大紀元時報
トップ マルクス
マルクス
2019.12.07
九評編集部:悪魔が世界を統治している
第十七章:グローバル化の中心は共産主義

共産主義下のグローバル化とは、基本的に、共産主義および非共産主義政権の最悪の部分を、最速で拡散することである。普及の手段は、大規模な政治、経済、金融、文化のオペレ...

pixabay
2019.11.15
ダーウィン進化論 生物学の帝国主義?

「私の宗教とは、ひ弱で、薄弱な心を持つ私たちが知覚することのできる部分に、彼自身の、ほんのわずかな細部を見せてくれる無限で最高の生命に対し、謙虚に感嘆せずにはいら...

2019.10.23
九評編集部:悪魔が世界を統治している
第十六章:環境主義の裏にいる共産主義(下)

われわれが直面する環境問題に対して、強制的な政策は解決策とはならない。現代技術に頼ることも道を示すわけではない。危機を解決するために、われわれは宇宙と自然、また人...

2019.10.20
九評編集部:悪魔が世界を統治している
第十六章:環境主義の裏にいる共産主義(上)

この章では、イデオロギーとしての環境主義がいかにして共産主義と結びついたのか、またどのようにして環境主義運動がハイジャックされ、操作され、共産主義の目的のために吸...

epochtimes
2019.01.20
神韻へのいざない
党文化

どの政権または政治制度も、ある種の文化や理念に支えられているものです。例えば、董仲舒(紀元前2世紀)は、統治者と高官が儒教の道徳観に基づいて司政にあたる「仁政」と...

2006年、香港で、中国国内で拘束されたり軟禁されたりしている人権弁護士たちの解放を訴える人々。左から陳光誠氏、高智晟氏(MIKE CLARKE/AFP/Getty Images)
2017.04.23
北京の弁護士・余文生氏
「中国人、目を覚まして!」命なんて惜しまない(5)

現在の中国では、真の安全を保証されている人など誰もいないのです。巨大な国家権力と対峙している私は、自分の力では妻子を守り切るなど不可能ですし、誰かを守り切れる人な...

「私たちは戻ってくる」。2014年12月、香港民主化デモ「雨傘革命」で、参加者が作ったと思われる小さなフライヤーに記されたスローガン(Lucas Schifres/Getty Images)
2017.04.22
北京の人権弁護士・余文生氏 独占インタビュー
「中国人、目を覚まして!」ファシスト国家でしか起きないことが起きている(4)

「709」で大勢の弁護士が拘束されました。私は8月6日の夜、ドアをこじ開けて家に押し入ってきた警察から手錠をかけられ、そのまま連れ去られました。その後の24時間の...

北京で2000年5月、ニューススタンドの前に立つ男性(STEPHEN SHAVER/AFP/Getty Images)
2017.04.20
北京の人権弁護士・余文生氏 独占インタビュー
「中国人、目を覚まして!」金儲け主義で人のことを考えない(3)

たくさんの中国人が海外で暮らしていますが、彼らは実は、疎外されていいます。中国人が米国社会で確固たる地位を得られないのはなぜでしょうか? 金儲けにしか興味がなく、...

1921年10月、ソビエト連邦西部のボルガ地方で、地面に座るホームレスたち(Topical Press Agency/Getty Images)
2017.04.19
終焉の共産主義
ソ連の「フリー・ラブ」実験の失敗(1)

「フリー・ラブ」「性の解放」と聞くと、70年代のヒッピー文化を思い出す人は多いだろう。しかし、その50年前に、共産主義政権ソビエト連邦が、伝統的な家族の形を崩壊さ...

2017年3月、北京の人民大会堂で、セルビア大統領歓迎式典に参加する子供(GettyImages)
2017.04.17
北京の人権弁護士・余文生氏 独占インタビュー
「思考のマヒした中国人、目を覚まして!」北京の人権弁護士(1)

圧政の中国で、命の危険をかえりみず弱者の弁護に取り組む人権派弁護士がいる。拘束や拷問の経験もある北京の弁護士・余文生氏は最近、大紀元のインタビューに答え、自由のな...

今から百年ほど前、共産主義という名の「悪霊」がヨーロッパ大陸をさまよい始めた。
2017.02.27
社説
共産主義の知られざる真実

今から百年ほど前、共産主義という名の「悪霊」がヨーロッパ大陸をさまよい始めた。1848年に「共産党宣言」が発表され、「パリ・コミューン」が古都に戦火をもたらした。...

アルバート・アインシュタイン(Toru Yamanaka/AFP/Getty Images)
2008.03.27
ダーウィン進化論:生物学の帝国主義?

 【大紀元日本3月27日】「私の宗教とは、ひ弱で、薄弱な心を持つ私たちが知覚することのできる部分に、彼自身の、ほんのわずかな細部を見せてくれる無限で最高の生命に対...

2007.07.19
日本の「マルクス」伝

 【大紀元日本7月19日】石田英一郎さんは、明治36年(1903)-昭和43年(1968)を駆け抜けます。三十路を境に潔癖なマルクス主義者から、ヒューマンの原郷を...

南京大学の卒業式=2007年6月(Getty Images)
2007.06.28
中国人学生、共産主義よりお金が好き=米紙

 【大紀元日本6月28日】米紙「ロサンゼルス・タイムズ」26日のトップ記事として、教育現場における共産主義のイデオロギー教育について報道した。現在の中国で共産主義...

中共はチベット文化を絶滅させようとしていると危惧するダライ・ラマ14世(大紀元/曾妮)
2007.06.16
中共はチベット文化を絶滅させようとしている=ダライ・ラマ14世

 【大紀元日本6月16日】豪州訪問中のダライ・ラマ14世は、メルボルン、クイーンズランドおよびキャンベラを訪問後、6月14日、シドニーでの記者会見で、チベットと中...

^