大紀元時報
トップ 親孝行
親孝行
GettyImages
2020.04.08
継母にいじめられても なお親孝行

閔損(びんそん、紀元前536年-紀元前487年)は、字を子騫(しけん)といい、春秋(周朝)魯国の人。孔子の弟子で、その徳行は顔淵と並ぶほどであった。閔子騫の母は早...

GettyImages
2020.04.03
親孝行
母親思いの6歳の子どもがとった行動とは

東漢のころ、陸績(りくせき)という非常に博識で多才な男性がいました。呉郡呉県(現江蘇省蘇州市)出身で、天文暦学に精通し、「渾天図」を著しました。また、「易経」と「...

GettyImages
2020.04.02
親孝行
自分を殺そうとした父親と弟にとった行動

舜は中国古代の五帝の一人で、姓を姚、名を重華、号を虞氏といい、虞舜と称された。 舜は幼いときに母を亡くした。両目を失明した父・瞽叟(こそう)は後妻を娶り、弟・象が...

Weibo/Viviuko
2020.03.22
夢をかなえた 新郎のいない「結婚写真」

中国のネット上で、ある女性の結婚写真が話題となりました。奇妙なのは、結婚写真のはずなのに、新郎の姿がどこにもありません。その代わり、女性と一緒に写っているのは87...

(Illustration - Shutterstock)
2020.03.15
親の悪行を4歳の子どもが正す

「次世代は愛情の注ぎ方を現世代から学ぶ」。子どもは観察と模倣から物事を学ぶことをご存知でしょうか?愛情と尊敬の念を持って自分の両親に接すれば、子どもも皆さんに対し...

清 焦秉貞耕織図(パブリック・ドメイン)
2020.03.06
中国の昔話:疫病から身を守った男

275~280年頃、河南省でペストが流行し、大勢の人が亡くなりました。 庾衮の2人の兄が亡くなり、もう1人の兄も感染しました。庾衮の両親は感染した息子のために棺桶...

イメージ写真。(王嘉益 / 大紀元)
2020.02.25
恐ろしい疫病にかからない人とは

歴史上で起きた数多くの疫病は、悲惨な結果をもたらし、人々に死の恐怖を与えました。しかしその中でも無事に生き延びた人がいます。

(Illustration - Shutterstock)
2019.08.28
親の悪行を4歳の子どもが正す

「次世代は愛情の注ぎ方を現世代から学ぶ」。子どもは観察と模倣から物事を学ぶことをご存知でしょうか?愛情と尊敬の念を持って自分の両親に接すれば、子どもも皆さんに対し...

Weibo/Viviuko
2019.08.16
夢をかなえた 新郎のいない「結婚写真」

中国のネット上で、ある女性の結婚写真が話題となりました。奇妙なのは、結婚写真のはずなのに、新郎の姿がどこにもありません。その代わり、女性と一緒に写っているのは87...

『孝経』諌争章(新刊全相成齋孝經直解)(wikimedia)
2019.03.30
中国古典 慎重なふるまいは誠実さに繋がる

曾子(そうし)は、名が参(しん)で、字(あざな)が神輿(しよ)といい、春秋時代の魯国(ろこく・現在の中国山東省南部を指す)の人です。彼は父親の會点と共に孔子の優秀...

漢文帝は母親を介護する(Wikipedia)
2019.03.26
召使いがいても自らタネをまき、母を介護した漢文帝

漢の文帝は劉恒(りゅうこう)と言い、高祖・劉邦(りゅうほう)の三番目の息子です。文帝は在位してから24年の間、徳をもって国を治め、礼儀を重んじて盛んにし、民をわが...

(蔡順・「二十四孝図」より)
2019.03.06
赤い桑の実と黒い桑の実 親孝行

「孝」は儒家の倫理思想の核心であり、長い間中国社会で家庭関係を維持するための道徳基準であった。それは、中華民族の伝統的な美徳であり、中国伝統文化の精髄でもある。元...

(郭巨・「二十四孝図」より)
2019.03.02
親孝行
母のために子どもを埋める

郭巨は、晋代の隆慮(現在の河南省林県)の人で、裕福な家の生まれであった。父の死後、彼は家の財産を二人の弟に与え、自分は母を引き取り、親孝行を尽くした。

(Photo by Hulton Archive/Getty Images)
2019.02.28
親不孝の報いで、ロバと化す

周抜は明代の浙江省平陽県の人で、幼いときから神童ともてはやされた。彼は、一度目を通した書物はすべて覚えることができ、7歳にして詩を詠み文を作ることができた。16歳...

GettyImages
2019.02.20
継母にいじめられても なお親孝行

閔損(びんそん、紀元前536年-紀元前487年)は、字を子騫(しけん)といい、春秋(周朝)魯国の人。孔子の弟子で、その徳行は顔淵と並ぶほどであった。閔子騫の母は早...

