大紀元時報
トップ 伝統文化
伝統文化
神韻芸術団
2019.01.03
神韻へのいざない
中国神話の登場人物:月のウサギ

白くてふわふわで可愛らしい月のウサギは、普通のウサギではありません。月に住む神秘的な伝説のウサギなのです。不老不死の霊薬を調合していないときは、月宮殿に住む美しい...

神韻芸術団
2019.01.03
神韻へのいざない
妖怪を打ち払う孫悟空 『西遊記』より

『西遊記』第27章に出てくる白骨夫人の話は、古典中の古典とも言えましょう。神韻の演目『孫悟空の勝利』の題材となったストーリーで、悟空の効能が発揮されています。

神韻芸術団
2019.01.03
神韻へのいざない
西遊記

『西遊記』は中国の四代古典の一つです。明代の小説家吳承恩が16世紀に書き上げました。アクション、ユーモア、教訓を合わせた、馴染み深い冒険物語です。

神韻芸術団
2019.01.03
神韻へのいざない
龍宮でひと騒動を起こす孫悟空

伝説の英雄たちは、特殊な力を備えた武器を持っています。ギリシャ神話のゼウスは雷霆(らいてい)、アーサー王は魔法の剣、トールはハンマー、そして孫悟空は如意棒。さて、...

敦煌壁画
2019.01.02
神韻へのいざない
『西遊記』の三蔵法師

唐の時代は、隆盛し、武力にも優れ、宗教も共存し、芸術と科学が花開いた時期でした。よく中国の黄金期とされています。『西遊記』の取経の旅は、1300年前、唐の時代に長...

神韻芸術団
2019.01.02
神韻へのいざない
玉皇大帝との出会い

玉皇大帝は、中国民話、特に道教で、また孫悟空と三蔵法師の取経の旅を描いた『西遊記』の中で、天を司る大帝として知られています。

神韻芸術団
2019.01.02
神韻へのいざない
哪吒(なた):中国神話で異彩を放つ少年神

哪吒が普通の子供との同じところは、母親の母体から生まれたということ…唯一それだけでした。 哪吒に関する物語は、中国の古典小説である『封神演義』『西遊記』にも登場...

絵:彭連熙
2019.01.02
神韻へのいざない
中国神話の登場人物:龍王

龍は、中国の伝説では様々な形や大きさで現れます。慈悲深いものも邪悪なものも存在します。天高くそびえ立つかと思えば、海底深くに潜り込みます。鳳凰や真珠を弄びます。智...

神韻芸術団
2019.01.01
神韻へのいざない
鳳凰の伝説

火花が飛び、羽根は焼けつき、炎と化す鳥。500年の命を終え、自ら火を放ち燃え尽きて灰となりますが、年月を経て、灰に埋もれた地面の下から小さなくちばしが突き出てきま...

神韻芸術団
2019.01.01
神韻へのいざない
慈母観音として知られる観音菩薩

白衣を身にまとい、蓮の台座にたたずみ、柳の枝を片手に、純水の入った壺をもう片方の手にする観音菩薩は、慈母観音としても知られます。

神韻芸術団
2018.12.31
神韻へのいざない
中国神話の登場人物:大禹

紀元前3000年頃、古代中国では洪水に見舞われ、丘も谷も水没する状態でした。幾年にもわたり、実に数多くの人々が、家を失い山頂へと避難していました。

神韻芸術団
2018.12.31
神韻へのいざない
中国神話の登場人物:四面の顔を持つ黄帝

全ての中国人は黄帝に遡ると言われています。黄帝は、のちに中国となった土地を最初に治めました。紀元前2697年から統治し、黄河の原野に住む民族を1つの政府のもとに統...

神農(郭詡・画、1503年)
2018.12.31
神韻へのいざない
中国神話の登場人物:神農

数千年前のこと、王朝もなかった頃の古代中国では、神から文化を授かったと信じられていました。古代中国は半神半人が治めており、そのうちの一人は炎帝と呼ばれました。

神韻芸術団伏羲易経
2018.12.31
神韻へのいざない
音楽の起源を伝える神話

人類社会の暁、神仙が地上をよく訪れていた頃、一人の若い女性が巨人の足跡を踏んでみました。この神秘的な出逢いから、女性は身ごもり、実に稀な男の子を生みました。

神韻芸術団
2018.12.29
神韻へのいざない
中国神話の登場人物:中国の生みの親、女媧

中国の神話の中でも、中国の生みの親とも言える女媧(じょか)の話は最も多く語り継がれ大切にされてきたものでしょう。

神韻芸術団
2018.12.29
神韻へのいざない
中国神話の登場人物:盤古

昔々、天地ができる以前、宇宙には巨大な卵形の物体だけがありました。

项羽(王雙寛の作品)
2018.10.08
中国古典音楽「十面埋伏」

「十面埋伏」は琵琶曲であり、中国の十大名曲の一つです。この曲は紀元前202年に起こった楚(項羽)と漢(劉邦)の戦いをテーマとしています。「十面埋伏」と「春江花月夜...

