大紀元時報
トップ 自然・科学

自然・科学

研究 動物(かわいい&感動) 自然 宇宙 ハイテク スピリチュアル
Tatevosian Yana/Shutterstock
2019.09.06
食物には実はものすごい情報が!

最新の研究で、食物は生きるために必要なものであるだけでなく、強力な情報源であることが明らかになりました。食物は現代においては商品としての経済的価値と栄養源としての...

Jacob Lund / Shutterstock
2019.09.05
人間関係を破壊するSNS 解決策はソーシャルメディア2.0

ソーシャルメディアは人間関係を破壊する。それは、「フェイスブック羨望」を生み出すからである。そして、自尊心を低下させ、ユーザーを孤独感に陥れ、横暴で利己的なふるま...

David McNew/Getty Images
2019.09.05
マリファナと精神病の繋がり 息子を失った母から

シェーン・ロビンソンはとてもチャーミングで活気があり、熱意のある青年でした。ある時、ボート遊びをしている最中に怪我をしてしまったので鎮痛剤を飲みました。しかし、効...

(Illustration - Shutterstock)
2019.09.05
南アフリカで飼育放棄されたライオン108頭、その真相は!?

広大な大自然と無数の野生動物、南アフリカはアフリカ有数の観光大国です。特に百獣の王ライオンは観光のハイライト。ライオンと写真を撮ったりハンティングをして毛皮を持ち...

(GaudiLab/Shutterstock)
2019.09.05
なぜ人は過去にとらわれるのか、人間と記憶の関係性

人は日記を習慣的につけたり、著名人の自伝を読んだりと、何かと記憶や過去にこだわる。その理由はなぜだろう。

Shutterstock
2019.09.04
祖父母と過ごす時間は楽しいだけじゃない 科学が示すその効果とは

少し前まで、3つの世代が1つ屋根の下で過ごすことは、欧米や欧州でも普通でした。しかし、郊外の成長に伴い、多くの若い世代が子育てに集中するために両親とは離れて暮らす...

Shutterstock / Carl Allen
2019.09.03
20年間毎年必ず 1万3千キロ離れたパートナーのところに戻るコウノトリ

自宅の庭や屋根にいる鳥などでも、自然界の生き物を近くでよく観察してみると、人間が想像するよりも遥かに素晴らしい生態を持っていることがわかります。

A young black bear climbs a tree. (UFSWS)
2019.09.02
三匹の子ぐま、ゴミ収集箱から助け出され

クロクマと3匹の子熊が女性に助けられた。 子熊たちは食べ物欲しさにゴミ収集箱に飛び込んだがそこから出られなくなった。

(Illustration - Shutterstock)
2019.09.02
一人でいることは好きですか? 内向的であることの5つの利点

現代の世界では、社交的な人の方が仕事や私生活で得をしていると考えている人がほとんどかもしれません。でも今日はそれと反対に、内向的であることの5つの利点を見ていきた...

(Illustration - Shutterstock)
2019.09.01
家族と一緒に過ごす時間がなく、ベッドやおもちゃとともに保護施設に捨てられた犬

犬の身になって考えてほしい。ベッド、おもちゃ、毛布などといっしょにあなたの知らない場所に運ばれています。たどり着いた先には数百という他の犬の音や匂いがします。飼い...

(Photo courtesy of Wild at Heart Rescue)
2019.08.28
死に瀕していたミミズクが命の恩人に温かいハグを贈る

ここで御紹介するお話は、激しく怪我をしていたギギというミミズクが、一人のフクロウ好きの男性により救出されたという話です。

Photo by Monty Fresco/Topical Press Agency/Getty Images
2019.08.27
野良猫がオフィスに居候、働くスタッフのストレス軽減に貢献しているとネットで話題

会社のオフィスで猫が近くをウロウロしていると仕事の邪魔になるはず。しかしアメリカのある運送会社のオフィスにはなんと大胆にも二匹の活発な猫がいるのだ。はたして中のス...

(Illustration - Shutterstock)
2019.08.26
体は死んでもまだ「生きている」 死後の意識について研究者が語る

死ぬと何が起こるのか。この謎の解決に近づく研究結果が発表された。ニューヨークの研究チームによると、人は死ぬ瞬間にもはっきり意識があるとのことだ。

(Illustration - Shutterstock)
2019.08.25
飛行機の窓が四角形ではなく楕円形である理由

頻繁に飛行機を利用する方であれば、飛行機の窓が四角形ではなく、必ず楕円形であることに気付かれたはずです。些細な点だと思われるかもしれませんが、実は深い理由からこの...

Pixabay / Jonny Lindner
2019.08.24
人の言葉を理解できる「賢いゾウ」、落ちた帽子を持ち主に返す=台湾

近頃、ある観光客が台北動物園に行きましたが、帽子がゾウ舎の溝に吹き込まれました。子供たちはゾウ舎のゾウに助けを求めたら、意外にもゾウがさわやかに帽子を投げ返してく...

