大紀元時報
トップ ガン
ガン
Photo by Matthew Henry on Unsplash
2020.05.07
≪医山夜話≫ (16)
人生の不運と幸運

私と長年の付き合いがあるルーシーは、少しでも体の調子が悪いと、私の診療所を訪れて漢方の治療を受けていました。彼女の家族も漢方医を信頼していて、どこか調子が悪いとこ...

Pixabay
2020.04.29
病気治療には運気も関わる

現代科学の理論に染まった人々にとって、病気治療と運気の関わりは理解しがたい問題である。病気治療中に発生する良し悪しの結果は、習慣的に偶然のことだと思われる場合が多...

Pixabay
2020.04.23
善良も一種の薬

小さい頃の事だ。母と同年代で、周おばさんという隣人がいて、とても優しい人だった。当時、我の家は特殊な身分=「黒戸」(共産政権から批判対象に指定された階級身分)だっ...

(lonesome:cycler/Creative Commons)
2020.04.16
≪医山夜話≫ (47)
生命

彼はすでにこの世を去りましたが、彼の顔、声、彼と交わした会話は、よく私の記憶の中に蘇ります。

(Shutterstock)
2020.04.09
心優しい看護師さん!変装して小児がんの子と戦争ごっこ

4歳のドリュー君は2018年のクリスマスイブに珍しい脳のガンである髄芽腫だと診断されました。それまでドリュー君はずっと頭痛や嘔吐を繰り返していましたが、両親はただ...

Google Street View
2020.03.27
テキサスの少女に訪れた『奇跡』 手術不可能と言われた脳腫瘍が消失

地方紙によると、テキサスに住む少女の脳腫瘍が奇跡的に消失したという。12NewsNowによると、ロキシル・ドスはびまん性橋膠腫(DIPG)と診断された。「とてもま...

Shutterstock
2020.03.26
妊娠中にステージ4のガンと診断 奇跡の連続で3人のママに

生きる奇跡とも言える勇敢な母親がいた。妊娠中にステージ4のガンと診断された彼女は、病気と闘い、後に3人の子どもを授かった。2007年1月、ジョージア州ダグラスビル...

(twitter/Bailey Sellers)
2020.03.19
父死去5年後、娘に届いたメッセージ「もう悲しい涙流さないで」

誰しも誕生日にメッセージカードを受け取るのは嬉しいもの。テネシー州に住むベイリー・ステラーズさんは誕生日に、父から特別なカードを受け取ることになります。


11月12日、香港警察が放った催涙弾のキャニスターが収集され、傘に盛られた(DALE DE LA REY/AFP via Getty Images)
2019.11.18
警察の催涙弾にダイオキシン類 香港市民や記者に健康被害

警察による催涙弾が飛び交う香港で、最近、市民に皮膚疾患が現れている。現地メディアの記者はこのほど、皮膚疾患は塩素ざ瘡(クロルアクネ)と医師に診断された。民間組織は...

(Illustration - Shutterstock)
2019.10.16
心優しい看護師さん!変装して小児がんの子と戦争ごっこ

4歳のドリュー君は2018年のクリスマスイブに珍しい脳のガンである髄芽腫だと診断されました。それまでドリュー君はずっと頭痛や嘔吐を繰り返していましたが、両親はただ...

イメージ図(4144132 /Pixabay)
2019.10.11
末期ガンの飼育員からの最後のお別れ キリンがさようならのキスを

人生の大半を飼育員として過ごした末期ガンの男性には、最後に1つだけ叶えたい願いがあった。彼が世話してきたキリンたちにもう一度だけ会いたかったのだ。結果的には動物た...

Dingzeyu Li/Unsplash
2019.09.07
ガン宣告を受けてからの1週間 隠れて、祈って、泣いて

ガン宣告を受けてからの一週間はとても大変な一週間でした。ガンは移転していないか、私は死んでしまうのか、これからどれほど痛みが強くなってくるのか、髪がなくなって歩く...

Shutterstock
2019.09.07
妊娠中にステージ4のガンと診断 奇跡の連続で3人のママに

生きる奇跡とも言える勇敢な母親がいた。妊娠中にステージ4のガンと診断された彼女は、病気と闘い、後に3人の子どもを授かった。2007年1月、ジョージア州ダグラスビル...

Google Street View
2019.09.06
テキサスの少女に訪れた『奇跡』 手術不可能と言われた脳腫瘍が消失

地方紙によると、テキサスに住む少女の脳腫瘍が奇跡的に消失したという。12NewsNowによると、ロキシル・ドスはびまん性橋膠腫(DIPG)と診断された。「とてもま...

2019.09.02
ガンの闘病生活に前向きに挑んだバレリーナ − 夢を掴んだ直後に彼女のキャリアと人生を脅かす診断が…

200人以上の中からワシントン・バレエ団の練習生に選ばれたキアラ・バレーは、ユーイング肉腫と呼ばれる骨がんを患っていた。

Shutterstock
2019.08.08
ターメリックの6つの驚くべき健康効果 うつ病症状の軽減も

ターメリックが香辛料の棚に並ぶことはあまり多くはないかもしれません。ターメリックはインド料理や様々なアジア料理に独特の香りを加える用途以外にも使い道があるのです。...

