大紀元時報
トップ 伝統文化
伝統文化
〈清明上河図〉婚礼の情景(パブリック・ドメイン)
2020.03.23
古代の結婚:新郎新婦の贈答品は?

結婚に必要な送り物は何でしょうか?現代では指輪が多いかもしれませんが、古代中国では厳かな贈答品が主流でした。

GettyImages
2020.03.23
古代中国の物語
諸葛孔明の妻は本当に醜かったのか?

古代中国では、結婚式の際に花嫁が「紅蓋頭(ホンガイトゥ)」と呼ばれる大きな赤い頭巾をかぶる習慣がある。実は赤い頭巾を最初に使った女性は諸葛孔明の妻・黄月英であると...

2020.03.23
古代中国の物語
どんなに小さな嘘でも 神様はお見通し

昔、今の中国湖南省、湖北省辺りに、とても正直な知識人がいた。玉皇大帝は冥界第七殿で人手不足なため、彼に暫く業務を代行するよう任命した。彼はそれから数日置きに冥界へ...

(iStock)
2020.03.23
回心向善
良いも悪いも「一念」で決まる よい人生を送るには?

何であんな事をやってしまったのか…と過去の出来事を後悔することはありませんか?どんな行動も、始まりは心に萌した「念」であって、人はその念にコントロールされています...

元・王振鵬作「伯牙鼓琴図」(Public Domain)
2020.03.23
琴の名人
本当の師匠はだれ?

春秋時代のお話です。晋国の大夫(中国古代の官職)である伯牙(はく・が)は、琴の名人でした。彼は若い頃、成連(ちぇん・りぇん)に琴を学び、3年が経った頃、琴弾きの技...

2020.03.12
なぜ「ふところに石」?懐石の語源とは

茶道には「懐石料理」というものがあります。それは本来お茶の前の一時的な空腹を満たす少量の簡素な食事というものでしたが、現在では、料亭や割烹で日本庭園を眺めながら、...

『ガリヴァー旅行記』に描いてされる場面:リリパットの市民に囲まれたガリバーを描いた壁画(Wikimedia Commons / イメージの作者:User:Javier Carro / 壁画の作者:未知 / CC BY-SA 3.0)
2020.03.11
小人は本当に存在していた!? 

地球上に曾(かつ)て現在の人類より遥かに小柄の人種(小人)が存在していた。これに関して世界各地に伝説が残っており、多くの書物にも記録されている。更に近代の考古学研...

罪をとがめるより更生を励ます(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
2020.03.09
1900年前の中国典故
罪をとがめるより更生を励ます

悪行を改めるよう、寛大な心で更生を励ますことは、良知ある人を育てることに繋がる、というお話。1900年も前の物語とされる、「元」泥棒と賢人の典故を紹介します。出典...

(大紀元資料室)
2020.03.09
夫婦の絆
嫁は顔よりも性格

古代の中国の子どもが習ったという「三字経」。その儒教の教えの中に、君臣の義(ぎ)、父子の親(しん)、夫婦の順(じゅん)という三網(さんこう)が出てきます。この三つ...

(Flickr/Robin Zebrowski)
2020.03.09
度量の広いリーダー
部下の裏切りを許した武将

三国志に登場する天下人・曹操(そうそう)。当時の歴史をドラマチックに描いた「三国志演義」の影響から、冷酷で計算高い人物とされていますが、実は部下からの信頼が厚く、...

(全景林/大紀元)
2020.03.09
教育
心に響く 古代の賢人の言葉

「イクメン」という言葉がもてはやされ、子育てに積極的な男性が増えています。女性にとっては朗報ですが、子供の忍耐力や道徳心を育てる、真の「イクメン」が増えてほしいと...

(Fotolia)
2020.03.08
誰かが必ず見ている
【故事】悪事は隠せない 夢を見て悟った男

昔、子供がいたずらをすると年配の人がよく「お天道様がみているよ」と言って諭したものです。善行も悪行も、天がすべて見ているという感覚を養うことは、子供の躾において良...

仲睦まじいオシドリ(全宇撮影)
2020.03.08
「比翼の鳥」と「連理の枝」の由来

「天にあっては比翼の鳥となり、地にあっては連理の枝とならん」。これは、中国唐代の詩人白居易(=白楽天、772-846年)の長編叙事詩「長恨歌」の中の有名な一節で、...

福の多い人生を送るには、まず徳を積むこと(Fotolia)
2020.03.08
古人の知恵から学ぶ
人生絶頂だった人が転落するのはなぜ?

億単位の宝くじに当たったのに、あっという間に使い果たして貧乏暮らしに逆戻りした人の話を聞いたことはありませんか?あるいは、人気絶頂だったスターがいつのまにか忘れ去...

