大紀元時報

進化論は間違っている カンブリア紀の地層で発見された三葉虫の化石に人間の足跡

2021年6月25日 17時13分
Salauyova / PIXTA
Salauyova / PIXTA

地球の歴史の中で、最も古いとされているのが古生代です。中でも最も最初の時期はカンブリア紀とされ、今から約5億4千万年前とされています。現在発見された大昔に絶滅した化石には、科学界を覆すほど信じられない証拠が残されていました。科学者たちが公に認めた数億年前の虫は、なんと人類の足跡の化石の中にいました。

1968年、ウィリアム・J・マイスター氏は、米国で三葉虫を踏んだ足跡の化石を発見しました。この足跡の大きさは縦26センチ、横9センチで、一般的な成人男性の靴のサイズとちょうど同じ長さです。

三葉虫は、5億4千万年前のカンブリア紀に出現し、2億4千万年前のペルム紀に完全に絶滅した古代動物です。この三葉虫の足跡の化石は、人類と三葉虫がかつて同時期に生きていたことを証明しており、進化論に重大な矛盾を生じさせました。

地質学者であるリーランド・デイヴィス氏は、この地域の地質を詳細に調査した結果、発見された化石が間違いなくカンブリア紀のものであることを確認しました。

1998年、考古学者や人類学者による直立歩行の研究から、現生人類が400万年前には誕生していたと判断した学者がいました。しかし、たとえダーウィンの理論より400倍前から人類がいたとしても、3億年以上前に人間の足跡が出現したことを説明することはできません。さらに、世界各地の先史文明の遺跡には、奇想天外な発見が次々と発見されており、明らかにされた先史文明の一部は高度に発達していて、現代人の想像をはるかに超えているのです。

(編集 天野 秀)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^