大紀元時報
トップ 漢方
漢方
Andy Wright/Flickr
2014.03.13
食を彩る色と健康

【大紀元日本3月13日】漢方医学では、五色と五臓は対応していると考えられています。白は肺、赤は心、黄は脾、青は肝、黒は腎です。最近では栄養学の領域でも、食品や環境...

Pieter van Marion/Flickr
2014.02.05
【医学古今】 月の満ち欠けと鍼灸の補瀉

【大紀元日本2月5日】月の満ち欠けは潮位に影響しているので、海の仕事に携わっている人たちは常に注意しなければなりません。一方、月に満ち欠けは、鍼灸治療とも強く関係...

Odyssey/Flickr
2014.02.03
古人の知恵 薬用風呂

薬用風呂は、古人の知恵の結晶であり、生薬と温浴の効果を合わせて、さまざまな病気に安全かつ有効な治療効果を発揮します。健康維持の養生法としても効果的です。

liz west/Flickr
2013.12.24
【医学古今】 慢性蕁麻疹(じんましん)の鍼灸治療

【大紀元日本12月24日】長年、蕁麻疹に悩まれている患者さんがいます。抗アレルギー剤で一時的に改善しますが、薬を飲まなければ再発します。このような患者さんは漢方か...

Elroy Serrao/Flickr
2013.11.04
頻尿症に効く漢方生薬 覆盆子

【大紀元日本11月4日】覆盆子(ふくぼんし)は、バラ科掌葉覆盆子(ゴショイチゴ)の果実で、性質は微温、味は甘、酸で、益腎、固精、縮尿の作用があり、腎虚の陽萎、遺精...

Puamelia/Flickr
2013.10.08
【医学古今】 秋の風邪に漢方医学

【大紀元日本10月8日】風邪なら葛根湯と思っている方は多いと思います。しかし、これは漢方医学の考え方ではありません。漢方医学で風邪を治療する場合、少なくとも季節の...

Chris West/Flickr
2013.08.21
【医学古今】 頻尿の鍼灸治療

【大紀元日本8月21日】頻尿は高齢者によく見られる臨床症状の一つです。現代医学では、この症状を主に膀胱の機能状況を考えて治療しますが、漢方医学では、主に腎の機能状...

(AC/Flickr)
2013.05.09
【医学古今】 狭心症に漢方療法

【大紀元日本5月9日】狭心症(きょうしんしょう)とは、心臓の筋肉に酸素を供給している冠動脈の異常(動脈硬化、攣縮など)による一過性の心筋の虚血のため、胸痛や胸部圧...

煉功の様子
2013.04.03
春の養生法

【大紀元日本4月3日】季節によって臓腑機能も変化します。2年前の漢方医学の古典『黄帝内経・四気調神大論』は、これに合わせて養生するよう記しています。 それによると...

(Martin Cathrae/Creative Commons)
2012.10.03
【医学古今】 栄養学と食養生

【大紀元日本10月3日】栄養学は現代医学の食事指導の基本理論です。栄養の過不足によって起きた健康問題は、この理論に基づいて指導すれば効果が得られます。しかし、原因...

2012.09.24
着色、重量増し、異物混入 「ニセ漢方薬」摘発=安徽省

【大紀元日本9月24日】安徽省亳州市ではこのほど、化学物質で着色、増量した「ニセ漢方薬」を製造する企業が一斉摘発された。そのうち、8社は製造中止を命じられ、12社...

(jimmiehomeschoolmom/Creative Commons)
2012.07.18
【医学古今】 咽喉痛に肝を治す

【大紀元日本7月18日】現代医学では、咽喉痛は肝臓と結び付きにくいのですが、漢方医学では肝の経絡は咽喉部を通って頭頂部に至りますので、肝臓に関連している可能性があ...

kaybee07/Creative Commons
2012.06.20
【医学古今】 漢方と美容

【大紀元日本6月20】漢方美容法は、顔の症状以外に内臓機能を確認したうえで行えば、より効果が得られやすくなります。同じ症状であっても、臓腑機能の状況が違えば、異な...

Oceanaris/Creative Commons
2012.05.09
【医学古今】 便秘症の標治と本治

 【大紀元日本5月9日】漢方医学には、標治と本治の考え方があり、現代医学の対症療法と原因療法に相当します。 標治、つまり対症療法は、一時的に症状を改善することを目...

Kentaro Ohno/Creative Commons
2012.05.02
【医学古今】 酒毒を治療する漢方薬

 【大紀元日本5月2日】お酒は上古の時代に薬として造られました。2千年前の書物『黄帝内経』の記録によれば、上古の時代、人々は心が素朴で徳を重んじ、めったに病気にな...

