• 「状況の捉え方を変えることで、経験全体を変えることができる」と言われると、あなたはどう思いますか?人生に対する ...
  • 器は古代中国では貴重なものでした。青銅器時代には、儀式用、杯(さかずき)用、さらに楽器として器が制作されていま ...
  • 子曰く、「六十にして耳従う(耳順)」(意訳:何を聞いても平静な気持ちになった)。孔子は心地よいことだけを耳にす ...
  • 古代、「極」は家を支える大切な梁(はり)を意味し、木偏(きへん)に「亟」という文字から構成されています。「亟」 ...
  • 東洋の龍は、西洋の、いわゆる「火を吹く空飛ぶドラゴン」とは異なることをご存知でしたか?東洋の龍は、うさぎの眼、 ...
  • 唐の時代の著名な詩人、王維の『九月九日山東の兄弟を憶う』という詩に下記の下りがあります。  独在異郷為異 ...
  • 「寒」の文字について考察してみましょう。  古代の形象文字では、屋根を表すウカンムリ(宀)の下に四束の藁 ...
  • 中国史の様々な時代の英雄たちを神韻では取り上げています。 例えば、 国外からの侵略に対して国を護り「忠」とは何 ...
  • 西遊記の孫悟空は、須菩提祖師に弟子入りし、「靈台方寸山、斜月三星洞」(霊台より一寸離れた山、三日月と三ツ星の洞 ...
  • 今回の漢字はあまり日本では使われない文字です。「舒」は、伸びやかで楽しく、気持ちがゆったりとしていることを意味 ...
  • 古代中国の人々は音楽をとても高尚なものとしていました。このことは、琴への思い入れからも窺えます。
  • 「孝」は古代で重視されていた徳の一つです。古代中国のしきたりによると、 半世紀(50歳)を超える老人には、祝い ...
  • 子の上の冖(ワカンムリ)は、子供の知能が発達し始めたことを表します。その上の右と左にあるものは「手」に似た形を ...
  • 甲骨文字の「朝」は、 月が水平線からゆっくりと消えていく様子と、森の背後から太陽の光が垣間見える様子を表現した ...
  • 伝説によると、昔、水辺の近くに一角獣が棲息し、悪い人間に出会うとその角で突き刺していました。このため、善人と悪 ...
  • 神韻でご覧になった太極扇の師や、清の王朝の戦士、少林寺の僧侶たちなどの勇ましい姿が、いまだに目に焼き付いている ...
  • 「慧」の文字は「智慧」という言葉に使われます。「知恵」と「智慧」の違いについて、考察してみましょう。
  • 人生は夢幻と昔から言われてきました。佛教では修煉を通してのみ、この幻想から目覚めることができると諭しています。 ...
  • 南部の丘に美しい鳥が棲息しており、その鳥は歌も踊りもでき、頭部、翼、背中、胸部、腹部には漢字の「徳」「義」「禮 ...
  • 物事を成功させるには、「天の時、地の利、人の和」の条件が揃っている必要があると言われています。「天」「地」 は ...
  • 前回の「聖」と同じように、「玉」の中にも「王」という漢字が現れます。「玉」に見られる点は、 国王が正装する際に ...
  • 漢字の「花」は実に象徴的です。最古の象形文字では、花の咲く茂みを表していました。現在用いられている漢字は、二つ ...
  • 先日「王」の成り立ちについてご説明しました。この王に別の漢字を加えることで、「聖」という文字が生まれます。
  • 漢字の「花」は実に象徴的です。最古の象形文字では、花の咲く茂みを表していました。現在用いられている漢字は、二つ ...
  • ほぼ数百年前の世界では、十万以上の王国が存在していました。つまり、十万人以上の国王がいたのです。古代文明では、 ...
  • 「樂」には「音楽」「楽しい」という意味があります。多くの中国語の言葉のように象形文字が組み合わされたもので、「 ...
  • 中国の賢人や学者は春を好みました。かつて孔子は弟子たちに自分の望みを尋ねました。弟子たちは強力な国家を築くよう ...
  • いい人になる要素は?ご高齢の方は「徳の高さ」と答えられることでしょう。「徳」とは何でしょうか? 老子は『道徳経 ...
  • 歴史を通して、この漢字は幾度も構造が変わりました。時代によって「勇」の定義が異なったからです。
  • 古代中国に「濟」という名の大河がありました。砂や泥の混じる黄河と交流していましたが、「濟」の河水は清らかでした ...