその場にいても口をきくこともない」というものがあります。 「縁」とは何でしょうか?  中国の...

2021.04.18
弟子規(5)

父母が喜ぶ事物や行為は、その子女が極力準備してやるようにする。

2021.04.17
弟子規(4)

たとえ小さな事であろうと、父母にことわりなしで任意に行ってはならない。

2021.04.17
高智晟著『神とともに戦う』(37)弁護士の使命(4)

この原因は実に複雑を極める。制度について言えば、弁護士業が中国に導入されてよりこの方、弁護士が主流社会に入ったことなどないのである。真に法治を追求する国において、...

色欲に惑わされず、人に尽くす。徳を積めば、福報を得る(大紀元)
2021.04.17
古代中国の物語
人を助けても見返りを求めなければ、福報を得る

明の時代、太倉州(現在の江蘇省太倉県)の司法官を務める顧佐(グーズオ)は思いやりがあり、正直な人でした。顧氏はかつて菓子店の主人の冤罪を晴らし、助けたことがありま...

archer10 (Dennis)/Flickr
2021.04.17
チベットの光 (43) 法を求める心

まもなくアバ・ラマがウェンシーに告げた。「怪力君、君も準備しなさい。私たちも出立することとしよう」 アバ・ラマは家中にあった財産を洗いざらい、黄金、玉石、日用品等...

このようにして中共の「先進性」が維持されている。(挿絵=大紀元)
2021.04.17
【党文化の解体】第3章(14)

2.強制的に国民にマルクス・エンゲルス・レーニン・スターリン・毛沢東の著作を読ませる(中) 第2に、定期的な整党と整風の運動を通じて、党員に定期的にマルクス・エン...

(神韻芸術団フェイスブック)
2021.04.16
漢字の紐解きシリーズ
漢字の紐解き一箭双雕(いっせんそうちょう)

「一石二鳥」と言うように、石を投げたら二羽の鳥が落ちてきたという逸話がありますが、中国では弓矢を使っていたようです。

2021.04.16
弟子規(3)

冬は両親のために床を暖め、夏は両親のために床を涼しくしておくこと。

2021.04.16
高智晟著『神とともに戦う』(36)弁護士の使命(3)

訴訟を手がける弁護士として、これらはいずれも心に深く刻まれた思いである。例えば、かつて私が担当した「シリコン資産権をめぐる係争案」の一審で、私は大敗を喫した。これ...

(Thomas Depenbusch/Flickr)
2021.04.16
古代中国の物語
口蜜腹剣(口では甘いことを言いながら、腹に剣を隠している)

裏切り、中傷、権力争い…陰謀の渦巻く中国の王朝には、数多くの賢人や英雄がいる一方、ずる賢い佞臣もたくさん登場します。狡猾なやり方で多くの政敵を失脚させた人物をご紹...

(Photo by Paula Bronstein/Getty Images)
2021.04.16
チベットの光 (42) 露見

ウェンシーは山の洞穴の中で怠りなく修行に精進していたが、一向にこの法門特有の感覚を得られなかった。彼は洞穴のなかでぽつんと一人でいるようで、だんだんとマルバ師父と...

共産邪教の指導者たち。「マルクス・レーニン主義、毛沢東思想万歳」(挿絵=大紀元)
2021.04.16
【党文化の解体】第3章(13)

2.強制的に国民にマルクス・エンゲルス・レーニン・スターリン・毛沢東の著作を読ませる(上) 西側の民主国家では、大多数の一般人にとって、共産主義は「邪悪」と同義語...

大紀元エポックタイムズ・ジャパン
2021.04.15
【漢詩の楽しみ】答族姪僧中孚贈玉泉仙人掌茶

酒好きの李白が、本当に茶に関心があって、この詩を詠んだわけではあるまい。

^