(Illustration - Shutterstock)
2020.03.07
寒い洞窟で孤独と貧困の中 18年間ひとり夫を待ち続けた妻

中国の歴史を通じて受け継がれている、無私無欲で夫へ揺るぎない愛を捧げた妻の実話があります。

(fotolia)
2020.03.05
伝染病と天災―王朝終焉のサイン

古代中国において、皇帝は「天子」と呼ばれました。天子は神に選ばれた人間であり、徳によって国を治めることを求められました。天子の徳が廃れると国が乱れ、天災に見舞われ...

江漢攬勝図軸(武漢市博物館所蔵/パブリック・ドメイン)
2020.02.09
中国の昔話:疾病の特効薬

中国最古の医学書『黄帝内径』は、「正気存内、邪不可」(身体に正気が存在すれば、邪気は侵入することができない)と説いています。徳を積み、邪心を退け、病が治った人の物...

(Silentpilot/Pixabay)
2020.02.06
中国の昔話:非道な王の末路

古代中国には、「頭上三尺に神あり」という言い方があります。人間世界は異なる次元の神々に見守られているため、神を侮辱する人間がいれば、すぐに応報がやってくるのです。...

雷神図(尾形光琳/パブリック・ドメイン)
2020.02.04
中国の昔話 天罰と雷

古代中国において、雷は神の怒りと考えられていました。人間が神に逆らい、人道に反すれば、神は雷をもって善悪を正し、邪な者に罰を下します。「自然」は存在せず、すべての...

Photo by Hulton Archive/Getty Images
2019.09.19
【神伝文化】曹操など多くの古人たちは子供に節約を教えていた

曹操は自分の子供への教育に対して、厳しい人でした。曹操が布告した「諸児令」には、「息子たちに対して、私はだれもが好きですが、大人になって才能がある人だけに重任を任...

Alexander Stein / Pixabay
2019.09.19
自分の給料を庶民に分け与えた人

南北朝と隋朝時代に、公孫景茂という官吏がいました。戦争中、景茂は自分の俸禄(給料)を出してお粥と薬を買ってきて、病気で倒れた兵士に食べさせました。これによって救わ...

(Illustration - Shutterstock)
2019.09.15
寒い洞窟で孤独と貧困の中 18年間ひとり夫を待ち続けた妻

中国の歴史を通じて受け継がれている、無私無欲で夫へ揺るぎない愛を捧げた妻の実話があります。

人類とともに歴史を築いてきた馬。今は戦いに使われることなく、世界中で平和に過ごしている(大紀元)
2019.09.09
遠い昔の馬の話

はるかな昔、多くの人が海を渡り、大陸から日本に来た。朝鮮半島からの渡来人が最も多かったことは間違いないだろう。視界がよければ、半島の東南端から日本の対馬が見える。...

Pixabay
2019.09.06
夏、殷、周 上古三代の天命観について考察する(四)

上古三代の人々から見れば、「帝」、「天」は万物を育み、潤し、大千世界のすべてを支配していると考えました。そのため、当時の人々は自然と天に対して感謝と畏敬の念を持っ...

Sasin Tipchai / Pixabay
2019.09.06
中国伝統美徳物語(孝行編)その二「仲由は米を背負う」

仲由は春秋時代の魯国の人で、字(あざな)は子路(しろ)、孔子の生徒で「孝子」としても有名です。小さい頃から家が貧しかったために、仲由はとても慎ましく暮らしいつも野...

Levi FraserによるPixabayからの画像
2019.09.06
夏、殷、周 上古三代の天命観について考察する(三)

殷が滅び、周が天下を取り、殷人の「帝」、「上帝」に対する信仰も、それにつれて、周の「天」に対する信仰に変わっていきました。後者と前者は言葉が違っていても、本質的に...

Shutterstock
2019.09.05
伝統の中国茶 驚きの解毒効果

中国には、「一日の始まりに必要な7つのものがあり、それは、薪、米、油、塩、たれ、酢、お茶である」ということわざがあります。お茶は中国の文化の一部としてなくてはなら...

Pixabay
2019.09.02
日本の昔話:あの世から生き返った利荊女

聖武天皇の時代、河內国に利荊女という人がいました。彼女は幼い頃から心身が清らかで、悟性が高く、仏法を尊ぶ心を持っていました。彼女はいつも家で仏経を誦しましたが、行...

Pixabay
2019.09.02
日本の昔話: 毒蛇から生まれ変わった僧侶

遠い昔、大和国に転乗という僧侶がいました。彼は気が荒くて、常に怒っていました。転乗は小さい頃から仏経を読むのが好きで、毎日仏経を読むのを楽しんでいました。

Pixabay
2019.09.02
日本の昔話: 現世修行の原因

昔、近江国にお坊さんがいて名を賴真と言い、9歳の時、金勝寺に入りました。彼は記憶力に優れていて、僧の経を読誦するのを聞くと、すぐ覚えるようになりました。

^