大紀元時報

中国本土の学生が米国に殺到 人々は怖くて逃げ出したい

2021年8月30日 11時32分
9月の新学期近くになると、米国の渡米規制緩和に伴い、中国の空港の出発ロビーには長蛇の列ができ、航空券の価格も上昇し、10万元を超える「スカイハイ」航空券も登場している。 写真は、2020年6月11日に撮影された、上海浦東空港で列に並ぶ乗客の様子。 (HECTOR RETAMAL/AFP via Getty Images)
9月の新学期近くになると、米国の渡米規制緩和に伴い、中国の空港の出発ロビーには長蛇の列ができ、航空券の価格も上昇し、10万元を超える「スカイハイ」航空券も登場している。 写真は、2020年6月11日に撮影された、上海浦東空港で列に並ぶ乗客の様子。 (HECTOR RETAMAL/AFP via Getty Images)

米国が学生の渡米規制を緩和する中、中国の空港の出発ロビーには長蛇の列ができ、中国の航空券の価格も上昇しており、最大10万元の「超高価格」の航空券もあるそうだ。最近、アメリカで中共ウイルスの感染が拡大し、感染者が再び激増しているにもかかわらず、多くの中国人留学生が高額なチケットを購入しアメリカに押し寄せている。この現象の背後にある本当の理由は何だろうか。

中国のウェイボーのユーザーである「嘉興曉靈通」氏は先日、中共ウイルスのため中国に留まることを余儀なくされた学生たちが、出国可能になったと報告した。上海浦東空港では、アメリカとカナダへのフライトのチェックインのために、学生とエスコート役の人たちの長蛇の列が「1000メートル以上の長さで、何度も曲がりくねっていた」そうだ。

大量の学生が米国に向かう (Weibo @嘉興曉靈通)

中共のメディア「第一財経」は、「米国留学のために空港で1000メートルの長蛇の列、再び10万元のチケット」という見出しで、中国人留学生が米国に押し寄せる現象を報じた。報道によると、最近、上海浦東空港の出発ロビーには1000メートルの長蛇の列ができており、学生たちは朝9時から午後1時まで搭乗券をもらうために並んでいた。地域的な中共ウイルスの発生後、南京空港が一時的に閉鎖されたため、南京発の旅客は浦東空港に変更している。しかし現在、中国と米国を結ぶ直行便は週20便以下で、運賃が高騰し最高で10万人民元に達している。

米国への航空券価格が8倍に高騰 国際線の欠航が相次ぐ

上海の浦東空港のスタッフは、17日の大紀元の取材に対し、現在は確かに週に数本の国際便が運航されており、特に国際便は不定期なものであるため、当日のフライト情報を除いて今後のフライトを予測することは不可能であると語っている。

「例えば現在、国際線は少なく、1日1〜2便、場合によっては1便もない日もある。アメリカ方面には便がまだ多い方で、今日は中国東方航空でニューヨークに2便飛んでいますが、それ以外は何もありません」と語っている。

キャセイパシフィック航空の予約窓口スタッフが17日に大紀元に語ったところによると、8月は学校に戻る留学生のピークシーズンであり、8月25日頃に上海から香港を経由してアメリカに行く便は残り二日間だけ空席があり、通常3千~4千元のところ、2万元以上の価格で販売されている。また、「8月25日のエコノミークラスはまだ1席空いており、21,360元、23日のプレミアムエコノミークラスは26,666元です。 ビジネスクラスの運賃は76,000人民元以上とさらに高く、8月25日は学校に戻る学生のピークシーズンです。 これは今提供できる最も低い価格です」と語っている。

(キャセイパシフィック航空ウェブサイト)

米国へ行った学生は戻ってこないかもしれない

上海浦東空港での行列現象は、ネットユーザーの間で話題になった。ツイッターのユーザー「スパークリング」が16日に公開した浦東空港でのライブ動画は、「米国への運賃は10万元にもかかわらず、学生たちのアメリカ帝国への出国を止められない」と述べた。

