大紀元時報
トップ 神韻
神韻
(写真/牛彬)
2020.02.02
神韻京都公演
重要無形文化財保持者「舞台から神の力が伝わってくる」

昨年12月25日からはじまった神韻日本ツアーもいよいよ最後の京都公演となった。当地で行われる3公演はほぼ札止め。神韻芸術団は中国古来の雰囲気を色濃く残す京都で伝統...

(写真/牛彬)
2020.01.30
神韻日本公演
神韻東京公演 最終日 会場に響き渡る惜しみない拍手

3日連続札止めの東京公演も最終日を迎えた。団員たちの演技もますます冴え渡り、観客から惜しみない拍手が送られた。取材の中で「また来年も来ます」という声も多く聞かれた...

(写真/牛彬)
2020.01.30
神韻日本公演
神韻東京公演「未来に向かっていく中国を感じた」

しなやかで力強い洗練された舞踊、鮮やかな色彩に目を奪われる美しい衣装、新しい響きなのにどこか懐かしさを感じさせる音楽。連日、札止めの神韻東京公演は2日目を迎えた。...

2020.01.10
【紀元曙光】2020年1月10日

神韻日本公演を見てきたが、その感想や説明をここには書けない。どんな言葉を連ねても、あの輝くような舞台を見た心の昂ぶりを表現することはできないからだ。代わりに、筆者...

牛彬/大紀元
2020.01.06
神韻京都公演
満場の神韻京都公演 「日本のルーツをさかのぼっていくと中国にいく」

まだ街に新春の静けさが残る京都で3日、神韻京都公演が開催された。昨年の新春公演でも盛況だった京都公演、今年も開演前からほぼチケットが売り切れ、入口付近に設置された...

( 29日は満員御礼、30日も満場だった神韻広島公演。閉幕してからも観客の拍手が鳴り止まない    撮影/牛彬)
2019.12.31
神韻広島公演
7年ぶり満場の広島公演、閉幕後にも鳴り止まない拍手

7年ぶりの公演となった広島公演。29日、30日と行われた公演は満席となった。広島での公演をずっと長い間待ちかねていた人、また山口、岡山や山陰から来場した人も少なく...

神韻2020世界ツアーが始まった。日本ツアー最初の公演地である名古屋は満席となった(大紀元)
2019.12.27
神韻名古屋公演「人がこの世に来た意味を表現している」

中国伝統文化の復興を掲げる米ニューヨーク発の神韻芸術団は25日から27日まで、名古屋の愛知芸術センターで舞台を披露した。夜の公演は満席となった。観客は、まもなく終...

12月22日、名古屋空港に到着した神韻芸術団(大紀元)
2019.12.23
神韻芸術団が日本到着 クリスマスに名古屋公演

米国ニューヨークから来た神韻芸術団が12月22日、名古屋に到着した。一団はクリスマスイブの12月24日から年末、正月、旧正月のホリデーシーズンに、日本の9つの都市...

新春の祝賀を告げる神韻2020日本ツアーがいよいよ始まる。写真は2019年1月、京都ロームシアターでの公演(大紀元)
2019.12.21
新春告げる神韻2020日本ツアー いよいよ始まる

世界中の劇場で中国伝統舞踊を披露する神韻芸術団は、いよいよ2020年世界ツアーを始動させる。アジアツアー最初の訪問地である日本では、12月25日名古屋でのクリスマ...

袖の舞、2019神韻芸術団公演より (Shen Yun Performing Arts)
2019.11.26
中国共産党が神韻を恐れる理由

神韻がスピリチュアリティに満ちた真の伝統文化を紹介することで、中国の人々は自分の文化と再び繋がりを持てるようになったとレミッシュ氏は話した。

アカデミー賞で演奏を披露するQUEENのギタリスト、ブライアン・メイさん(Kevin Winter/Getty Images)
2019.05.23
神韻
台湾前行政院長・頼清徳氏が中国伝統美の舞台を鑑賞

伝説的なロックバンドのギタリストで、作曲家のブライアン・メイさんは、このほどロンドンで、中国伝統舞踊と音楽の復興を掲げる神韻芸術団の舞台を妻で女優アニータ・ドブソ...

2月4日、神韻福岡公演を鑑賞した冨森一義さん(余鋼/大紀元)
2019.02.07
現代の中国とは全く違うすばらしい文化 神韻福岡公演

しなやかで力強い洗練された舞踊、鮮やかな色彩に目を奪われる美しい衣装、新しい響きなのにどこか懐かしい音楽。中国伝統文化の素晴らしさを伝え全世界で絶賛される神韻公演...

日本の芸術家たちを驚嘆させた神韻芸術団(ShenYun.com)
2019.01.31
有名作曲家、会場を震わすソプラノ歌手の美声に驚嘆=神韻東京公演

米国の一流興行専門家も感銘を与えてきた神韻芸術団は、文化芸術に造詣の深い日本の芸術家たちにも、インスピレーションをもたらした。

(ShenYun.com)
2019.01.30
中華文化の復活 満場の東京公演、感動もたらす

ニューヨーカーやパリジャンを驚嘆させた中華伝統芸術の復活を掲げる神韻芸術団。舞台上で披露する短編劇の多くは中国古典を元に作成され、人の善良さや忠義、高徳などをモッ...

