大紀元時報
トップ 中共ウイルス(武漢肺炎、COVID-19)
中共ウイルス(武漢肺炎、COVID-19)
武漢市青山区では、生の豚肉が救急車で運ばれている(武漢市ネットユーザ)
2020.03.13
武漢市、ごみ収集車や救急車で肉野菜を運ぶ 市民が反発

武漢市市民は最近、現地政府が野菜や豚肉などの食品をごみ収集車や救急車両を使って配給していたとして、抗議している。

湖北省政府は12日、中共肺炎が男性の生殖機能に影響を与えるとの記事を掲載した(微博)
2020.03.13
湖北省政府、中共ウイルスが男性の生殖機能に影響の恐れ 検査呼びかけ

中国湖北省政府は12日、公式ウェブサイトで、中共ウイルスが睾丸に損傷を与える恐れがあるとして、感染経験のある適齢期の男性が検査を受けるよう注意喚起した。

武漢ではまた感染が広がっている。2020年3月、武漢市内で撮影(GettyImages)
2020.03.12
武漢で再流行が起きているとの情報 現地市民が訴え

武漢で発生した中共肺炎について、武漢の現地の医師家族が3月9日、市内漢陽のいくつかの集合住宅で再び大規模な感染が発生していると主張している。

2020年2月20日、中国の湖北省孝感市雲夢県の病院で、患者の胸部CT画像を見ている医師(STR/AFP via Getty Images)
2020.03.12
中共肺炎は「SARS+エイズのようなものだ」遺体解剖した中国の医師が見解

中国の医師はこのほど、中共肺炎(武漢肺炎、COVID-19)がヒトの肺だけではなく、免疫系まで攻撃することから、「SARS(重症急性呼吸器症候群)にエイズ(後天性...

2月6日に開催されたWHO第146回執行理事会議でのタイ代表の発言が注目されている(WHOウェブサイトよりスクリーンショット)
2020.03.09
WHOの親中ぶりを批判 タイ代表が「ぜひ武漢で会議しよう」と皮肉

世界保健機関(WHO)は3月8日、中国で発生した中共肺炎(武漢肺炎、COVID-19)が世界100カ国・地域に広がったと発表した。WHOのテドロス事務局長らが中国...

中国の国営放送局「中央テレビ(CCTV)」の本社ビル周辺の歩道。2020年3月2日(AP Photo/Andy Wong)
2020.03.08
<中共肺炎>「私たちの暮らしは蜜よりも甘い」常軌を逸した共産党プロパガンダに大顰蹙

中国で最近、習近平指導部を称える報道が相次いでいる。2月29日付け中国共産党機関紙「人民日報」は「私たちの暮らしは蜜よりも甘い」と題した記事を掲載し、黒龍江省の農...

3月2日、イタリアのローマで、中共ウイルス(新型コロナウイルス)対策のために休校となった学校の校門近くにいる女性(GettyImages)
2020.03.06
中共肺炎、深刻なイタリア 一部では反中感情の高まり

イタリアは、中国と韓国以外で最も深刻な中共ウイルス(新型コロナウイルス)感染の被害が報告されている国だ。3月5日までに3000人を超える症例が確認され、107人が...

photoAC
2020.03.05
中共肺炎
中共ウイルス 陽性反応がぶり返す理由

中共ウイルス(新型コロナウイルス)にかかった大阪の女性が治療を経て退院後、再び陽性反応が出たとの報道があった。中国でも同じ症例が報告されている。多くの人は「新型コ...

中共ウイルスの立体構造(www.cdc.gov)
2020.03.05
<中共肺炎>中国、診断治療に新指針「心臓、脳、肝臓などに異常」

中国の国家衛生健康委員会は3月4日、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染診断ガイドライン改正版、「新型肺炎の診断と治療方案(試用第7版)」を発表した。同ガイド...

感染症リスクにもかかわらず、カンボジアと中国の共同軍事訓練を敢行した。2020年、各国が入港を拒否したクルーズ船をカンボジアのシアヌークビル港が受け入れた。周辺を警備するカンボジア軍兵士。参考写真 (Getty Images)
2020.03.05
カンボジアと中国の共同軍事訓練を敢行 中共肺炎リスクを考慮せず

カンボジアの通信社AKPによると、「反テロと人道主義」をテーマにした中国との共同軍事演習は、3月14日から4月1日に行われる。中共ウイルス(新型コロナウイルス)の...

