ピラミッドのトンネルか?壁は石を積んでいる(パブリックドメイン)

世界中のピラミッド(1)ヨーロッパ――ボスニア・ヘルツェゴビナ

ボスニアにあるピラミッドには、伝統的なピラミッドの要素をすべて備えており、現在、世界中で最も神秘的で、エキサイティングな考古学プロジェクトと言っても過言ではありません。

地球上に存在する数多くのピラミッドのほとんどは、完全に土で覆われています。エルサルバドルや、グアテマラ、メキシコ、ホンジュラスには、数百基のピラミッドが存在していますが、どれもボスニアピラミッドと同様に、土や森に覆われ、森林の奥深いところに隠されています。

考古学者によるボスニアでのピラミッドの発掘作業は、2007年の4月に開始されました。そして、深さ17mまで掘った時、その土地に存在しない砂岩の石板が発見されました。またドイツの研究者は、その土地で紀元前7千年前に人類が生存していた遺跡を発見し、考古学者は、これがヨーロッパにおいて、最初のピラミッドであると信じ、世界最大級のものである可能性もあると考えています。

ボスニアピラミッドの発掘により、人類の文明を1万年も前に進めることになりました。シュメールや、バビロン、アッカド帝国、アッシリア帝国、古代エジプトインダス文明などの歴史は8千年前後ですが、ボスニアピラミッドは、すべて1万2千年前のものです。このことから、人類の文明の起源は、現在認識されている時期よりも繰り上げる必要があり、もしかすると、歴史を書き直さなければならないでしょう。

(つづく)

(作者・意文/翻訳編集・天野秀)