大紀元時報
トップ文化・歴史
白隠禅師の画作「江戸時代仏画」、米インディアナポリス美術館所蔵(ネット写真)
2020.03.27
修行の極み 心が動じない白隠禅師

白隠慧鶴(はくいん えかく)は江戸時代に生まれた禅僧で、芸術家で作家でもある。人々に白隠禅師(はくいん ぜんし)と呼ばれていた。臨済宗の中興の祖、「五百年に一度の...

(Fotolia)
2020.03.08
誰かが必ず見ている
【故事】悪事は隠せない 夢を見て悟った男

昔、子供がいたずらをすると年配の人がよく「お天道様がみているよ」と言って諭したものです。善行も悪行も、天がすべて見ているという感覚を養うことは、子供の躾において良...

康熙帝(Public Domain)
2020.03.08
厳しいけど子供たちは優秀に
清朝皇帝の中で一番の教育熱心 康熙帝(こうきてい)の子育ての極意

清朝の最盛期を打ち立てた賢帝として知られる第四代皇帝・康熙帝(こうきてい)。当時の文献から、彼が大変教育熱心だったことが分かっています。康熙帝の教育方針は、中国歴...

雷神図(尾形光琳/パブリック・ドメイン)
2020.02.04
中国の昔話 天罰と雷

古代中国において、雷は神の怒りと考えられていました。人間が神に逆らい、人道に反すれば、神は雷をもって善悪を正し、邪な者に罰を下します。「自然」は存在せず、すべての...

2019.09.03
【輪廻転生の話】汚職総督が清廉な官僚に生まれ変わった物語

中国清朝の後期に陳其元という清廉な官僚がいました。彼の著書『庸閒齋筆記』には、祖父・陳萬森の輪廻の話が記述されています。

Antonio Doumas / Pixabay
2019.08.20
世の中の出会いは お別れ後の再会 〜 借金回収のために3回生まれ変わる 〜

世の中の出会いはお別れ後の再会です。中国の民間伝説では、恩を報いるため、または借金を取り立てるために生まれ変わる物語が多くあり、世の中の出会いは偶然ではなく、前世...

(Photo by Brendon Thorne/Getty Images)
2019.02.26
60歳の寿命が90歳に

清の時代、崇明という所に黄永爵と呼ぶ人がいた。ある占い師が彼の寿命は60歳だと告げた。ある日、黄氏は南の海上で大風に煽られて今にも転覆しそうな1隻の船を発見した。...

GettyImages
2019.02.21
一歩譲れば、世界が開がる
古人の土地争い 解決法

張庭玉は安徽省桐城出身の官吏で、平素から身を修め心の修養を重んじ、人々から敬愛を受けていた。張氏は、親孝行を重んじ、宰相であった間も、故郷に残した母親を心配してし...

GettyImages
2019.02.19
「湯たんぽ」の「たんぽ」とは、どういう意味?

この“湯婆子”は中国語で“tangpozi、タンポーズ”と読まれます。なんか「たんぽ」に似ていませんか?そうです。「たんぽ」とは中国語の“湯婆(子)”のことで、つ...

康熙帝(Public Domain)
2018.10.10
厳しいけど子供たちは優秀に
清朝皇帝の中で一番の教育熱心 康熙帝(こうきてい)の子育ての極意

清朝の最盛期を打ち立てた賢帝として知られる第四代皇帝・康熙帝(こうきてい)。当時の文献から、彼が大変教育熱心だったことが分かっています。康熙帝の教育方針は、中国歴...

(Fotolia)
2017.09.14
誰かが必ず見ている
【故事】悪事は隠せない 夢を見て悟った男

昔、子供がいたずらをすると年配の人がよく「お天道様がみているよ」と言って諭したものです。善行も悪行も、天がすべて見ているという感覚を養うことは、子供の躾において良...

突出した才能で清朝の最盛期を築いた康熙帝(Public Domain)
2017.07.23
日本と中国の深いつながり
シンプルな数学用語 発明したのは康熙帝(こうきてい)

学生時代、「数学は苦手だった!」という人も多いでしょう。でも、「二元一次方程式の解を求めよ」という問題や、「元」「次」「根(解)」という言葉は覚えているのではない...

康熙帝(Public Domain)
2017.07.09
厳しいけど子供たちは優秀に
清朝皇帝の中で一番の教育熱心 康熙帝(こうきてい)の子育ての極意

清朝の最盛期を打ち立てた賢帝として知られる第四代皇帝・康熙帝(こうきてい)。当時の文献から、彼が大変教育熱心だったことが分かっています。康熙帝の教育方針は、中国歴...

(Fotolia)
2017.06.14
故事
魂は引き継がれていく

輪廻転生(リーインカーネーション)――肯定するにしても否定するにしても、人びとを引き付ける永遠のテーマではないでしょうか。児童精神科医でもあるアメリカ合衆国ヴァー...

