大紀元時報
トップ 中共ウイルス
中共ウイルス
閆麗夢博士(右)は7月31日、スティーブ・バノン氏の時事番組「ウォールーム」に出演し、中国高官はヒドロキシクロロキンを服用していると明らかにした(スクリーンショット)
2020.08.03
<中共ウイルス>米亡命の中国人研究者、「中国高官は予防でヒドロキシクロロキンを服用」

米国に亡命した中国人ウイルス研究者、閆麗夢(えん れいむ)博士はこのほど、中国高官は中共肺炎(新型コロナウイルス感染症、COVID-19)の発症を予防するのに、抗...

武漢市協和病院のウェブサイト(スクリーンショット)
2020.07.30
武漢市女性看護師が自殺、「PCR検査のサンプル採取を強要」と上司を告発

中国武漢市の協和病院の女性看護師が7月29日、勤務先で飛び降り自殺を図り、死亡した。看護師は生前、上司が中共ウイルスの治療にあたる看護師に適切な保護措置を施さなか...

チャイナ・エア・ラインの飛行機(LAURENT FIEVET/AFP via Getty Images)
2020.07.30
「中国の航空会社ではない」 台湾立法院、チャイナエアラインの社名変更議案可決

台湾の立法機関「立法院」7月22日の臨時会議で、民進党が提出したチャイナエアライン社名変更議案は可決された。中国の会社と誤解されないためだ。

核酸検査を受ける北京天通苑の住民(大紀元)
2020.07.29
<中共ウイルス>北京最大の団地で感染者を確認 

大連市を発生源とする中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染はすでに9都市まで拡大し、数十万人が生活するアジア最大の団地として知られる北京の天通苑からも感染者が出...

ネットユーザーによると、大連市内の各地のPCR検査所に市民が長蛇の列をつくった(スクリーンショット)
2020.07.27
中国大連市で感染拡大、PCR検査に長蛇の列

中国遼寧省大連市では7月23日以降、水産品加工企業、凱洋世界海鮮公司の従業員を中心に、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染が拡大している。市当局は24日、「戦...

武漢ウイルス研究所。2020年4月17日撮影(Photo by HECTOR RETAMAL/AFP via Getty Images)
2020.07.27
中国武漢ウイルス研究所、パキスタンで「秘密研究」=豪メディア

豪メディア「The Klaxon(クラクソン)」が7月23日に掲載した調査報告書によると、中国当局とパキスタン政府は、西側諸国とインドへの対抗措置の一環として、3...

在ヒューストン中国総領事館(Wikipediaより)
2020.07.24
ヒューストン総領事館閉鎖 米エネルギー企業への妨害が一因=報道官

米国内報道によると、米トランプ政権のテキサス州のヒューストン中国総領事館閉鎖命令は、共産党が米エネルギー企業を標的にした妨害活動が一因だとした。

2020.07.24
【紀元曙光】2020年7月22日

(前稿より続く)本稿の冒頭(7月18日)で触れた台湾の蔡英文総統も、中国共産党に堂々と対峙する、世界の模範となる政治家といってよい。

米政府は7月22日、在ヒューストン中国総領事館に対して閉鎖を命じた(MARK FELIX/AFP /AFP via Getty Images)
2020.07.23
米の中国総領事館閉鎖 スパイ活動のほか「米への敵対行為」が原因か

米国務省のオルタガス報道官は7月22日、米政府がテキサス州ヒューストンの中国総領事館に対して、72時間以内に閉鎖するよう通告したことを明らかにした。報道官は声明で...

ヒューストンの地元メディアによると、現地時間21日午後8時(日本時間22日午前10時)中国総領事館で書類を焼却する際、火災が発生した(スクリーンショット)
2020.07.22
米、在ヒューストン中国総領事館に閉鎖命令

米テキサス州ヒューストン市にある中国総領事館は、米政府に72時間以内に閉鎖するよう命じられたことがわかった。中国政府系メディア環球時報も22日の報道で認めた。

7月16日、ウルムチ市人民医院でPCR検査を受けるために市民が長蛇の列を作った(スクリーンショット)
2020.07.22
<中共ウイルス>新疆ウルムチ市で感染拡大、結婚披露宴でクラスターか 千人参加

中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市は7月18日、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染者急増で「戦時状態に入った」と宣言し、感染防止対策を強化すると表明した。市民...

「ボイコット中国」と書かれたマスクを着けているインド市民(SAJJAD HUSSAIN/AFP via Getty Images)
2020.07.21
インド系米国人「打倒中国共産党」、中国大使館の前で抗議

インド系米国人はこのほど、首都ワシントンDCにある中国大使館の前で抗議活動を行ったことが明らかになった。抗議者は、中国当局が中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感...

2020年4月8日、中国江西省南昌市にあるマスクメーカーの工場で従業員が作業している(STR/AFP via Getty Images)
2020.07.20
中国マスク企業が豪市場から相次ぎ撤退 品質検査の発表受け

オーストラリアがマスクの品質調査を始めてから、約200以上の販売業社が自ら医療用品販売登録を取り消したことがわかった。その多くは中国メーカーだという。

2020.07.16
【紀元曙光】2020年7月16日

芥川龍之介の『杜子春』。仙人になることを望む杜子春に、師である鉄冠子は「何を見ても、決して声を出してはならぬ」と厳命する。

ヨルダンで足止めになった中国国民は6月末、同国の中国大使館前で請願活動を行った(情報筋が提供)
2020.07.15
コロナで帰国できぬ中国人ら、中東の中国大使館前で請願活動

中国当局は現在、海外からの中共ウイルス(新型コロナウイルス)の持ち込み、いわゆる「輸入型感染」を懸念して、外国に滞在する自国民の帰国を厳しく規制している。このほど...