カナダ人ネットユーザーOsuka Yip氏が1月31日、オンライン署名サイト「change.org」でWHOのテドロス事務局長に対する辞職を求める署名活動を発起した(change.orgよりスクリーンショット)
2020.03.04
<中共肺炎>中国・WHO合同調査チーム、責任者「感染したら中国で治療したい」

世界保健機関(WHO)の調査専門家チームの責任者は2月24日と25日、中国北京とスイス・ジュネーブのWHO本部でそれぞれ記者会見を行い、中共ウイルス(新型コロナウ...

SARSの時に大活躍した呼吸器専門医の鍾南山氏( GOH CHAI HIN/AFP via Getty Images)
2020.03.04
中国の鐘南山氏、中共肺炎めぐる一連の発言で信頼失墜か「共産党の代弁者に過ぎない」

中共ウイルス(新型コロナウイルス)の発生で一躍、有名人になった中国の感染症権威、鍾南山氏。だが、新型ウイルスの感染について信憑性や科学的根拠に欠ける一連の発言で、...

中国の各SNSは昨年12月から、すでに中共肺炎に関する投稿を検閲していた。写真はSNS「WeChat」のロゴ(大紀元資料室)
2020.03.04
中国SNS、中共肺炎の検閲「昨年12月にすでに開始」=カナダ研究団体

マルコ・ルビオ米共和党議員は「中国共産党は新型肺炎を封じ込めることよりも、自分のイメージを守ることに関心がある。これが根本的な問題だ」と付け加えた。

2019年7月韓国・光州で開かれた水泳世界選手権の男子400メートル自由形の表彰式で、銀メダルを獲得した豪州のマック・ホートン選手(左)は、ドーピング疑惑の孫楊選手(中央)への抗議として、表彰台に登らず握手も拒否した(Maddie Meyer/Getty Images)
2020.03.04
競泳選手孫陽氏のドーピングに「中国当局が関与」=米メディア

スポーツ仲裁裁判所は2月28日、ドーピング疑惑の中国競泳界のスター選手、孫楊(28)に対して8年間の資格停止処分を科した。米ボイス・オブ・アメリカ(VOA)3月4...

中共ウイルス(新型コロナウイルス)で肺損傷 肺移植に成功と報道、担当医は臓器ビジネス関与か(GettyImages)
2020.03.03
中国、中共ウイルス患者に肺移植 5日で臓器入手か 執刀医に臓器狩り関与の指摘も

中国の肺移植の専門家は2月29日、江蘇省無錫市で「世界初の新型コロナウイルスに両肺移植を成功させた」と報告した。3月1日、北京青年日報が伝えた。担当医は中日友好病...

中国北京火車駅にいるマスク着用の警官。1月22日撮影(Kevin Frayer/Getty Images)
2020.03.02
米紙社説「中共肺炎で中国リスクが鮮明に」

米紙ニューヨーク・ポストは2月29日付の社説で、世界各国の政府が中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染拡大から学んだ唯一の教訓は、「世界経済が中国に依存すること...

1月25日、台湾の桃園空港で、入港者の体温を検査している空港職員(GettyImages)
2020.03.01
「他郷で死んだらそれは運命」在中台湾人、中国との航空便全面停止求める

中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染が拡大する中国にとどまっている台湾人ビジネスマンは2月24日、台湾政府宛てのメッセージで、蔡英文総統に対して、中国全土を対...

中共ウイルス(新型コロナウイルス、COVID-19)の立体構造(www.cdc.gov)
2020.03.01
中共ウイルスの遺伝情報を世界初公開した上海P3ラボ、当局が突如閉鎖

中共ウイルス(新型コロナウイルス)のゲノム配列情報を世界で初めて公開した上海公共衛生臨床センターは中国当局に突如、閉鎖されたことが分かった。英字紙サウスモーニング...

武漢赤十字病院で中共肺炎(新型肺炎)の患者に対応する医師。2020年2月16日に撮影( STR/AFP via Getty Images)
2020.02.29
<中共肺炎>治癒後、複数回検査で陽性反応「ウイルス保有の可能性」 武漢大学病院の研究チームが論文

武漢大学中南病院の徐海波博士が率いる研究チームは2月25日に発表した論文で、4人の中共ウイルス(新型コロナウイルス)による肺炎の治癒患者に対して、複数回の核酸検査...

