ソニー中国は7月1日、新製品発表会の実施日に関して謝罪した(ソニー中国の微博アカウントより)

ソニー中国、新製品イベントをキャンセル 盧溝橋事件と同じ日で「中国への侮辱」と非難  

ソニーの中国現地法人、ソニー中国は6月30日、今月7日に新製品発表会を開催すると発表した。しかし、一部の中国人ネットユーザーは、7月7日は日中戦争のきっかけとなった1937年の「盧溝橋事件」と同じ日だと指摘し、「中国を侮辱した」とバッシングした。このため、ソニー中国はSNS上で、発表会の告知文を削除し、謝罪した。

ソニー中国は、中国版ツイッター、微博(ウェイボー)で、発表会は7月7日午後10時に行うと投稿した。

1937年7月7日の午後10時、北京郊外の盧溝橋付近で日中両軍の軍事衝突が起き、日中戦争の始まりとなった。一部のネットユーザーは、ソニーが「この日と時間帯を選んだ意図は何か」と相次いで批判的なコメントを書き込んだ。

一部の過激なネットユーザーは、「新製品発表会の日を、8月6日(広島原爆の日)か8月15日(終戦記念日)にしないと済まされないぞ」と投稿し、ソニーの新製品発表会の公告に原爆のきのこ雲を付けてパロディ化した。

ソニー中国は1日、ウェイボー上で30日の告知を削除した。また、「この度の不手際で、日程の決定において皆様に誤解を与えてしまいご迷惑をお掛け致しました。ここで深くお詫び申し上げます。すでに関連イベントをキャンセルいたしました」と謝罪した。

ソニー中国のウェイボー・アカウントは、この投稿のコメント機能を停止した。

(翻訳編集・張哲)