(Photo courtesy of Jeniffer Hindieh)
2019.08.20
愛しのピットブルと分かち合う ウェディング・パーティー

一人の女性が自分の結婚式のために自分のペットにウェディングドレスを買った。それだけでなく一緒にバージンロードを歩くことを計画したり、犬用のケーキまで用意している。...

A kangaroo at the Lake Karrinyup Country Club in Perth, Australia, on Feb. 6, 2018. (Paul Kane/Getty Images)
2019.08.20
雪山で撮影されたカンガルー ネット上で広まる

オーストラリアで雪が降ったとの動画投稿がツイッター上にあがり、ネット上で広まりました。カンガルーが雪景色の中を跳ねている動画に対し偽物では、と思う人もいましたが、...

Emissions spew from a large stack at the coal-fired Brandon Shores Power Plant in Baltimore, Md., on March 9, 2018. (Mark Wilson/Getty Images)
2019.08.20
地球温暖化の原因は人間じゃない

フィンランドのトゥルク大学の研究が、この過去100年で人間が地球の温暖化に影響を及ぼしたことはほとんどないということを発表しました。人為的なCO2濃度の上昇が温暖...

(Illustration - Shutterstock)
2019.08.20
保健所から引き取られて笑顔が止まらないピットブル

一部のピットブルが攻撃的なのは、犬種ではなくしつけが原因であることが研究によって明らかにされている。人間の家族が適切に世話をすれば、頭でっかちで毛が短いこの犬は、...

Watermelon is racking up a long list of bona fide health benefits in scientific literature. (Sharomka/Shutterstock)
2019.08.20
スイカが健康にもたらす素晴らしい効果

スイカは夏のリフレッシュする為だけの食べ物ではありません。夏と言えばスイカですが、美味しいだけでなく、健康にも良い食べ物なのです。臨床研究の観点から見てもれっきと...

Illustration - Shutterstock
2019.08.19
ピットブルを殺処分から救え!4500㎞を走破したトラック運転手

たった1匹の犬の命を救うため4500㎞を陸路で激走したトラック運転手をご存知ですか?彼の名はマリオさん、アメリカ・ジョージア州に住む大のピットブル好きです。3匹の...

L: Facebook / Environment Agency - Abu Dhabi, R: Shutterstock
2019.08.19
10年ぶりに撮影された 神秘的な砂猫

サンドキャットが2005年の不確かな発見情報以来2015年に初めてカメラにより捉えられた。サンドキャットは減少しており、絶滅しかねないのでそれを止めるためにもサン...

(Photo courtesy of Steve Biro)
2019.08.19
【これは見事】写真家が捉えたハクトウワシの瞬間

アマチュア写真家が捉えた見事な写真がネット上で話題になっている。 写真家スティーブ・ビロが、カナダにある猛禽類保護区へ訪問した際に撮影した白頭鷲(ハクトウワシ)...

Facebook / Humane Rescue Alliance
2019.08.17
数か月間エサをもらえずゴミのように捨てられた子犬、情報提供者に1万ドルの懸賞金

2019年7月10日、その犬はワシントンの動物愛護団体ヒューメイン・レスキュー・アライアンス近くの排水路にゴミのように捨てられていた。生後9か月のピット・ブル・テ...

YouTube Screenshot / BBC News
2019.08.17
「巨大な鳥」を形成するムクドリを捉えた素晴らしい写真

群れを成して飛行する習性のあるムクドリ。その習性のひとつとして鷹などからの捕食防衛に群れで巨大な鳥を形成することが知られています。ドイツの写真家が偶然にもムクドリ...

A Florida State University research team tags a bluntnose shark near the Bahamas, on July 29, 2019. (Courtesy of Florida Museum)
2019.08.13
深海ビデオが捉えた1トン超えのサメ 接近映像

7月29日、通常1トン以上に成長する深海ザメの珍しい接近映像が、調査の際に捉えられました。調査を主導したオーシャンX( OceanX)は、フロリダ州立大学(FSU...

Pixabay
2019.08.10
愛犬を亡くし悲しみに暮れる男性、10匹の老犬を引き取る

ペットを飼っている人ならだれでも飼い主とペットの間に築かれる深い絆を理解できるだろう。ペットを亡くした経験がある人なら、長期間に渡って襲ってくる喪失感もおそらく理...

Photo courtesy of Luciano Karosas
2019.08.09
余命わずかな犬に最後の日まで無償の愛を

病気や高齢を理由に捨てられ、最後の日々をわが家で過ごすことができない犬たちはどのくらいいるだろうか。残念なことに保健所はこうした犬であふれかえっている。

Shutterstock
2019.08.08
男に襲われたイギリス人女性、野良犬に助けられる 

これはフィクションではありません。旅行中の英国人女性に実際に起こった話です。英国人、ジョージア・ブラッドレイさんは大学生だった2015年、ボーイフレンドと一緒に、...

Reddit / Unicorns and Jerky
2019.08.07
こんなの見たことない!「宇宙柄」の牛が話題

RedditユーザーのUnicornsAndJerkyは、友人が飼っている牛のセレステと、茶色の娘牛のネビュラの写真を人気サイトに投稿した。その投稿が6万以上の「...

^