2020.07.15
【紀元曙光】2020年7月15日

諸行無常。日本は今、大きな不安のなかにあるが、心静かに、慌てず、できる努力を皆でやっていこう。

2020.07.15
【紀元曙光】2020年7月12日

中国に対する日本人の意識は、確かに以前とは変わった。

2020.07.15
【紀元曙光】2020年7月11日

しかしながら、この物語は、中国においても、民の苦しみを顧みず暴政を行うものは、必ず自らを亡ぼす、という。

中国当局が設置した香港出先機関「国家安全維持公署」の事務所(宋碧龍/大紀元)
2020.07.13
<中共ウイルス>香港で感染者急増、専門家「遺伝子変異で感染力高まる」

中国当局が7月1日、香港での統制を強化する「国家安全維持法」を施行した後、7日から12日まで香港での中共ウイルス(新型コロナウイルス)の新規感染者数が180人以上...

アメリカに亡命した香港大学の閻麗夢博士(スクリーンショット)
2020.07.12
香港大の女性ウイルス研究者が米に亡命 「中共ウイルスの真実を明らかに」

香港大学の女性ウイルス研究者は4月、香港を脱出し、米国に亡命したことが分かった。同研究者は7月10日、米フォックスニュースの取材を受け、亡命は「中共ウイルス(新型...

2020.07.09
【紀元曙光】2020年7月8日

東京都知事選挙。当落だけで言えば、分かっていた通りの結果だった。

中共ウイルス(新型コロナウイルス、Sars-Cov-2)の立体構造(www.cdc.gov)
2020.07.07
<中共ウイルス>中国研究者が7年前に類似ウイルスを発見=英紙

英紙サンデー・タイムズが7月4日発表した調査報告は、中共ウイルス(新型コロナウイルス、Sars-Cov-2)の起源について新たな疑問を投げかけた。

2020.07.05
【紀元曙光】2020年7月3日

あの巨大な雹(ひょう)は一体何だ。

大紀元が入手した内部文書によると、北京と河北省は、ウイルス感染第2波を隠蔽している(GettyImages)
2020.07.03
<独自>北京と河北省、ウイルス感染状況を隠蔽か 内部文書を入手

このほど、大紀元は、中共ウイルス(新型コロナウイルス、COVID-19)患者を治療するための北京市内で唯一指定された病院から内部文書を入手した。それによると、北京...

2020年6月25日、中国北京市で中共ウイルス(新型コロナウイルス)の形をしたひょうが降った(微博より/大紀元合成)
2020.06.26
中国北京市、「新型コロナひょう」が話題に

中国北京市気象局は6月25日午後、雷注意報を発令し、市内一部の地域で激しい雨や強い風に見舞われると注意喚起をした。午後3時以降、北京市民は、中国版ツイッターの微博...

中国北京市にある中南海の一角(Mark Schiefelbein-Pool/Getty Images)
2020.06.26
<中共ウイルス>「チャイナ・セブンは今どこ?」感染拡大の北京で憶測飛び交う

6月11日、中国北京市の食品卸売市場で中共ウイルス(新型コロナウイルス)の集団感染が発生してから、市政府は学校の閉鎖や移動規制を実施し、市内の大半の地域で都市封鎖...

6月22日午後3時頃、海淀区四季青鎮では地元住民や宅配便会社の従業員らは、PCR検査を受けるために集まった(大紀元)
2020.06.23
北京市、臨時医療施設の建設を加速・PCR検査を強化、感染再拡大に備えるか

6月11日、食品卸売市場で中共ウイルス(新型コロナウイルス)の集団感染が確認された中国北京市政府は、感染情報を外部に漏えいしないよう各部門に要求し、また、今後のさ...

習近平国家主席は6月17日、アフリカ諸国の首脳とのテレビ会議で、中共ウイルスのワクチンをアフリカ各国へ優先的に提供すると明言した(PHILIP FONG/AFP via Getty Images)
2020.06.22
<中共ウイルス>中国、ワクチンをアフリカ諸国へ優先的に提供 市民から批判の声

中国国営中央テレビは6月19日、中国国内で開発が進められている中共ウイルス(新型コロナウイルス)のワクチンについて、「3種類のワクチンが、3段階の臨床試験のうちの...

中印国境地帯で通話をしているインド軍の兵士。参考写真(DESHAKALYAN CHOWDHURY/AFP via Getty Images)
2020.06.18
中印国境衝突 専門家「戦争の可能性が低い」 米印関係や中共肺炎が背景に

中国軍とインド軍は6月16日、インド北部ラダックの国境地帯で衝突し、インド側の発表ではインド軍の将校や兵士20人が死亡した。中国軍は死傷者の数を公表していない。専...

スイス金融大手UBSの最新調査によれば、76%の企業が中国から他国への生産移管を検討している(AFP)
2020.06.17
UBS最新調査、約8割の企業が中国からの生産移管を計画

スイス金融機関UBSの調査によると、中国で製造業を営む企業の財務責任者の76%が、中共肺炎(新型コロナウイルス)のパンデミックで、生産の一部を中国から他国に移管す...

^