大紀元時報
トップ グローバル化
グローバル化
4月1日、閑散とした北京の観光地の様子(GettyImages)
2020.04.03
「中国ウイルスではなく中共ウイルス」イタリア人専門家が呼び掛け

「中国ウイルスではなく中共ウイルスと呼んで欲しい」と、イタリア人ジャーナリストのマルコ・レスピンティ(Marco Respinti)氏は、現地紙「レテ・リベラーレ...

3月30日、武漢市内の薬局で防護服を付けて接客する従業員(GettyImages)
2020.03.31
評論
世界を感染させ、嘘をついてアメリカを非難する中国=ギングリッチ元米下院議長

米国の元下院議長で大学教授ニュート・ギングリッチ(Newt Gingrich)氏はこのほど、自身のホームページで、ウイルス感染症の世界的蔓延を中国共産党政権の隠ぺ...

3月23日、漢口葬儀場に集まる人々(jenniferatntd)
2020.03.27
武漢の葬儀場に長蛇の列 一日500個の骨壺を引き渡し

中国湖北省武漢では、中共ウイルス(武漢ウイルス、COVID-19)の流行で死亡した人々を火葬した葬儀場に、遺骨の引き取りのために集まった親族による長蛇の列ができて...

新型肺炎の世界的な流行に繋がったとして、中国側の失策を問責する決議案を作成、提出したジム・バンクス議員(Epoch TImes)
2020.03.25
米超党派議員、伝染病対応の失策で中国に賠償求める議案を提出

米下院では3月24日、中国の中共ウイルス(新型コロナウイルス)の対応の誤りで世界に流行が拡大したことを非難する決議案が提出された。同日、上院では、中国が発信する「...

駐米中国大使・崔天凱氏(CHRIS KLEPONIS/AFP via Getty Images)
2020.03.24
駐米中国大使、「米軍ウイルス拡散説」を否定 内部で意見対立か

中国外務省の趙堅立報道官がソーシャルサイトで発した、「米軍ウイルス拡散説」に、米国をはじめ多くの海外メディアが疑問を呈した。これについて、駐米中国大使も真向から反...

中共ウイルスのパンデミックでグローバル化が終焉=専門家(GettyImages)
2020.03.24
評論
中共ウイルスのパンデミック、終わるグローバル化=専門家

中共肺炎(武漢肺炎、COVID-19)がパンデミックを迎えてから、世界のビジネスパーソンは、グローバル経済による弊害を味わっている。自動車、機械、製薬に至るまで、...

瀋陽のレストラン、日本と米国の「疫病を歓迎」政府公認プロパガンダか
2020.03.23
瀋陽のレストラン、日本と米国の「疫病を歓迎」政府公認プロパガンダか

中国遼寧省瀋陽市にあるレストランは、米国と日本の中共ウイルス(武漢肺炎、COVID-19)流行について「疫病が長く続くように」と書かれたスローガンを掲載した。ネッ...

2019.12.29
九評編集部:悪魔が世界を統治している
第十八章:中国共産党のグローバルな野望(下)

中国共産党のグローバルな野望には道徳的制限がなく、法律を順守する意志もない。『共産党についての九つの論評』(九評共産党)で論じたように、中国共産党の成長は徐々に歴...

2019.12.07
九評編集部:悪魔が世界を統治している
第十七章:グローバル化の中心は共産主義

共産主義下のグローバル化とは、基本的に、共産主義および非共産主義政権の最悪の部分を、最速で拡散することである。普及の手段は、大規模な政治、経済、金融、文化のオペレ...

スイスのダボスで1月17日、世界経済フォーラム(ダボス会議)が開かれ、初日に中国・習近平主席が演説した(FABRICE COFFRINI/AFP/Getty Images)
2017.01.18
中国主席の初出席
ダボス会議、習近平氏が演説 グローバル化を改めて支持

世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)は1月17日スイス東部ダボスで開幕した。同会議に出席した中国の習近平国家主席は基調講演を行い、「世界が取り巻く多...

ドナルド・トランプ氏が第45代米国大統領となることが確実になった( Scott Olson/Getty Images)
2016.11.11
トランプ大統領誕生で世界がどう変わるか=中国問題専門家分析

日本時間9日午後16時半頃、米国大統領選挙の共和党候補、ドナルド・トランプ氏の選挙人(538人)獲得数が過半数の270人を上回り、民主党候補のヒラリー・クリントン...

^