大紀元時報
トップ 教育
教育
2007.02.23
乙女への挽歌『子守学校』(2)

 【大紀元日本2月23日】今の子どもたちは、どんな子守唄を聴いて育っているのでしょうか?そもそもお母さんは、子守唄を唄って上げているのでしょうか?ひょっとしたら、...

「小さい子供が子守する」(かるた)
2007.02.10
乙女への挽歌『子守学校』(1)

 【大紀元日本2月10日】江戸の子守唄(東京)ねんねんころりよ おころりよ坊やはよい子だ ねんねしなねんねの子守は どこへ行ったあの山こえて 里へ行った里のお土産...

橋詰せみ郎園長「肖像画」(室町幼稚園提供)
2007.01.25
未来への伝言『家なき幼稚園』(4)

 【大紀元日本1月25日】 作詞・野口雨情、作曲・藤井清美 踊り指導・島田豊 《童謡盆踊》 京都東山兎の子なら お月さま見てはねて来な オヤピョン オヤピョン...

昔日の面影残す改修後の白鹿洞書院(台湾文昌国小学校提供)
2007.01.14
中国「宋代四大書院」白鹿洞書院掲示の教え③

 【大紀元日本1月14日】朱子が漢詩『偶成』に託した「少年老い易く、学成り難し。一寸の光陰、軽んず可(べ)からず」の一節は、勧学を諭したコンパクトな言葉として、日...

2007.01.12
未来への伝言『家なき幼稚園』(3)

 【大紀元日本1月12日】初代園長・橋詰せみ郎の人となり せみ郎という一風変わった名前は、蝉のような声で止まらずに喋る自分に名付けた、自戒のユーモアでした。明治4...

何仲柯さん、蘇誹雲さん夫婦と4人の子供たち(写真:福音見証ネットより)
2007.01.11
4人の子どもを天才にした夫婦、育児の秘訣を語る

中国福建省の何仲柯さんと蘇誹雲さん夫婦には子供が4人いる。それぞれ9歳、10歳、14歳と13歳でアメリカ・シアトルのワシントン大学に入学し、そして皆優秀な成績で卒...

2006.12.30
未来への伝言『家なき幼稚園』(2)

 【大紀元日本12月30日】大正から昭和初期にかけて、特に1920年代(大正9年―昭和4年)は、日本の「子ども」が発見された時代でした。 大正7年、宝塚音楽歌劇学...

白鹿洞書院旧跡(台湾文昌国小学校提供)
2006.12.27
中国「宋代四大書院」 白鹿洞書院掲示の教え②

 【大紀元日本12月27日】白鹿洞(びゃくろくどう)書院掲示は、朱子の教えを初学者のために、分かりやすく要約したものである。書院掲示の最初に掲げられた5教「父子に...

2006.12.25
中国語、米小中学校で大人気

 【大紀元日本12月25日】中国語はすでに米国内の小中学校で人気科目になっている。多くの米国人家庭が子供に小さい時から中国語を学習して欲しいと願い始めた。これは最...

2006.12.21
【夢かなえ】若手教師奮闘記:子は大人の鏡

 【大紀元日本12月21日】けなされて育つと、子どもは人をけなすようになるとげとげした家庭で育つと、子どもは乱暴になる 不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる...

2006.12.15
未来への伝言『家なき幼稚園』(1)

 【大紀元日本12月15日】大坂で歌われた橋詰せみ朗作詞・山田耕筰作曲の「家なき幼稚園」の園歌が残されています。 天地のあいだが おへやです 山と...

盧山山頂の風景(Escape Artist.com提供)
2006.12.15
中国「宋代四大書院」白鹿洞書院

 【大紀元日本12月15日】中国の宋代、四大書院と呼ばれる教育施設が時代の知を率いていた。中でも白鹿洞書院は中国最初の最高学府として盛名を轟かしていた。 太宗(宋...

石井昌浩氏
2006.11.23
「9.21判決は、戦後団塊世代の象徴」=前国立市教育長・石井昌浩氏

 拓殖大学客員教授・前国立市教育長の石井昌浩氏は19日、世田谷区内の下馬地区会館にて「国旗・国歌問題について考える」という演題で講演を行い、先の「9.21判決」に...