2018.07.30
内親王御着用の皇室衣裳も展示
日本の伝統を守る「東京 青梅きもの博物館」館長に聞く

東京の都心から西に向かって電車で1時間強の距離にある東京都青梅市。ここは東京とは思えない豊かな自然が残され、ゆったりとした時間が流れている土地だ。この青梅の郷に日...

世界文化遺産に登録された至聖三者聖セルギイ大修道院(ウィキペディア)
2018.06.27
ロシアの歴史を語る 明るく色鮮やかな古城 

サッカー観戦に現地を訪れる外国人サポーターたちにも、ぜひ紹介したいロシアの観光についてご紹介します。ロシアは1970年、観光産業の強化による戦略の一環として、観光...

唐太宗(パブリック・ドメイン)
2018.06.15
唐太宗
自らを律することを第一とした名君

中国の唐の時代は中国史上でも最も栄えた時代の一つです。中国史上、屈指の名君として名高い唐太宗は為政者として自らを厳しく律して政治にあたり、太宗の治世は「貞観の治」...

日中韓の箸
2018.05.29
日中韓の箸とその文化

お隣の中国や韓国で、食事の時に「あれ、箸(はし)が違う!」と感じた方もいるでしょう。箸や食事のマナーの違いについて、ご紹介します。

おいしい焼売はある居酒屋店主が発明したと言われています。(NTDTV)
2018.04.02
美食秘話
居酒屋店主のひらめきから生まれた焼売

薄皮に具を包んで蒸し上げる焼売は、日本でも広く愛されている点心の一つです。その起源は約700年も前の元王朝にあると言われ、当時の社会を記した書物「朴事通」に登場す...

(Fotolia)
2018.03.04
糟糠の妻

貧乏暮らしをしながら献身的に夫を支える「糟糠の妻」という言葉。最近では、成功した芸能人が苦労を共にした妻を捨て、不倫に走ったといったスキャンダルが目立ちますが、こ...

(iStock)
2017.12.07
回心向善
良いも悪いも「一念」で決まる よい人生を送るには?

何であんな事をやってしまったのか…と過去の出来事を後悔することはありませんか?どんな行動も、始まりは心に萌した「念」であって、人はその念にコントロールされています...

(iStock)
2017.12.04
真の親切とは
孔子と弟子たちの問答

儒教の始祖・孔子は「有教無類」を唱え、身分や地位にかかわらず、すべての人が教育を受けるべきだとし、私塾を開いて教育を普及させました。門下に3千人の弟子がおり、中国...

(iStock)
2017.11.27
神仙伝
天国への階段 入口の基準は?

どのような人が天国へ行けるのでしょうか?中国の故事によれば、天から見た「善い人」とは官僚や慈善家である必要はなく、単に正直で誠実な人物のことを指しています。さて、...

(麝影/大紀元)
2017.11.10
親孝行
古希を迎えた老萊子(ろうらいし)

「百善は孝を先となす」。中国の伝統文化において親孝行は重要な要素のひとつ。それにまつわる70歳の古老の逸話があります。

もちもちのおいしい刀削面(NTDTV)
2017.11.09
【美食秘話】刀削麺の知られざる誕生秘話 実はあの王朝と密接に関係していた

日本でも人気の中華料理・刀削面(ダオシャオメン)はもともと山西省の一般家庭の主食でした。太くもちもちの面にパンチの効いたつけ汁を絡めて食べるのも最高ですが、料理人...

(明国 / 大紀元)
2017.11.05
故事
隣人の家を騙し取った男

現世で持っている富や地位は、前世で徳を積んだから。ただし、悪事を働いてそれらを得た人には、相応の報いと災難が待っています。悪事とは、盗み、利己、悪事のそそのかし、...

(全景林/大紀元)
2017.10.25
教育
心に響く 古代の賢人の言葉

「イクメン」という言葉がもてはやされ、子育てに積極的な男性が増えています。女性にとっては朗報ですが、子供の忍耐力や道徳心を育てる、真の「イクメン」が増えてほしいと...

^