2012.04.16
中国漢方薬に有毒含有 成分虚偽記載も判明

 【大紀元日本4月16日】中国で作られた漢方薬に有毒物質が含まれており、しかも成分表示に虚偽があることが、このたび明らかになった。 最近、オーストラリア税関は大量...

(Alexandralee/Creative Commons)
2012.03.21
【医学古今】 春の憂鬱、鍼灸で退治

 【大紀元日本3月21日】春は陽気が上昇し、気分も浮き浮きして明るくなります。しかし、この時期に不安、不眠、憂鬱になる人もいます。このような患者は、漢方医学から見...

(TANAKA Juuyoh/Creative Commons)
2011.11.09
【医学古今】 加齢現象と漢方医療

 【大紀元日本11月9日】「年には勝てない」と、よく言われるように、年齢を増すとともに、体にもそれなりの変化が現れます。女性は、生理の変調など更年期の現象で加齢が...

2011.11.02
【医学古今】 体質改善

 【大紀元日本11月2日】体質改善という言葉は、漢方治療の時によく使われます。つまり、漢方治療は症状を抑えることより、症状が生じた体質の状況を改善し、より根本的に...

2011.10.12
【医学古今】 見えない経絡の実体

 【大紀元日本10月12日】現代医学の解剖学では、網のように全身に張りめぐらされている血管と神経を見ることができます。しかし、漢方医学に記載されている経絡の存在は...

(大紀元資料)
2011.09.28
【医学古今】 身体にある命の門 命門穴

 【大紀元日本9月28日】命門(めいもん)とは、背中の第2腰椎と第3腰椎の棘突起の間(ほぼ腰背部の真中)にあるツボの名前です。命の門という名前の由来について、書物...

生薬を売る店(SAM YEH/AFP/Getty Images)
2011.08.27
漢方の生薬 大幅な値上げ=中国

 【大紀元日本8月27日】漢方医学の本場である中国では近年、漢方生薬の市場価格が大幅に上昇している。生薬の品目によっては、末端価格が数倍に上昇したものもある。大幅...

緑豆湯
2011.08.22
暑気払いに食養生

 【大紀元日本8月22日】暑い夏には冷たいものを食べ過ぎる傾向があります。しかし、夏は胃腸機能が弱くなる時期なので、お腹が冷えすぎると身体の陰陽のバランスが崩れ、...

気功で健康に(ウィキペディアより)
2011.04.01
心の持ちようで病気を克服

 【大紀元日本4月1日】健康な体は何ものにも代え難いもの。病気を予防し、治療するためには西洋医学の逆症療法(アロパシー)、東洋医学の漢方、気功など様々な方法があり...

(新唐人より)
2010.09.28
【漢方の世界】口臭―根元から治し口臭におさらば

 【大紀元日本9月28日】人と話していて、ふとこんな不安に駆られることがあるかもしれない。「私の口の臭い、大丈夫だろうか」 そう、口臭は病気とはいえないが、大きな...

ある卸売業者は生薬に直接、硫黄を振りかけている(ネット写真)
2010.09.06
漢方生薬から基準値超過の硫黄が検出=中国

 【大紀元日本9月6日】先日、広州市清平の生薬問屋で行なわれた抜き打ち検査で、13種の生薬のうち、半数以上から1キロ当たり500ミリグラム以上の硫黄が検出された。...

(新唐人より)
2010.08.31
【漢方の世界】 悔い改めこそ、問題の鍵?

 【大紀元日本8月31日】今回のカルテの主人公は、手首の激痛を訴える患者。彼はスプーンを持ち上げられないほどの深刻な手首の痛みに悩んでいた。そこで、いやいやながら...

正見ネットに掲載された『医山夜話』のデジタル版
2010.08.22
心から病を診る『医山夜話』連載にあたって

2004年に台湾の益群書店より『医山夜話』が出版された。これは、漢方医が患者と共にどのようにして多くの不思議な病を治したかを綴った実話集である。病気と聞くと、人々...

(新唐人テレビより)
2010.05.11
【漢方の世界】歯痛(一) ツボ押しで歯痛が和らぐ

 【大紀元日本5月11日】「歯痛は大した病ではなくとも、痛くなると死ぬほどつらい」。こんな言い方があるように、歯痛は実に大変なつらさだ。恐らくこんな時、すぐに駆け...

2009.08.17
漢方と武術

 【大紀元日本8月17日】中国の伝統医学は悠久の歴史と奥深い学識があり、中国の武術は遥かに遠い源流と完備した理論がある。二者は生命の原理と医療の技術の面において通...

^