大紀元時報

明開国の元勲 劉伯温の予言

2021年7月21日 21時00分
(UDON-CO / PIXTA)
(UDON-CO / PIXTA)

時代から時代にかけて、江南の海寧に賈銘(1269年頃〜1374年頃)という富豪がいました。賈銘は字は文定と言い「華山の老人」と名乗っていました。 の時代には、「萬戶」という軍事的地位を持っていたため、「賈萬戶」とも呼ばれていました。

彼は武将でありながら、儒教の古典にも通じていて、文章を書いたりするのが得意でした。 健康に関する本をまとめた『飲食須知』では、食事の禁忌にこだわり、360種類の食品の効果やタブーを紹介し、「健康を維持する人は健康を害さない」ことを示唆しています[注]。

の開国の勲、劉伯温は、天文学や地理学を知り、医学や占い、占星術や風水術にも精通していました。 朝末期、朱璋と出会う前に、王朝が変わって新しい主が生まれることを予見し、自分の補佐で偉業を成し遂げる人物を求めて、天下を周遊しました。

劉伯温は海寧に向かう途中、賈銘の名を聞き、自分の才能を生かして賈銘を助けたいと思い、嘉に会いに行きました。 彼はその家に長く滞在していましたが、賈銘が将来に対する遠大な志望がないことを知り、彼を助けることを諦めました。 ただ賈家が祖先の墓を建てるために、山の頂の綺麗なところにある風水の良い土地だけを選んであげました。

起工式の日、賈銘は宴会を開き、山陰の胡隆成や崇徳の鮑恂など、多くの文学者や著名人を招待しました。

宴会の最中、突然強風が吹いて金箔が家の梁に直接落ちてしまいました。 奇術に長けていた劉伯温はその光景を見て、「あなたの家は代々と金色の帯を持ち、国と共に引退する」と言いました。それは賈銘の子孫が代々高官を務めることになるという意味です。 朝の官制では、品位の三位、四位の官吏が金帯の着用を許されていました。

朝至正20年(1360年)、朱璋が金華を征服して括蒼を平定したばかりの頃、劉伯温は應天(南京)にやってきました。朱璋が劉伯温は経典や歴史に精通しており、特に奇術や智慧に長けていると聞いて、劉伯温を採用しました。 その後、劉伯温は朱璋を補佐して天下統一を果たし、の開国の勲になりました。

璋の軍隊が台頭してきたとき、彼は東と西のすべての敵を征服するための遠征を指揮し、賈銘の二人の息子は彼を助けて王位に就きました。 朝末までは、賈家の息子や孫がこの称号を受け継いでいたと言われています。劉伯温が言ったように、「国と共に引退」したのです。

朝が始まると、太祖である朱璋は賈銘を呼び寄せ、健康維持の方法について尋ねました。そうすると、賈銘が「健康を維持するには、食生活に気をつけることです」と答えました。

賈銘が106歳の時、ある日昼寝をしたら、緋色の服を着て雄大な馬に乗って西へ行く夢を見たそうです。 その途中で、金色の神輿に乗った女性と出会い、神輿には多くの従者がついていました。 女は神輿から出て頭を下げ、「月宮から彭祖の葬儀を見送るために来ました。 目の前にある新しい墓は、彭祖の墓です。 ぜひ来てください」 と言いました。そして女性の言葉が終わった途端、賈銘は目を覚ましました。

その時、門衛がやってきて、劉伯溫が「壽山福海圖」という絵を刻んで賈銘に送り、誕生日を祝ったと報告してきました。

劉伯溫の祝辞には、「耳聞楚水泣英皇,眼見商郊葬彭祖。琪花生樹宵有光,東風入律春茫茫。春茫茫樂無極,青鵻夜夜月中來,廣寒姮娥寄消息」

訳(楚水が流れて英雄を泣くのを聞き、郊外で彭祖の埋葬を見た。 琪花の木は夜に輝き、東風は春に入る。 春は限りなく、夜には月がやってくる。姮娥がメッセージを持ってきた)

祝辞を読んだ賈銘は、「私の夢はこの詩と一致しています。 どうやら私はあの世に行くことになりそうです。その3日後、賈銘は亡くなりました。 このようにして、賈銘は106歳という伝説的な人生を終えました。

注:「健康を維持する人は健康を害さない」。例えば、粳米は、生の状態では冷たく、炊いた状態では熱いのです。馬肉と一緒に食べれば慢性病になり、菌と一緒に食べれば心労になります。 米の灰を焼くのが間に合わず、蜜のシロップを混ぜれば、すぐに死が訪れます。 またトウモロコシ(キビ)をアーモンドと一緒に食べると、嘔吐や下痢を起こします。 そばは、味が甘く、性質が冷たいので、脾胃が冷えている人が食べると、眉毛や髪の毛が抜けてしまいます。 キジの肉や黄身の魚と一緒に食べてはいけません。 子供が鶏肉を食べ過ぎると、お腹に虫が湧くので、5歳以下は食べてはいけません。

賈銘は『飲食須知』という本の中で、そのような事例を数多く紹介し、過剰な摂取による病気や危険を解毒する方法を提案しています。この著作は今日まで受け継がれており、大きな影響を与えています。

參考資料:
《碧里雜存》
史》卷六十七 《輿服三》
史》卷一百二十八《列傳第十六》
飲食須知》卷二/卷七

関連キーワード
^