 

本土のビジネスマン、文祥(仮名)氏は、子供が海外に行くためのビザを申請している。彼は17日、大紀元時報に「中国は今後ますます厳しさを増しており、この国を去った人々は二度と戻ってこないだろう」と語った。

文祥氏は、以前はあまり事情を知らなかった人でも、「この国は現在、政治的な側面だけでなく経済状況を見ても、どんなに良いことを言っているとしても、どんなに美しいデータを出しているとしても、二度と良くなることはない」ということに気づいたという。数年前までは経済的にも問題なく、まだこの国では生きていけたのですが、今では「躺平主義(とうへいしゅぎ)」(頑張らない、競争しない、欲張らない、最低限の消費水準の生活に満足し心静かに暮らす)を考える人が増え、生活のために必死であることを示している。

「経済がこのような状態であれば、人々は自分の利益のために逃げ出そうとするでしょう。 若者は状況を知らないが、親はよく知っている。つまり、中国共産党がどのように世論を誘導しても、実際には大多数の人々が今の状況が非常に深刻であることをよく知っており、足で投票しているのである」。

中国共産党がパスポート手続きを厳格化、出国が困難に

今年の初めから、中国共産党は海外旅行や海外訪問のパスポート申請を厳しくし、海外への出国をますます困難にしている。2021年上半期には、留学、雇用、ビジネスを中心に全国で33万5千枚の普通パスポートが発行され、2019年同期比の2%にとどまった。 7月30日、中国入国管理局は、緊急性や必要性がない限り誰も出国できないと発表した。

文祥氏は、「留学は唯一の道だ。中国共産党がいまだに留学の門戸を開いているのは、イデオロギーを海外に輸出したい、つまり一部の「小粉紅(中国における1990年代以降に生まれた若い世代の未熟な共産主義者)」を送り出して国際的な世論を操作したり、学生・学者協会などを通じて海外の世論を操作したり、それを通じて海外の中国人に影響を与えたりしたいと考えているからだ」。

文祥氏は、「中共が出国させる人は次のような人である。海外で仕事をしている人、海外でビジネスをしている人、海外で勉強をしている人。これらの人たちは海外で技術を盗むことができ、また、世論を操作して、政治的な影響力を行使することもできる。海外で働いてビジネスをして外貨を稼ぐことも含まれる。家族や会社の本社がまだ国内にあるので、送金して、それ(中国共産党)が外貨の一部を稼ぐ方法を見つける。政府は常に利益を握っている」と語った。

北京の政治評論家、華頗(か・は)氏は17日、大紀元時報に、米国への人々の殺到には複数の理由があると語った。彼は、その最大の理由は中国の政治状況が深刻化し、一部のエリート層をターゲットにしているからだと考えている。「アメリカに来る人のほとんどはエリート層で、中国の政治状況に震え上がり逃げ出したくなっている。 そこで、出国できるとすぐに、これ以上ゲートが強化されると逃げられなくなることを恐れて、10万元の航空券を使ってでもアメリカに駆けつけたのである」。

彼は他にもいくつかの理由があると述べた。「一つの理由は、中共ウイルスによる閉鎖は非常に長いため、多くの人が緊急にアメリカに行く必要があり、短期間に出国する人数が爆発的に増えている。第二の理由は、米国にとって、これは、システムの利点を考えると、米国が依然として世界のすべての国にとって好ましい国であることを示しているということだ」。

あるツイッターユーザーは、最近の香港からの出発の波とアフガニスタンでの最近の脱出の波を、上海浦東空港での海外への出国の波と比較した。亡命中のビジネスマンである陸氏は、「この比較は非常に興味深い。形式には類似点があり、本質的に誰もがテロ体制から脱出したい」と語った。

担当編集者:李穹

関連キーワード
^