大紀元時報
トップ カナダ
カナダ
英タジェンダット議員は、河野太郎防衛相による日本のファイブ・アイズ加盟案を歓迎すると表明した(スクリーンショット)
2020.07.30
情報協定ファイブ・アイズに日本加盟を 河野太郎防衛相と英議員が有効性を主張

中国からのデカップリングに備えて、英国の議員は、現在のファイブ・アイズの同盟を日本を加え、現在の情報協力を戦略的経済協力にまで拡大する可能性があることを明らかにし...

2000年10月1日、天安門広場で法輪功迫害をやめるよう訴えたところ、公安当局者に抑えられ、顔面を踏みつけられた法輪功学習者(AP)
2020.07.17
中国共産党高官14人にマグニツキー法制裁を カナダ議員ら政府に求める

カナダの国会議員と人権団体は、人権侵害者に対して制裁を求めるマグニツキー法を元に、法輪功学習者に対する迫害政策を率いる中国当局者14人に制裁を科すようカナダ政府に...

ファイブアイズの5カ国の防衛相は22日および23日にビデオ会議を行った。写真は、米国防長官マーク・エスパー氏(GettyImages)
2020.06.24
ファイブアイズ、安全保障分野で更なる連携強化へ

米国防総省は23日、米、英、カナダ、豪、ニュージーランドの5カ国で構成する協定「ファイブアイズ(正式:UKUSA)」は防衛・安全保障分野での協力を強化し、世界秩序...

ロンドン近郊にあるファーウェイ英国本社のロゴ (Daniel Leal-Olivas/AFP via Getty Images)
2020.06.05
カナダの通信事業大手もファーウェイを排除 専門家「米国の制裁が奏功」

先週、英国がファーウェイに代わる5Gサプライヤーを確保するために、G7諸国やその他の国々と10カ国連合を結成しようとしていると報じた。英国では、中国政府の中共ウイ...

2018年7月23日、中国南部の広西壮族自治区、融安の病院で、ワクチン接種を受ける子ども。この年、中国企業が欠陥のあるDTaPワクチンを25万本以上出荷し、20万人以上の子どもが被害を受けたことが明らかになり、中国を震撼させた。(AFP via Getty Images)
2020.05.22
カナダ、中国軍と共同開発したワクチンが臨床試験へ 医師が懸念示す

中国軍と共同開発された中共ウイルスの実験的ワクチンを、カナダ人が接種することについて、懸念を表明している医師がいる。

2020年5月9日、COVID-19が世界的に大流行する中、国会議事堂を背景に、オタワのMajor's Hill Parkを歩く人々 (The Canadian Press/Justin Tang)
2020.05.17
中国の暴政政権に浸透されたカナダ政界

中国から来たこの新しい謎の病気は、深刻なリスクをもたらす奇妙な症状を伴うという。私はSARS-CoV-2(中共ウイルス)のことを言っているのではない。私が言ってい...

武漢ウイルス研究所。2020年4月17日撮影(Photo by HECTOR RETAMAL/AFP via Getty Images)
2020.04.21
カナダの研究プロジェクトに武漢ウイルス研究所が参加 批判の声も

中国の武漢ウイルス研究所は、カナダ政府が出資した中共ウイルス(新型コロナウイルス)の研究プロジェクトに参加することが明らかになった。中国国内外の一部の専門家は、同...

米ワシントンの記者クラブで2015年12月、ミスワールド決勝に出場できなかった経緯について説明するアナスタシア・リンさん(TheBleedingEdgeMovie.com)
2020.03.15
「もし私が肌を露わにしたら…」ミスカナダの美女、ビキニ審査を拒んだわけ

国連は毎年3月8日を国際女性デーとして世界で女性を巡る権利問題について取り上げています。ミス・ワールド世界大会は、国を代表する美女がその技能や知恵を「価値ある美」...

2018年5月3日、香港のビクトリア・ハーバーに停泊するマジェステス・カナディアン・シップ(HMCS)・バンクーバー号(ANTHONY WALLACE/AFP via Getty Images)
2020.02.28
「カナダはインド太平洋地域戦略に加わる必要がある」=米安全保障専門家

米安全保障専門家は、中国によるインド太平洋地域の影響力拡大を阻止する目的で、カナダが地域戦略に加わる必要があるとの見方を示した。

中国は「敵」だと、公開されたカナダ外交内部文書に記載されている(GettyImages)
2020.02.28
中国は「敵」 カナダ外交内部文書に記載

カナダ外務省の内部文書は、中国がカナダの価値と利益を脅かす「敵」と形容し、中国との関係を強化する危険性についてトルドー政権に警告していたことが明らかになった。文書...

