大紀元時報
トップ 臓器狩り
臓器狩り
元中国軍部病院実習生が暗幕の中の「臓器狩り」を証言(大紀元)
2015.03.09
【独占報道】元中国軍部病院実習生が証言 暗幕の中の臓器収奪

阿鼻叫喚の中国「臓器狩り」の詳細が体験者により明かされた。中国軍医学校の元卒業生と名乗るジョージさん(仮名)は、臓器摘出に係わった体験を大紀元に語った。軍の護衛と...

カナダ議会外交委員会直轄、国際人権委員会の公聴会、2014年10月21日 (大紀元)
2015.02.09
臓器狩り停止の請願書、ホワイトハウスが回答「重く受け止める」

【大紀元日本2月9日】在外法輪功学習者や支持者による中国の非人道犯罪「臓器狩り」中止を求める米国政府宛て請願について、米国オンライン請願サイトは1月30日、回答し...

死刑囚臓器利用の疑惑が晴れるまで、長春大学との提携を中止するとカナダ・ラヴァル大学は決定。写真は地元紙「ル・ソレイユ」。(スクリーンショット)
2014.12.24
カナダ大学、提供臓器問題で長春大学と提携中止 大型病院で「手術練習」

【大紀元日本12月23日】中国吉林省の長春大学と25年の提携関係にあったカナダ・ケベック州のラヴァル大学は、「死刑囚と政治犯の臓器を移植用に使用」との疑いがあると...

中国の臓器狩りを描いたドキュメンタリー映画「ダビデとゴリアテの戦い」のポスター (大紀元)
2014.12.10
中国臓器狩りドキュメンタリー 世界最大のオンライン映画祭で最優秀賞受賞

【大紀元日本12月10日】11月にカナダ・ハミルトン映画祭で獲得した最優秀ドキュメンタリー賞に引き続き、中国の臓器狩りを描くドキュメンタリー映画「ダビデとゴリアテ...

汚職で失脚した初の女性軍幹部、高小燕少将 (ネット写真)
2014.12.05
中国軍大学の少将、汚職で失脚 女性将官で初

【大紀元日本12月5日】中国人民解放軍信息工程大学で副政治委員、紀律検査委員会書記を務める高小燕少将が4日、収賄容疑で軍の検察部門に連行された。習近平体制が腐敗撲...

 邦訳『中国臓器狩り』 (大紀元)
2014.11.21
米団体報告書、「中国の臓器狩りはいまも進行中」

【大紀元日本11月21日】「追査迫害法輪功国際組織(本部・ニューヨーク)」(以下・追査国際)は18日公式サイトで「中国で収容中の法輪功学習者に対する臓器狩りは依然...

チベット人権団体も抗議に参加 ( PETER PARKS/AFP/Getty Images)
2014.11.18
G20出席の習近平国家主席、抗議の嵐に遭う

【大紀元日本11月18日】オーストラリアで開かれたG20サミットを終え、現地時間17日、同国議会を訪れた中国の習近平国家主席。訪問に合わせて、議会前の広場で中国の...

2014.10.31
杭州臓器移植大会、国際組織は欠席 「臓器狩り」再注目

【大紀元日本10月31日】中国臓器移植大会2014(Chinese Transplant Congress)が29日から31日にかけて、杭州市で開かれた。もともと...

公聴会の会場  (大紀元)
2014.10.23
カナダ議会で臓器狩り公聴会 議員ら「証拠は十分だ」

【大紀元日本10月23日】カナダ議会外交委員会直轄の国際人権委員会は現地時間の21日、中国で法輪功学習者を対象とする組織ぐるみの臓器収奪に関する公聴会を開き、2人...

百度で一時閲覧できた同臓器狩りの情報 (ネット写真)
2014.09.05
中国大手ポータルサイト、厳重封鎖の情報一時解禁

【大紀元日本9月5日】中国で江沢民派の勢力が弱まる中、同派が主導してきた法輪功弾圧に関する情報も断続的に解禁されている。国内最大のポータルサイト「百度」では最近、...

新書に関するシンポジウムに参加したイーサン・ガッドマン氏 (大紀元)
2014.08.18
米専門家が中国臓器狩りの暴露本出版 「目を背けないで」

【大紀元日本8月18日】米国で著名なシンクタンクの元研究員、中国問題専門家、そしてジャーナリストのイーサン・ガッドマン氏(Ethan Gutmann)の著書、中国...

 吉林大学 (Getty Images)
2014.08.06
吉林の大学病院長を調査 「臓器狩り」関与か

【大紀元日本8月6日】中国共産党中央紀律検査委員会(中紀委)は「重大な紀律違反」があったとして吉林大学付属第一病院の王冠軍院長の調査を公式サイトで発表した。調査の...

「臓器狩り」のデモンストレーションで同問題を訴える、米国の法輪功学習者たち(大紀元)
2014.08.04
中国警官、市民に血液採取とDNA検査を強制 「臓器狩り」の一環

【大紀元日本8月4日】中国で警官が市民の住宅に押し入り、強制的に血液やDNAの採取をしていることが人権情報サイトの調査で明らかになった。中国で起こる非人道的犯罪、...

欧州評議会の本会議場 (FREDERICK FLORIN/AFP)
2014.07.25
人の臓器の違法取引を禁止する新条約=欧州評議会

【大紀元日本7月25日】欧州評議会の閣僚委員会は9日、人の臓器に関する違法取引を禁止する新たな国際条約を採択した。 条約は、臓器取引の犯罪組織を取り締まる警察の権...

