米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の宇宙事業会社スペースXが打ち上げた搭乗者が民間人のみの宇宙船「クルードラゴン」が18日、地球に無事帰還した。米フロリダ州のケネディ宇宙センターの沖合で撮影。スペースX提供写真(2021年 ロイター)

初の民間人のみの宇宙船が地球に帰還、スペースX打ち上げ

[18日 ロイター] - 米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の宇宙事業会社スペースXが打ち上げた搭乗者が民間人のみの宇宙船「クルードラゴン」が18日、地球に無事帰還した。

クルードラゴンは民間人4人を乗せて15日に打ち上げられた。3日間にわたり地球を周回し米東部時間18日午後7時ごろに海に着水した。

今回、クルードラゴンは高度585キロメートルに到達。国際宇宙ステーションの軌道高度を上回った。

宇宙旅行事業は、ヴァージン・グループのリチャード・ブランソン会長のヴァージン・ギャラクティック社や米アマゾン・ドット・コム創業者ジェフ・ベゾス氏のブルーオリジンも参入し、最近実現させたが宇宙空間の滞在時間が数分にとどまる。