神韻プリンシパル・ダンサー、小林健司さん。2016年、新唐人テレビ主催の中国伝統舞踊大会、青年男子部門で優勝した演技(ShenYun.com)
2019.01.28
日本生まれの神韻プリンシパル・ダンサー、小林健司さん 好きな演技は意外にも

明媚な景観、豊かな伝統文化、清潔な環境、舌鼓を打つ料理-。公式ホームページによると、毎年、世界巡回公演を行う神韻芸術団の団員が訪れるのを楽しみにしている国は、日の...

神韻芸術団のプロモーションビデオ(ShenYun.com)
2019.01.23
「普段泣かない私も泣いた」心に響く二胡の演奏も 神韻の舞台

北米とパリ公演を成功を修めてきた、中国伝統の芸術を総合的に演出する神韻芸術団。2月中旬まで日本ツアーを展開する。1月22日オリックス劇場での大阪公演では、往年の女...

神韻公式のプロモーションビデオ(ShenYun.com)
2019.01.23
人を動かす内なるものとは? 自問自答を促す芸術舞台、神韻

「俳優として芸能者として、非常に感動しました」俳優マシュー・フリン氏は1月15日に初めて、中国文化の復興を掲げる神韻芸術団の公演をリンカーン・センターのデビッド・...

2019.01.21
中国伝統文化と日本(二)

華やかな唐(618~907)の前に、隋(581~618)という短いながらも興味深い時代があった。

宇治・萬福寺を開山した明僧、隠元禅師(ウィキペディア)
2019.01.21
中国伝統文化と日本(三)

中華五千年の歴史には及ぶまいが、日本も神武天皇以来、2千数百年の歴史をもつ。 短い歴史ではない。ただ、日本に漢字がもたらされたのが5世紀から6世紀とされているので...

神韻公演の演目は、中国伝統文化の徳目を具現した内容になっている(大紀元)
2019.01.21
中国伝統文化と日本(一)

東アジアの海の上という、おもしろい位置に日本がある。「おもしろい」と言ったのは、大国である中国の隣国の一つでありながら、海を隔てているせいか、その影響の受け方が地...

epochtimes
2019.01.20
神韻へのいざない
救国の英雄 岳飛

岳飛 (1103-1142年)は、中国で最も讃えられる武将の一人です。北宋の末に生まれ、戦での勝利だけでなく、自己を律した 道徳の高さでも知られています。古代の伝...

epochtimes
2019.01.20
神韻へのいざない
党文化

どの政権または政治制度も、ある種の文化や理念に支えられているものです。例えば、董仲舒(紀元前2世紀)は、統治者と高官が儒教の道徳観に基づいて司政にあたる「仁政」と...

epochtimes
2019.01.19
神韻へのいざない
文化大革命

ここ数十年にわたり、中国では実に幅広い運動が行われました。西洋で社会運動と言うと、抑圧に対して自由や正義のために立ち上がることを連想されることでしょうが、ここ数十...

2019年神韻京都公演(大紀元)
2019.01.19
神韻京都公演 日本彫刻界の第一人者「アンサンブルが素晴らしい」

しなやかで力強い洗練された舞踊、鮮やかな色彩に目を奪われる美しい衣装、新しい響きなのにどこか懐かしい音楽。中国伝統文化の素晴らしさを伝え全世界で絶賛される神韻公演...

黒松の井戸(大道 撮影)
2019.01.19
【ぶらり散歩道】--広島編-- 黒松の井戸

標高575mの山頂付近から東広島の街並みが一望できる龍王山。その伏流水が10年から15年といわれる時間をかけて、ゆっくりと西条・酒蔵通りの地下の岩盤へとしみ込んで...

epochtimes
2019.01.17
神韻へのいざない
誤解5:伝統文化が中国の科学の発展の足を引っ張ってきた

21世紀から古代中国を見ると、今と比べて社会は後退し、世界から取り残されているように見えるかもしれません。しかし、実際はその逆だったのです。

epochtimes
2019.01.17
神韻へのいざない
誤解4:古代中国は遅れていて、専制的だったのでは?

秦の時代(紀元前221-206年)、皇帝は中国最高の統治者となりました。古代中国の文化には、憲法はありませんでしたが、儒教思想が権力を抑制する役割を果たしました。...

2019年神韻京都公演(余鋼/大紀元)
2019.01.17
神韻を鑑賞した陶芸家「唯一無二のダンス」

ニューヨークでの17公演を満席完売で終えた神韻芸術団は、16日から日本公演をスタートさせた。京都公演では伝統芸能に関心を寄せる人々に深い感動を与えた。

三世代で神韻を鑑賞したヘッジパス一家(NTD)
2019.01.15
愛する人と見る舞台 親子三世代で神韻を観劇

年次世界ツアーを開催中の神韻芸術団(以下、神韻)は、ニューヨークで高い芸術や技術の高評を得て、リンカーンセンターでの全公演を完売させた。古典芸術を現代に蘇らせた神...

Getty Images
2019.01.14
神韻へのいざない
康熙帝の逸話:若き皇帝とオボイの対決

康熙帝(こうきてい)はかつて「自分はこれまでの統治者のなかで、最長の統治者となるのだろうか」と記しています。 17世紀半ばから、康熙帝は中国を61年間統治しまし...

^