大紀元時報

月球レジェンド

2021年7月22日 14時46分
sato / PIXTA(ピクスタ)
sato / PIXTA(ピクスタ)

NASAの公式ファイルによると、は非常に特異な「天体」だそうです。

例えば、太陽から地球までの距離は、から地球までの距離の395倍になります。 の内部は空洞になっています。 またには人工的に補修した痕跡があります。 地球上で最も古い岩石は37億年前のものです。 最初に持ち帰ったの岩石は約36億年前のもので、その後持ち帰った岩石には43億年前、46億年前、45億年前のものがあります。

これらの証拠から、は現在の地球よりも古く、地球が形成される前から存在していたと考えられます。

法輪大法の修煉者が書いた「前世で創造した話」がインターネット上で流れています。 この修煉者は、自分が何億年も前の太古の時代に生まれ、の建設に携わったエンジニアだったことを覚えています。 その後、が作られた時代の人類の文明は破壊を免れませんでした。 人類の突然変異で荒廃した地球は、原始時代に戻って新たなスタートを切ることになりました。

法輪功の創始者である李洪志氏は、初期の教えの中で「は人が作ったものだ」と述べています。 科学的に最も妥当な説明は、が人工の衛星であるというものです。 現代の考古学者の最新の見解は、「人類の文明は1回だけではない」というものです。 先史時代の地球には技術力の高い人々がいて、夜を照らす「人工衛星」を開発していた可能性があります。 これは今のところ、に関する「不可解な謎」にすべて答えてくれる、最も納得のいくの起源説です。

(翻訳者 井田)

関連キーワード
^