GettyImages
2019.02.19
親孝行
自分を殺そうとした父親と弟にとった行動

舜は中国古代の五帝の一人で、姓を姚、名を重華、号を虞氏といい、虞舜と称された。 舜は幼いときに母を亡くした。両目を失明した父・瞽叟(こそう)は後妻を娶り、弟・象が...

GettyImages
2019.02.15
親孝行
母親思いの6歳の子どもがとった行動とは

東漢のころ、陸績(りくせき)という非常に博識で多才な男性がいました。呉郡呉県(現江蘇省蘇州市)出身で、天文暦学に精通し、「渾天図」を著しました。また、「易経」と「...

GettyImages
2019.02.13
親孝行
米を背負いて親を養った孔子の弟子 「負米養親」

子路は、姓を仲、名を由といい、又の字を季路といった。春秋時代の魯国の人で、孔子の自慢の弟子の一人。性格は率直・勇敢で、非常に親孝行であった。

GettyImages
2019.02.09
親孝行
夏には枕を扇ぎ、冬には布団を暖め

漢の時代、江夏安陸(現在の湖北省安陸市)という所に、黃香(こうこう)という孝子がおり、9歳の時に母を亡くしました。家が貧しいことを知っており、子どもながらも苦労を...

「張果老が唐玄宗を謁見する図」絹本の一部(作者・元の任仁發/ネット写真)
2018.09.19
八仙人のひとり
張果老 なぜ後ろ向きにロバに乗る?

中国の神話伝説「道家八仙人」の一人として知られる張果老。中国の史書によると、彼は唐の時代、恒州中條山に住み、当時すでに数百歳だったと伝えられています。張果老は何故...

(麝影/大紀元)
2017.11.10
親孝行
古希を迎えた老萊子(ろうらいし)

「百善は孝を先となす」。中国の伝統文化において親孝行は重要な要素のひとつ。それにまつわる70歳の古老の逸話があります。

(iStock)
2017.09.15
【二十四孝】竹にすがり泣く親孝行の孟宗

中国三国時代、呉国に孟宗(もう そう)という親孝行の息子がいました。幼い頃に父を亡くし、高齢の母は重い病にかかっていました。彼は医者から、母に新鮮な筍のスープを作...

(iStock)
2017.08.26
古代の徳
命がけでお互いをかばい合う、義理の親子 

義理の親子が仲睦まじく暮らすのは、時に難しいものです。でも、この物語では、ある少女が継母の死刑の罪をかばおうとし、そして継母も少女を命がけで守ろうとします。決して...

6歳にしてすでに親孝行だった陸績。博識多才な歴史人物としてしられる(図:大紀元資料室)
2017.05.26
有名なエピソード
【二十四孝】母親思い 6歳の子どもの親孝行

東漢のころ、陸績(りくせき)という非常に博識で多才な男性がいました。呉郡呉県(現江蘇省蘇州市)出身で、天文暦学に精通し、「渾天図」を著しました。また、「易経」と「...

老いた母親を背負う息子(ネット写真)
2017.04.26
孝は百行の本
【二十四孝】母を背負い難を逃れ 貧乏でも親孝行を尽くす

東漢の時代、斉国・臨淄(りん・し、現在の山東省淄博市)に江革(こう・かく)という親孝行の子供がいました。彼は幼少期に父を亡くし、母と二人暮らしでした。貧しかった江...

(David Stanley/Flickr)
2017.04.03
危険を顧みない
【二十四孝】鹿の乳を搾り取る息子

春秋の時代、郯子(たんし)という若者がいました。彼は年老いた両親と暮らし、心を尽くして彼らの世話をしていました。両親は共に目を患っており、郯子はとても気になってい...

「張果老が唐玄宗を謁見する図」絹本の一部(作者・元の任仁發/ネット写真)
2017.03.27
八仙人のひとり
張果老 なぜ後ろ向きにロバに乗る?

中国の神話伝説「道家八仙人」の一人として知られる張果老。中国の史書によると、彼は唐の時代、恒州中條山に住み、当時すでに数百歳だったと伝えられています。張果老は何故...

中国では昔から親孝行についての物語が多い(shutterstock)
2017.03.17
古人の考え
【二十四孝】自分の身を売って父を葬る 

中国の漢の時代、千乗(現在の山東省博興県)に董永(とう えい)という人がいました。彼は幼くして母親を亡くし、父親と二人で田を耕し貧乏暮しをしていました。董永は非常...

(ネット写真)
2017.02.24
子供と一緒に読める
【二十四孝】曽参(そうしん)の親孝行

春秋時代、曽參(そうしん)という人がいました。彼は非常に親孝行で、いつも両親の好みに合わせて食事を作っていました。曽參の父親が亡くなると、曽參は羊棗(やんつぁう、...

(Sarah Sammis/Flickr)
2017.02.17
【物語】塩漬けの魚

陶侃(とうかん)という男性が、地方官として赴任していた時のことです。彼は漁業の管理をする役人でした。ある日、陶侃は人を遣わせ、地元名産の塩漬けの魚を母親の元へ届け...

^