大紀元時報
トップ 黄潔夫
黄潔夫
ドイツで行われた、中国臓器収奪問題についての周知目的のデモンストレーション(GettyImages)
2019.06.27
移植専門誌、中国の臓器研究に関する7論文取り下げ 臓器の出所不明

中国で行われる臓器移植は、良心の囚人からの臓器を強制的に摘出して使用しているとの独立調査の結果を受けて、国際的な英字医療誌は最近、中国の臓器研究に関して取り下げる...

倫理団体BAFOHのベッキー・ジェームス氏は、広州との姉妹都市解消のための請願書をブリストル市に提出した。写真は10月、英議会で開かれた円卓会議に出席したジェームス氏 (Justin Palmer)
2018.10.22
英ブリストル倫理団体、広州との姉妹都市契約の破棄求める 臓器移植問題の懸念で

英国南西部の都市を拠点とする倫理団体は、中国では無実の人から強制摘出した臓器が臓器移植用に利用されているとの国際的な懸念から、広州との姉妹都市の解消を求めている。...

7月25日、北京にある中日友好医院を視察する加藤勝信厚生労働大臣およびWHO西太平洋事務局次長・葛西健氏ら11人の一行(厚生労働省より引用)
2018.08.13
臓器狩り
肺の臓器移植は中国2位 中日友好医院へ加藤厚労相と日本人WHO幹部が視察

2018年6月末から7月初旬、スペインのマドリードで開催された国際移植学会で、イスタンブール宣言の順守状況をみる評議会が開かれた。関係者の取材で、評議会議長に対し...

国際肝臓学会(IASL)はこのほど、「肝臓移植研究のデータは死刑囚の臓器に由来する可能性があり」との理由で、傘下の医学誌「国際肝臓(Liver International)」電子版に載せた中国臓器移植専門の医師2人の論文の取り下げと、今後2人の論文をいっさい掲載しないことを、声明文で宣言した(Christopher Furlong/Getty Images)
2017.02.14
臓器移植の闇
国際肝臓学会誌、中国人医師2人永久追放

国際肝臓学会(IASL)はこのほど、「肝臓移植研究のデータは死刑囚の臓器に由来する可能性があり」との理由で、傘下の医学誌「国際肝臓(Liver Internati...

BMJが掲載した「受刑者臓器問題に関する中国政府の文字ゲーム」という見出しの記事(スクリーン・ショット)
2015.11.13
中国死刑囚臓器利用停止の声明、「国際社会を騙す文字ゲーム」=英有力医学誌

世界五大医学誌の一つ、英国医師会が発行するブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)の最新号が掲載した医学専門家の連名文章は、中国政府が2014年12月に発...

「臓器狩り」のデモンストレーションで同問題を訴える、米国の法輪功学習者たち (大紀元)
2015.03.20
元衛生部次官、死刑囚の臓器移植に「周永康氏が深く関与」

【大紀元日本3月20日】中国衛生部の元次官である黄傑夫氏は16日に放送された香港の「鳳凰衛視(フェニックステレビ)」の番組で、死刑囚の臓器移植を、「周永康前中央政...

手術中の医師たち(参考写真、本文内容とは関係がありません)
2013.08.21
中国、死刑囚の臓器利用を廃止へ 国内外の圧力で態度変化

【大紀元日本8月21日】国際的な批判が集まっていた死刑囚の臓器を移植用に摘出することについて、中国当局は11月から段階的に廃止していくとの方針を明らかにした。共産...

2012年9月12日、米下院の公聴会で臓器狩りについて発言するスミス議員(撮影:文忠/大紀元)
2013.03.01
中国当局、死刑囚臓器提供を再度認める 「もっと黒い裏の暗部を隠すため」

2012年9月12日、米下院の公聴会で臓器狩りについて発言するスミス議員(撮影:文忠/大紀元)【大紀元日本3月1日】中国衛生部(旧厚生省に当たる)の黄潔夫副部長は...

「臓器はどこから」と報じる雑誌「財経」の表紙(ネット写真)
2009.09.23
臓器狩りで初の医師の逮捕、当局は報道禁止=中国

【大紀元日本9月23日】中国の「財経」経済専門誌は8月31日、「臓器はどこから」という報道で、西南部の貴州省で起きた臓器狩り事件を伝えた。35歳のホームレス1人が...

閉鎖前の「中国国際臓器移植支援センター」中国語サイト、中国当局による支持をアピールしていた(大紀元)
2007.10.20
中国の臓器移植:逮捕された日本人斡旋業者、当局の支援アピール

 【大紀元日本10月20日】中国外交部は10月16日、日本人に臓器移植を斡旋する日系企業の長瀬博之代表の逮捕を明らかにした。中国で臓器移植に関与したとして日本人が...

2007.10.09
中国当局、臓器移植で世界医学学会と合議書=疑問視される実効性

 【大紀元日本10月9日】中国当局の衛生部(日本の厚生省に相当)幹部は10月5日、直系親族を除いて、囚人あるいは他の監禁者の臓器を移植しないとする合議書を世界医学...

2006.11.20
中国衛生部、渡航移植旅行者の受入禁止か

 【大紀元日本11月20日】中国衛生部の黄潔夫・副部長は15日、臓器移植関連の全国会議で、医療機関が旅行の名義で中国に入り、臓器移植手術を求める外国患者の受入を禁...

中国共産党政権は死刑囚の臓器を売買していることで、国際社会から非難を浴びている=写真は、囚人に対して死刑執行を読み上げている(Getty Images)
2006.10.25
中国臓器狩り:BBC「報道は事実に基づいている」、中国当局の捏造報道説を否定

 【大紀元日本10月25日】英国BBCの北京駐在記者が中国の移植手術を行う病院の潜入取材報道し、臓器移植は中国では巨大産業と化している実態を伝えたが、中国当局の政...

^