失脚した周永康の元部下、遼寧省瀋陽市検察院の検察長・張東陽 (大紀元)
2014.07.17
周永康の元部下2人、新たに失脚 

【大紀元日本7月17日】江沢民派の重鎮周永康の側近がまたもや失脚した。遼寧省瀋陽市検察院の検察長・張東陽(50)が15日、党籍剥奪と公職解任の処分を受け、司法機関...

選挙不正の容疑で身柄を拘束されたフランスのサルコジ前大統領を例に例え、国営新華社通信は元最高指導者江沢民の取締りをほのめかした (大紀元)
2014.07.07
中国政府系メディア 江沢民の取締りをほのめかす報道 

【大紀元日本7月8日】6月30日に汚職の罪で党籍剥奪と軍事法廷送致が発表された中国軍のナンバー2で党中央軍事委員会の前副主席徐才厚(71)。発表の3日目、中国共産...

2014.06.12
国際移植学会、中国当局の管理に「怠慢」 斡旋サイト発見で

【大紀元日本6月12日】中国国内の生体臓器移植を斡旋していたサイトが、5月のある時点まで存在していたことが明らかになった。そこでは、中国政府が禁止したはずの「海外...

来日講演会でスピーチするデービッド・マタス氏 (大紀元)
2014.06.12
カナダ人権弁護士 著書『中国臓器狩り』発売記念講演

【大紀元日本6月12日】カナダ勲章受章者で人権弁護士デービッド・マタス氏は2日~6日に来日。著書『中国臓器狩り』の日本語版の発売にあわせて、大阪や名古屋、横浜、東...

カナダの人権弁護士デービッド・マタス氏 (Toronto Sta)
2014.05.29
世界臓器移植業界に影響を与える人権弁護士、中国の「闇」と戦う

【大紀元日本5月29日】中国では心臓を13万ドル、腎臓を6万2千ドルで購入でき、移植手術を受けることが出来る。臓器の出所は強制労働収容所や刑務所の収監者で、主に迫...

2014.05.16
北京在住者、海外サイトに「臓器狩り」情報提供で逮捕

【大紀元日本5月16日】中国の収容所で起きている、生きている人から臓器を奪取する「臓器狩り」問題に関する情報を米国拠点の中国語サイトに提供したとして、中国公安当局...

2014.04.16
中国当局、英国との人権対話を拒否 人権レポートが要因か

【大紀元日本4月16日】16日に英国ロンドンで予定されていた英中人権対話について最近、中国当局からの通告で延期されることが明らかになった。中国当局によると、英国政...

谷俊山容疑者 (大紀元合成)
2014.04.01
「軍史上最大の汚職将軍」立件へ 江沢民軍内勢力の瓦解

【大紀元日本4月1日】中国共産党内で汚職容疑をめぐって調査を受けていた中国軍総後勤部の谷俊山・元副部長(中将)は3月31日、軍事裁判所に起訴された。江沢民元国家主...

2014.03.18
中国の大学付属病院も臓器狩りに関与か 医療関係者が証言「年間2000件以上」

【大紀元日本3月18日】法輪功学習者を対象に行われた強制的な臓器移植が中国の有名大学の付属病院で行われていた。在米中国専門家・楊光氏はこのほど、知人の医師からの話...

2014.03.14
中国臓器狩りへの調査要求、決議案が可決=イタリア上院

【大紀元日本3月14日】イタリア上院人権委員会は5日、イタリア政府が中国当局に対して、法輪功学習者を含む良心的な囚人の釈放、臓器狩り事件の調査を求める決議案を全員...

香港クイーン・メアリー病院。左下はデービッド・マタス弁護士(Poon Chai-Shu/大紀元)
2013.12.17
中国臓器狩りの証拠データ 香港クイーン・メアリー病院に極秘保管か

【大紀元日本12月17日】香港のクイーン・メアリー病院は中国の肝臓移植データベースの管理基地であり、そこで保管されているデータは、中国国内で行われている臓器收奪お...

12日、フランスのストラスブールで開かれた欧州議会の会場内(FREDERICK FLORIN/AFP/Getty Images)
2013.12.16
欧州議会 中国「臓器狩り」停止求める決議を可決

【大紀元日本12月15日】欧州議会は12日、中国で起きる強制的な人体臓器の奪取(臓器狩り問題)について、即刻止めるよう中国政府に求める決議を可決した。 会議はフラ...

12月24日に出版される『中国臓器狩り』(大紀元)
2013.12.14
書籍『中国臓器狩り』出版  明かされる法輪功迫害 最大の闇

【大紀元日本12月14日】中国で今も続く「臓器狩り」の実態を、綿密な調査と、詳細な分析で明らかにした単行本『中国臓器狩り』が12月24日、アスペクトより出版される...

10月25日に出版された『中国の移植犯罪 国家による臓器狩り』(大紀元)
2013.11.16
書籍『国家による臓器狩り』出版 暴露される国家犯罪の実態

【大紀元日本11月16日】中国で今も続く「臓器狩り」。その悪魔の所業の実態について告発した書籍『中国の移植犯罪 国家による臓器狩り』が10月25日、自由社から出版...

説明会の現場 (大紀元)
2013.11.14
臓器狩りにノー 世界で80万人署名 英議会で説明会

【大紀元日本11月14日】世界各国の医師が参加する「臓器の強制摘出に反対する医師会」(Doctors Against Forced Organ Harvestin...

2013.11.11
中国当局の圧力に屈した国際メディア 法輪功問題を避ける

【大紀元日本11月11日】ここ21年間、中国にかつてない変化をもたらし、今後は世界にも深い影響を及ぼす一連の重大事件が中国で起きた。その内、最大の事件である法輪功...

^