(shutterstock)
2017.02.23
知性も才能もまるでなし 大金持ちになったわけは?

清の時代、ある大金持ちがいました。彼には特に優れた知性も商才もなく、口下手でしたが、お金がどんどん入ってくるので、周りの人たちは不思議に思っていました。また、普段...

白隠禅師の画作「江戸時代仏画」、米インディアナポリス美術館所蔵(ネット写真)
2016.10.12
修行の極み 心が動じない白隠禅師

白隠慧鶴(はくいん えかく)は江戸時代に生まれた禅僧で、芸術家で作家でもある。人々に白隠禅師(はくいん ぜんし)と呼ばれていた。臨済宗の中興の祖、「五百年に一度の...

(Pixabay)
2016.07.05
古代中国の物語
教師への警告

 小さい頃によく読んでいた日本の民話の本。まじめで正直な者には善い報いが、怠けものや嘘つきには悪い報いがあることを、幼心に感じました。中国古代の小説にも、因果応報...

2016.03.26
『弟子規』の連載にあたって

2016.02.01
弟子規 (23)

知らず知らずのうちに無意識に犯すものは「過ち」であり、知っていて犯すのは「悪」である。過ちを知って改めることができれば、それは消失してゆくが、もし嘘を言って隠し通...

日本では大変珍しい楽器、アルモニカ。 「天使の声」と称される音色を出す
2016.01.01
フランクリンの発明 人々の心をつかむアルモニカ

アメリカ建国者の一人であり、発明家でもあるベンジャミン・フランクリンは多くの発明をしたことで有名です。最もよく知られているのは、空から電気を引いてその存在を証明し...

2015.12.14
弟子規(16)

 清代の安徽省に殷さんと柳さんという二人の富豪がいて、互いに親交があった。あるとき柳さんが病気になって危篤になり、まだ幼少であったその一人息子は殷さんに預けられて...

Bob Mical/Flickr
2015.03.18
【佛家故事】 天の福を受ける理由

『樹提伽経』によると、天竺国頻婆娑羅王の下に、樹提伽という大臣がいた。彼は莫大な財産を有し、自由自在にそれを使うことができた。 ある日、国王が政務のために宮殿にい...

Gabor Kovacs/Flickr
2014.06.23
【佛家故事】 輪廻転生(四) ー殺生は冥界まで巻き込むー

【大紀元日本6月23日】銭塘地区の金某は精進料理を食べ、殺生をせず、非常に敬虔だった。亡くなった後、彼の霊はある子供の身に乗り移り、次のように言った。「私は善業が...

takato marui/Flickr
2014.06.20
瓜畑のひそひそ話

【大紀元日本6月20日】瓜農家の陳四はある夏の夜、小屋で畑を見張っていた。陳四が大きな柳に目をやると、その下に数人の人影が見える。陳四は泥棒かもしれないと思い、寝...

Moyan Brenn/Flickr
2014.06.16
【佛家故事】 輪廻転生(三) ー夫が羊妻を処刑するー

【大紀元日本6月16日】劉道は元々、蓬溪県知事で、官職から下りた際、秦某という友人の家で一晩休んだ。その夜、彼は女性が泣きながら訴える夢を見た。「私は秦の妻です。...

IvanWalsh/Flickr
2014.05.07
自分の過ちに気づき、生まれ変わる(四)

【大紀元日本5月7日】清の時代、揚州に王中丞(おうちゅうじょう)という男がいた。彼は幼いときに父を亡くし、家族は非常に貧しかった。彼は文才があったため、人々の訴状...

Randi Hausken/Flickr
2014.03.17
忍耐で運命を変えた男

恨み、悲しみ、苦しみはこの世の常。それらは全て、目に見えない因縁関係に由来しています。しかし、人々を縛るそれらの宿命を変える方法がないわけではありません。広大な寛...

(Moyan_Brenn/Creative Commons)
2012.08.16
見返りを求めずに善行を積む

【大紀元日本8月16日】清朝の時代、張という名の商人が長江を渡り、江宁府(現在の南京)へ借金の回収にやってきた。年が明ける前に家に戻ろうと思った彼は...

(Pfly/Creative Commons)
2012.07.10
前に進めば必ず道ができる

【大紀元日本7月10日】この世界の全てに単純な物はなく、困難が付きまとう。しかし、何事も継続してやり続ければ、困難な事は簡単になる。もし、それを大変難しいと認識し...

(rkramer62/Creative Commons)
2012.06.02
名君が語る善念とは

 【大紀元日本6月2日】中国史上、名君として有名な清の第4皇帝・康熙帝(こうきてい、1654-1722)は、心を修めることを重視した。彼が遺した「庭訓格言」の中に...

^