カナダ保守党議員ガーネット・ジュニュイス議員は、留学生を操作する中国外交官の排除を提案(Epoch Times)
2020.02.06
カナダ保守党議員、留学生を支配する中国外交官の排除を提案

カナダの保守党議員はこのほど、大紀元の取材に応じ、カナダの大学環境のなかで、外国留学生を操作し、言論の自由を攻撃するよう指図している中国外交官をカナダから排除すべ...

1月20日、華為技術の副会長兼最高財務責任者(CFO)孟晩舟被告の裁判が、カナダのバンクーバーで開かれた。被告は足にGPS機能装置を付けて出廷した(GettyImage)
2020.01.23
支持者は「雇われた」 華為CFO裁判にやらせデモ隊=カナダ

カナダのバンクーバーで1月20日、銀行詐欺の罪に問われている中国通信機器・華為技術(ファーウェイ)副会長兼財務最高責任者(CFO)孟晩舟被告の裁判が行われた。裁判...

カナダのガーネット・ジェニュイス上院議員とサルマ・アトラジャン上院議員 (Limin Zhou/The Epoch Times)
2019.12.20
カナダ議員、中国の人権問題に対応強化 違法な臓器移植防止に法案を再提出

カナダの国会議員らはこのほど、中国の人権問題への取り組みを強化している。12月10日、保守党のサルマ・アトラジャン( Salma Ataullahjan)上院議員...

香港出身の生徒のロッカーに貼り付けられた、「中国人」からの手紙。中国共産党を賛美し、香港の民主化運動を否定する内容が書かれている(香港からの生徒の友人がFacebookに掲載)
2019.12.17
カナダ世論調査 90%が「中国は法治欠ける」香港出身学生への嫌がらせも相次ぐ

最近のカナダの世論調査では、カナダ人の90%が、中国には法の支配と人権が欠けていると考えていることが明らかになった。また、70%は、カナダ政府が中国と取引する場合...

カナダのアルバータ大学中国研究所のマーガレット・ジョンストン(Margaret McCuaig-Johnston)上級研究員(任僑生/大紀元)
2019.12.06
「親中」から「反中」に カナダの女性研究者「今の中国と友好的になれない」

カナダアルバータ大学中国研究所のマーガレット・ジョンストン(Margaret McCuaig-Johnston)上級研究員は、かつて中国当局に「中国の友人」と呼ば...

pixabay
2019.11.23
脳の不思議:ボーっとしている時ほど、直観に優れる?

【大紀元日本5月29日】考えても考えても、いいアイデアが浮かばない・・という時はないだろうか。そんな時、考えるのを止めて何か他の単純な作業を始めるといいかもしれな...

9月30日、トロント市庁舎前に市民団体が集まり、香港の抗議活動への支持を訴え、中国国旗の掲揚式に反対した(伊鈴/大紀元)
2019.10.08
カナダの2市政府 中国国旗掲揚式を中止、香港出身市民の猛反発で

カナダ・オンタリオ州リッチモンドヒル市とヴォーン市の政府が、それぞれ10月5日と6日に開催予定の中国共産党政権設立70周年関連イベントを取りやめたことが分かった。...

(L: Facebook/Ballyglass Coast Guard Unit, R: Twitter Video Screenshot/Mark Dobbin)
2019.09.05
アイルランドの岸に打ち上げられた謎のボート 奇妙なメッセージが!?

2016年の秋に謎の船舶がアイルランドのマヨ群の岸で発見されたとき、沿岸警備隊は驚きました。その船舶は、カナダから大西洋をはるばる渡ってきたもので、どのようにたど...

(AP Photo/David Zalubowski, File)
2019.09.02
7歳の子どもと母親 トコジラミが飛行機を侵略したと語った

ヘザー・シラジと彼女の7歳の娘のモリ―、そしてフィアンセのエリック・ニールソンは今月カナダからスロバキアへの旅路で全員トコジラミにかまれた。

(Pixelwunder By Rebecca/Pixabay)
2019.08.29
幼児が昼寝から目を覚まさない「日差しのない熱中症」を母親が警告

ある夏の日、カナダで幼児が昼寝から目覚めない「日射しのない熱中症」という症例が起きました。アルバータ州エドモントンのジェニファーアブマの幼い娘は、町に熱波が到来す...