(twitter/Bailey Sellers)
2019.07.19
父死去5年後、娘に届いたメッセージ「もう悲しい涙流さないで」

誰しも誕生日にメッセージカードを受け取るのは嬉しいもの。テネシー州に住むベイリー・ステラーズさんは誕生日に、父から特別なカードを受け取ることになります。


(イメージ / Pixabay CC0 1.0)
2019.06.20
がんの治療費っていくらかかるの? 闘うためのがん保険【PR】

がんは三大疾病のうちのひとつで、日本人の死因男女とも1位となっています。

(shutterstock)
2019.06.14
癌で亡くなった娘、棺をみてお母さんは涙…

カナダ、オンタリオ州のローラ・ヒリアーさんは、13歳の時に急性骨髄性白血病と診断された。積極的治療の後、4年間は寛解したが、その後再び癌が再発した。

(Shutterstock)
2019.05.23
がんと診断された妊婦の「出産」という決断

サラ・ウィックライン・ハルさんは、妊娠20週にして進行性のがんを患っていることが判明しました。 追い打ちをかけるように、母体を守るには妊娠を諦めるしかない、...

NTDTV
2019.05.16
妹の誕生までガンと闘った9歳の少年

2016年の夏、ベイリーは体に異変を感じはじめました。医者からは単なる「カゼ」であると告げられました。しかし、ベイリーの体調は日に日に悪くなる一方です。

2年間伸ばした髪の毛を手にするトーマス君(アンバー・リンさんのTwitter)
2018.11.08
2年半髪を伸ばしていた8歳の男の子

アメリカメリーランド州に在住のトーマス・ムア君は心優しい男の子です。8歳の時、トーマス君はフェイスブックで、ガンを患った5歳の女の子が抜け毛で悩む動画を見ました。...

(NTD Inspired)
2018.01.17
体験談
手術も薬もいらず 修煉して喉のガンが消えた

昔から言われている「病は気から」という言葉を信じている人はどれくらいいるでしょうか?修煉の本に従って心を修め、気功で身体を鍛錬した女性のガンが消失しました。西洋医...

(Flickr)
2018.01.07
医山夜話
彼の病気は本当に治ったのか

数年前、ある末期の肝臓ガン患者が私を訪ねてきました。彼は、大手の病院ではもう治療の施しようがないので、漢方で運試しするしかない、と言いました。彼は顔色が暗く、腹水...

(NTD Inspired)
2017.12.06
色ツヤは大丈夫?
爪で深刻な病気が分かる ネイル・アーティストの助言

爪は健康のバロメーター。色ツヤに異変を感じたら、それは病気のサインかもしれません。ある日、アメリカでネイリストをしているリサ・ウィリアムス(Lisa Willia...

仏門に出家し、尼僧として修行していたグエンさん。ガンに侵された時、別の修煉法に出会う(NTD Inspired)
2017.10.30
修煉法
ガンに侵されたベトナムの尼僧 病気を克服した体験記

病魔に襲われ、日常生活もままならなかったベトナムの若い尼僧、グエン・ホアン・エンさん(Nguyen Hoang Uyen)。彼女は古代中国から伝わる修煉法で心身の...

(NTD Inspired)
2017.09.22
恩返し
助けられた青い鳥 ガン患者を励ます

情けは人のためならず―思いがけない形で、恩恵が自分の身に返ってくることがあります。2年前、ディーナ・テイセンさん(Dina Theissen)とその家族は、生後数...

2016年9月19日、フェニックス・スカイハーバー国際空港で見られたサウスウエスト航空のジェット (DANIEL SLIM/AFP/Getty Images)
2017.09.06
ちょっとした親切
がん患者が感動した空港スタッフのサービス

人からのちょっとした励ましが、患者に勇気を与えてくれることがあります。がん闘病中だという乗客からロスト・バゲージ(荷物の遅延や紛失)のクレームを受けたサウスウエス...

牛乳の弊害について訴えていたジェーン・プラント教授(スクリーンショット)
2017.06.01
余命2カ月からの回復
牛乳をやめたらガンが消えた

日本では3人に1人が罹患して亡くなるといわれるガン。遺伝や生活習慣など、ガンにかかる要因は様々に言われているが、根本的な治療法はいまだにわかっていない。一方、ある...

ガンを克服したキャサリン・オキーフ・カナボスさん。ベストセラー「Surviving Cancerland」の著者であり、夢分析の専門家でもある (Photo courtesy of Kathleen O'Keefe-Kanavos)
2017.05.14
夢に助けられた
三度のガンを克服した女性

当たるも八卦、当たらぬも八卦。夢占いに科学的な根拠はないが、身体のどこかに病気がある時、教えてくれるという説がある。米国在住のキャサリン・オキーフ・カナボスさん(...

^