幼い息子を連れて三輪車で移動する出稼ぎ労働者(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
2006.11.06
北京:出稼ぎ民工子弟学校の強制閉鎖

 【大紀元日本11月6日】国際人権保護団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」によると、北京当局は9月に、50余りの「不法」と言われる出稼ぎ労働者の子どもが通う学校を...

2006.11.02
教育コラム【夢かなえ】―若手教師奮闘記

 【大紀元日本11月2日】さわやかな秋風の吹く季節、小学校の同級生の香里ちゃんと真美ちゃんは、いつものように一緒に遊んでいます。 ところがある日、香里ちゃんが「先...

講演する明星大学教授・高橋史朗氏(大紀元)
2006.11.01
明星大学教授・高橋史朗氏「教育現場を再生しないと、この国は内部から崩壊する」

 【大紀元日本11月1日】「続・親学のすすめ」、「親と教師が日本を変える」などの著作で知られる埼玉県教育委員、師範塾・埼玉師範塾理事長で明星大学教授・高橋史朗氏が...

「新しい歴史教科書を作る会」小林正会長
2006.10.25
東京地裁「9.21判決」、東京都民ら弾劾集会

 【大紀元日本10月25日】「東京地裁の9・21判決を弾劾する都民集会」が24日、東京都議会議事堂第一会議室で開かれ、「新しい歴史教科書を作る会」の小林正会長が基...

気功修煉「法輪功」が中国本土で迫害を受けている写真パネルを掲げる香港の法輪功愛好者=2006年4月、香港で(MIKE CLARKE/AFP/Getty Images)
2006.09.17
米国務省06年宗教の自由報告書: 中国8年連続「特に懸念すべき国」

 【大紀元日本9月17日】米国務省は9月16日、2006年宗教の自由国際報告書を発表した。報告書の中で、中国は「特に懸念すべき国(Countries of Par...

2006.07.25
子供の心を育てるために

 【大紀元日本7月25日】これは、現代社会ではちょっと珍しいことだが、現実に中国であった話である。主人公の李文さんは、重慶沙坪バのある文科系高校の卒業生である。今...

2006.07.24
高額な入学金が徴収される中国の義務教育

 【大紀元日本7月24日】中国でも国によって小学校から中学校までの一貫した義務教育制度が実施されている。しかし、実際には、高額な学費や教材費、各種名目の雑費が徴収...

米大学卒業生(Getty Images 2006-5-3)
2006.06.22
米大学教育年度報告:男子に追いついた米国人女子学生

 【大紀元日本6月22日】米国の年度教育統計報告によると、大学教育における生物学や商業分野など、これまで男子が多く占めてきた領域において、現在では女子が半分以上を...

2006.05.16
七歳の中国人子ども:「生きることは辛いんだ。彼女を助けてどうするの」

 【大紀元日本5月16日】「生きることはこんなに辛いんだ。彼女を助けてどうするの」と劉輝(リュウキ)君は言った。 中国紙「揚子晩報」4月27日付けの報道によると、...

2006.01.01
外国人が驚く中国の真実

 【大紀元日本1月1日】外国の人々が聞けば驚く、中国の真実が次の50項目に纏めて報道された。博訊ネットが伝えた。 1. 国民収入は欧米諸国の国民に比べて数十分の一...

2005.11.14
農民の増収は厳しい情勢 温家宝が直面する地雷陣

 【大紀元日本11月14日】亜州時報10月の報道によると、農民権益問題に関する中央政府と地方集団の衝突の中、今年の農民の増収動向は極めて厳しい状況にある。温家宝総...

2005.09.10
中国の教育現場は金次第、賄賂が横行

 【大紀元日本9月10日】近年、中国の小中高校で、費用の不正徴収が横行し、大きな社会問題となり、中国各界から強い関心が寄せられているという。この問題について、米国...

2005.07.07
【写真報道】中国教育事情: 学費を払えない女児

 【大紀元日本7月7日】大方県将軍山小学校で、十歳の女の子が、学費を支払えないため、教育を受けられず、一年生の教室の外から、授業を立ち聞きするしかない。 大方県大...

とても疲れるけど、授業料を貯めることができれば…
2005.05.23
自分の手で授業料を稼ぐ子供たち

 【大紀元日本5月23日】全国政治協商会議第10期第三回会議のリーク情報によると、全国機関の交通費、接待費、海外研修費は年間それぞれ3000億、2000億、250...

^