(KY / PIXTA)

董宇紅博士が語るウイルス対策「ヒトには天然の免疫力があります」

最近では、デルタ株ウイルスの亜種が急速に世界各国へ広がったことで、ワクチンの有効性も低下し、ワクチン接種後に発生する感染事例が増えています。実は、ワクチン接種で得られる抗体のほかに、人体には天然の免疫力があり、それが新型コロナウイルス(中共ウイルス)を防ぐのに役立つのです。


新型コロナに未接触の人にも「免疫力がある」

ワクチンを打つことで、なぜウイルス感染による発症を抑止する効果が得られるのでしょうか。人体にはB細胞と呼ばれる細胞があります。この細胞は、ウイルスに反応して特定の抗ウイルス物質である抗体を生み出します。
ワクチンとは、コロナウイルスの表面を模倣したスパイク状の突起をもつタンパクによって、ヒトの免疫系を刺激して抗体を人為的に生み出させるものです。これらの抗体はコロナウイルスの形状を記憶しますので、次に本物のウイルスに遭遇したときに、それを「敵」と認識して駆除するのです。

しかし、イギリスの医学雑誌『英国医学期刊』(BMJ)によると、過去にワクチンを接種したことがなく、また新型コロナウイルスに接触したことがない人でも、もともと新型コロナウイルスを認識して殺す能力つまり「天然の免疫力」が存在する可能性が明らかになっているのです。
このレビューでは、米国、英国、ドイツなど複数の国の人々を対象とした、少なくとも6つの研究をまとめています。その結果、健康な人の20%~50%が、新型コロナウイルスが出現する前からT細胞免疫力があることが分かったのです。

健康な人の20%~50%は、新型コロナウイルスが出現する前からT細胞免疫力が備わっていた。(健康1+1/大紀元)

それは、その人たちが過去に流行性感冒(インフルエンザ)のコロナウイルス、またはその他のコロナウイルスに感染したことにより、新型コロナウイルスに対して交差免疫反応を起こした可能性があるためだと研究者は推論しています。

ワクチン接種で得た抗体は「時間経過で減退する」

しかし、今回のデルタ変異株ウイルスの大流行では、ワクチンを2回接種した人であっても、鼻とのどにデルタ変異株ウイルスが、ワクチン未接種者と同様に大量に発生することが判っています。

米国疾病予防管理センター(CDC)のワレンスキー所長は、「ワクチンはウイルスの蔓延を防ぐことができない」と認めています。接種されたワクチンは血液から免疫を作りますが、それだけでは鼻と気道に抗体が行き届かず「免疫防御線」を十分に強化できないためです。
科学界は、人類が新型コロナウイルスに対抗するには「自身の天然免疫力の増強」が必要であると、徐々に認識してきています。
現在、ワクチンの有効性は徐々に低下しています。その原因は、変種株ウイルスの出現だけでなく、ワクチン接種によって一時的に得られた抗体も、時間経過とともに減退しているからです。

しかし、私たちはあまり心配する必要はありません。ワクチンがもたらす免疫力に加えて、人間の体には、この変異の多いウイルスに対抗するための免疫物質がたくさんあります。

人体がもつ「4つの免疫バリア」

人間の体には、4つの「免疫バリア」があります。第1のバリアは、目、鼻、のど、皮膚などの物理的バリアです。目から出る涙、鼻から出る鼻水や鼻毛、のどの粘液などが、初期のうちに侵入したウイルスを取り除いてくれます。

免疫システムの最初のバリアは「物理的バリア」(健康1+1/大紀元)

第2のバリアは上皮細胞です。人体の上皮細胞には強力な抗ウイルス機能があり、それらはインターフェロン(ウイルスのコピーを妨害する物質)を分泌できるのです。また、上皮細胞の間には強固なバリアが形成されており、ウイルスの侵入を阻止します。

免疫系の第2のバリアは「上皮細胞」(健康1+1/大紀元)

第3のバリアは「先天性免疫」。つまり、人間が生まれつきもっている自然免疫細胞です。
ヒトの血液中には、多数の自然免疫細胞が存在しています。例えば、白血球の一種であるマクロファージやキラー細胞などは、どんなウイルスでも(デルタ変異株ウイルスも含めて)死滅させることができます。

第4のバリアは、T細胞やB細胞といった、ウイルス撃退を専門とする「特殊部隊」です。これらの細胞は、特定のウイルスを記憶し、2回目に遭遇した時に「狙いを定めて攻撃」することができます。

前段で述べたように、ワクチンはヒトのB細胞を刺激して抗体を産生させ、新しいコロナウイルスに対抗するというものです。つまり、人間の膨大な免疫システムのうち、ごく一部の力を借りているに過ぎません。しかも、第1~第3のバリアがウイルスを防いでいる場合や、T細胞がウイルスを殺している場合は、ワクチン接種で得た抗体を使う必要はないのです。

第3、第4のバリアは「先天性免疫」と「後天性免疫」(健康1+1/大紀元)

しかし、全ての人が、十分な抗ウイルス能力を持っているわけではありません。3高(高血圧、高血糖、高脂肪)などの慢性疾患の患者、健康に不安のある人、高齢者など、何らかの理由で免疫力が弱っている人はウイルスに感染しやすくなります。そうした人は、ウイルス感染した後に症状が重くなりやすく、時には生命に危険が及ぶ場合もあります。デルタ変異株ウイルスが世界的に猛威を振るう今、私たちにとって、最も重要なことは何でしょうか。それは、一人ひとりが「健全な免疫力を維持すること」です!

では、人間の免疫力は、何によって維持されているのでしょうか。それは「体の健康」と「精神的な安定」です。そのために、普段から栄養バランスの取れた食事をとり、十分な休息や睡眠を得るとともに、良い気分で、穏やかな気持ちを保つようにします。そうすることによって、まずは自身の免疫力を高めることができれば、たとえ世界的な疫病を前にしても、私たちは心安らかに過ごすことができます。

(本記事は、欧州のウイルス学および感染症専門家であり、バイオテクノロジー企業の首席科学者である董宇紅博士が、台湾の動画番組で語った内容をもとに作成したものです)

動画はこちらのリンクから https://www.youmaker.com/v/Db692G6ZK0jJ


(口述・董宇紅/翻訳編集・鳥飼聡)