明慧ネット
法輪功は素晴らしい

人生のどん底 自殺寸前の男性を救った修煉の道

韓国文化放送(MBC)のDJでプロデューサー、今年64歳のキム・ギョンイルさんは韓国の著名な脚本家です。彼の仕事は大成功しましたが、2011年、彼が55歳の時に30年間務めたテレビ局を離れなければなりませんでした。

当時キムさんは仕事で次々と失敗し、財産がほとんどない上、糖尿病、不整脈、高血圧、うつ症、パニック障害などを患い、また心血管疾患によりペースメーカーもつけていました。彼は一度に12種類の薬を服用していましたが、病気は一向に治らず、彼は生きる自信を失っていました。

彼は「ある日から、薬で延命される毎日には意義がない、病気でより惨めになったと感じ私は自殺しようと考えるようになり、睡眠薬をためました。50粒ほど集めた時、医師にもっと外へ行って生きるエネルギーをもらった方が良いと言われました」と回想しています。

再び巡り合い

2019年の冬、キムさんの生きたいという気持ちは弱まる一方でした。彼は医師のアドバイスを受け外へ散歩しに行くことにしました。彼は、夜は眠れたら良いなと考えながら、何のあてもなく散歩道を歩いていました。そんな時、キムさんに不思議なことが起こったのです。

「私は歩きながら様々なことを思い出した。私は何か間違ったことをしてこんな目に遭っているのだろうか?よく振り返ってみれば、私は昔、父親のポケットからお金を盗んだことがあり、他人に嘘をついた事もあった。それでせめて死ぬ前に自分が歩んできた人生の道を反省すべきだと考えた。このように歩いていたら法輪功の学習者に出会った」

彼が法輪功を知ったのは20年前で、その時は法輪功は彼の前を通り過ぎただけでした。

「2001年、ある先輩から法輪功のCDをもらい、先輩からは、これはやっと中国から買えたもので非常に貴重だと教えられた。そのCDには韓国語の吹き替えがなかったため、私はすぐそれをしまった。後からニュースで法輪功が迫害された事を聞いたが、私は忙しいためすぐ法輪功を忘れてしまった」

彼はまさか再び法輪功に出会うとは思ってもいませんでした。

再び法輪功に出会いキムさんはとても喜びました。彼は煉功をしている法輪功学習者に、「前から法輪功を知っていたが何度もすれ違ってしまった。今日また出会った」と話しました。彼は法輪功を学習したかったのですが、どのように勉強すれば良いかを知らなかったのです。

話を聞いたその学習者はキムさんに法輪功の主要な書籍『転法輪』を渡しました。

家に帰ったキム・ギョンイルさんは夜更かしして472ページの『転法輪』を一気に読み終えました。彼は次のように述べています。

「この本を読んで感激のあまりに何度も泣いた。私は30年ほどプロデューサー、音楽企画、MC、音楽創作、などをしてきたが、『転法輪』のような本は始めてだった」

「『転法輪』は単なる知識を教える本ではなく、これが私に生命のあり方を教えてくれるもので、私は世の理を知っただけでなく、未知の世界も知ることができた」

キムさんはすぐパソコンを開き、法輪功のホームページに入って煉功の動作を学びました。法輪功には美しく簡単な動作の5つの功法があります。キムさんは二番目の功法、法輪樁法を煉る際、特に強いエネルギーを感じてびっくりしました。彼は功法の動作を独学し、そして『転法輪』を毎日読みました。

その後、紹介を受け、2021年4月にソウルの天梯書店で行われた9日間の法輪功セミナーにも参加しました。

9日間の法輪功セミナーは世界各国の法輪功学習者が無料で法輪功を教えるために開設したもので、韓国ではソウル天梯書店が2015年に開設され、セミナーは毎月、行われています。セミナーは午前と午後あり、創始者の李洪志氏の講法の録画を流し、また法輪功の功法の5つの動作を教えています。多くの人がこのセミナーで修煉を始めました。

「これからは法輪功修煉に没頭する」

9日間の法輪功セミナーの前に受けた3月の身体検査で、キム・ギョンイルさんの血圧、血中脂質、糖定性などの数値は全て正常に戻りました。

彼の状況を知っていた看護師さんはとても驚き、何があったのかと尋ねました。

その看護婦にキムさんは「実際修煉に入ってから、私の身体状態は最高の状態に戻った。3ヶ月前から薬を飲まなくても大丈夫だと感じ、薬もやめたが、今は全身がエネルギーに満ち溢れている」と答えました。

またキムさんの身体の贅肉も消え、体重が7kg落ち、体型も20代の頃のようになり、精神も安定してきました。以前はパニック障害で交通機関に乗ることができませんでしたが、今はバスにも乗ることもでき、階段に登る時も息が切れることなく、簡単に登ることができています。

「私はただ本当に修煉をしているだけだが、スポーツをはるかに超えた状態を維持している」。

現在、キムさんは病気を治療するため修煉するのではなく、全ての欲望を捨てて修煉したいと話しています。

「最も大きいのは私の性格と人生観の変化だ」

「以前私は自分の基準で人を評価し、他人を無視し、衝動的な性格だったが、今、私はあまり怒ることなく、心が柔和で、積極的になり、他人には優しくするようになった」

「私の家族が一番最初にその変化に気づき、皆、私の性格がよくなったと言う。後輩たちもよく私に相談し、私と話すことがとても気持ちよいと感じたそうだ。私は完全に新しい人間になった」

最近、キム・ギョンイルさんは自分の修煉の物語を動画にして周囲の人に伝えたいと話しました。

彼は、「以前アメリカにいる時、私は違法な手段で薬物に手を染め、神を信じず、欲望に従うままに生きていた。しかしこんな私が現在「真、善、忍」を修煉しているとは!本当に奇跡だ」

「師父が私を弟子にして下さったことに心から感謝、感激しています」

(翻訳 劉佳)