武漢赤十字病院の隔離病棟の医療スタッフ=2020年2月16日(STR / AFP via Getty Images)
2020.02.29
武漢支援の医療スタッフが医学誌に投書 窮状訴える 圧力で撤回か

発生源の湖北省武漢市から始まった中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染が深刻化しているなか、中国の医療スタッフはこのほど、世界的に権威ある医学誌「ランセット(L...

2月28日、世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルス(COVID─19)の感染拡大リスクについて、世界全体の評価を「非常に高い」に引き上げた。危険性評価で最高水準となる。写真は1月30日、ジュネーブのWHO本部で(2020年 ロイター/Denis Balibouse)
2020.02.29
新型肺炎拡大リスク、世界で「非常に高い」に引き上げ=WHO

[ジュネーブ 28日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は28日、新型コロナウイルス(COVID─19)の感染拡大リスクについて、世界全体の評価を「非常に高い...

2月26日、市民ジャーナリストの李澤華さんは動画を投稿し、運転中に中国国家安全当局の職員が追ってきたと訴えた(スクリーンショット)
2020.02.28
中国当局、20代の市民ジャーナリストを拘束か、武漢P4実験室を訪ねた後

中国では、中共肺炎(新型肺炎)の発生源である湖北省武漢市で取材活動を行っていた公民記者(市民ジャーナリスト)、李沢華さん(25)が2月26日以降、消息が途絶えた。...

gettyimages
2020.02.28
封鎖された街 寄付の食糧を警官が横取り 管理怠慢で腐ることも=中国湖北省

中共ウイルス(新型コロナウイルス、COVID-19)で封鎖された中国・湖北省に寄付された食料が、市民らの手に届いていないことが明らかになった。この状況に憤慨した人...

ドイツ保健相 パンデミック対応必要(スパーン氏フェイスブックより)
2020.02.27
ドイツ保健相 パンデミック対応必要

ドイツ保健相は、世界保健機関(WHO)が中共ウイルス(新型コロナウイルス)による感染症は「パンデミックではない」と否定したが、パンデミックの対応準備をしなければな...

大紀元が入手した内部文書(大紀元)
2020.02.27
<独占>山東省の内部文書を入手 感染者が政府発表の数倍〜52倍

大紀元がこのほど入手した山東省衛生保健委員会(保健委)の内部文書によると、実際の中共肺炎(新型肺炎)の感染者数は政府発表の人数の数倍にのぼるという。

テヘラン市の職員が中共肺炎(COVID-19)感染の拡大を防ぐため、バスの清掃を行った。2020年2月26日撮影(ATTA KENARE/AFP via Getty Images)
2020.02.27
イランの中共ウイルス感染者は1万8000人も? トロント大研究チームが推定

トロント大学の科学者と医師のグループは、イランから他の国に旅行した人の中共ウイルス(新型コロナウイルス)の症例に基づいて、同国内で1万8000人が感染している可能...

(GettyImages)
2020.02.27
米国、中共肺炎情報の入手にスパイ活用 中国政府の発表に疑念

米国の国家安全保障当局は、中国で発生した中共ウイルス(新型コロナウイルス)に関する情報を入手するために、軍の情報力を利用している。匿名の元国家安全保障当局者が米メ...

1月25日、武漢の赤十字病院で、作業にあたる関係者たち(GettyImages)
2020.02.26
<独占>湖北省政府は深刻な人手不足 職員は感染しても休めない 内部資料で判明

内部告発者が大紀元に提供した地方政府の2つの内部文書によると、武漢市を中心に、湖北省で新型コロナウイルスによる肺炎の発生に対応している最前線の若い政府職員たちに感...

新型肺炎で授業再開が延期されている中国で、一部の学校がネット上で授業を中継している。写真は北京市にあるネットカフェの様子(LIU JIN/AFP/Getty Images)
2020.02.26
<新型肺炎>中国、休校対策にオンライン授業実施 検閲で遮断 婦人科用語が「わいせつ」

中国では、新型コロナウイルスのまん延の影響で、各地の学校は授業の再開を延期している。一部の学校は、ネット上のライブ中継サービスを利用して授業を行っている。しかし、...

武漢市は1月下旬、都市封鎖措置を実施した(Getty Images)
2020.02.26
中国武漢市、封鎖措置を一部解除も撤回 地方と中央の対立浮き彫りに

中国湖北省武漢市当局は2月24日、新型コロナウイルスの感染を封じ込めるための都市封鎖措置を一部緩和する通知を出した。しかし、そのわずか数時間後に撤回した。この「朝...

^