(Courtesy of Nimmo Bay Wilderness Resort)
2019.08.25
美しすぎる秘境 カナダ西海岸ニモ・ベイの大自然の贅沢

自然の秘境、カナダブリティッシュコロンビア州のニモ・ベイ。サリバン・ベイを抜けると一面真っ白な霧に包まれる。 

(Photo courtesy of Steve Biro)
2019.08.19
【これは見事】写真家が捉えたハクトウワシの瞬間

アマチュア写真家が捉えた見事な写真がネット上で話題になっている。 写真家スティーブ・ビロが、カナダにある猛禽類保護区へ訪問した際に撮影した白頭鷲(ハクトウワシ)...

カナダのマニトバ州ウィニペグ市警察当局は5日、同市にある国立微生物研究所(NML)に勤務する中国出身の女性研究者らを逮捕した(shutterstock)
2019.07.17
カナダ政府、中国出身の著名なウイルス学研究者を拘束

カナダのマニトバ州ウィニペグ市警察当局は5日、同市にある国家微生物研究所(NML)に勤務する中国出身の女性研究者らを、関連ポリシー違反(policy breach...

台湾行政院大陸委員会の邱垂正報道官(陳柏州/大紀元)
2019.07.16
中国で台湾人経済アナリスト12人が拘束 外国人の逮捕相次ぐ

台湾の対中政策を担当する行政院大陸委員会は13日、中国上海市警察当局が9日台湾人証券アナリスト12人を、詐欺の容疑で拘束したのを発表した。中国当局はこのほど、英国...

江蘇省徐州の公安(警察)が薬物使用の疑いで16人の外国人講師と学生を逮捕した(大紀元資料室)
2019.07.12
江蘇省で外国人講師が多数逮捕 英国人4人含む

江蘇省徐州の公安(警察)は薬物使用の疑いで16人の外国人講師と学生を逮捕した。一方、北京の英国大使館は12日、英国人4人が中国東部の江蘇省で逮捕されたと明らかにし...

米ワシントンの記者クラブで2015年12月、ミスワールド決勝に出場できなかった経緯について説明するアナスタシア・リンさん(TheBleedingEdgeMovie.com)
2019.03.12
「もし私が肌を露わにしたら…」ミスカナダの美女、ビキニ審査を拒んだわけ

国連は毎年3月8日を国際女性デーとして世界で女性を巡る権利問題について取り上げています。ミス・ワールド世界大会は、国を代表する美女がその技能や知恵を「価値ある美」...

カナダのトロント大学キャンパス内の様子(穆楓/大紀元)
2019.02.18
中国人留学生、カナダでチベット出身の学生を中傷 「大使館の指示で」

カナダの大学で中国人留学生らはこのほど、中国当局のチベットや新疆ウイグル自治区における政策を批判的な学生やウイグル人活動家を誹謗(ひぼう)中傷し、抗議した。カナダ...

FBIとカナダ警察は協力して、国際的に売春派遣ネットワークを運営した犯罪組織のリーダーを起訴した(TORONTO POLICE PHOTO)
2019.01.23
FBI、中国系の国際売春ネットワークを解体させる リーダーをカナダで逮捕

米国連邦捜査局(FBI)は人身売買と犯罪組織運営などの罪で、複数の国にまたがる国際売春ネットワークを運営していた中国系6人を起訴した。協力するカナダ捜査当局は、ト...

出産を控える妊婦とベッドを整える看護師。2012年北京で撮影参考写真(WANG ZHAO/AFP/Getty Images)
2019.01.22
「カナダは市民権を買えるショッピングセンターではない」中国人の国籍目当て出産ツアーに議員苦言

同地国籍を取得するために海外から妊婦が来訪する「出産ツアー」の増加は、北米で問題視されている。現地メディアに取り上げられたケースの多くは中間富裕層以上の中国人家族...

(Shutterstock)
2018.12.22
500人の「サンタクロース」が5キロ走

チャリティイベントとして、カナダ・オンタリオ州ハミルトンで「サンタクロース」長距離走が行われた。 各年齢層の男女500人あまりが参加し、参加者はサンタクロースの...

^